❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷だらけの胸の内。(転居後前半・37)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





作業部屋。


窓際の
ろくろに座ると

見える空は

四角くて

小さくて


これだけは
私だけの空だと思う。



副作用も
拒絶反応も
なんとか穏やかに在る。


酷く遅れている仕事を
少しづつ頑張って居る。


もっといっぺんに
こなしたいのだけれど
まだそこまでは動けない。


今はまだ
本来の半量の投薬。

来週の通院後から

本来の量
現在の倍量の投薬が始まる。



こうして
少しづつでも働きながら

通院治療が続けてゆけるよう

願ってる。






久し振りの方から
メールを頂いた。

「元気?」って。



その方は
ここを読んだ事が無い。


ネットをしない訳でも
出来ない訳でも無い。


でも
ここは読もうとは思わない方だ。


月下陽香のライブには
何回もご来店下さって居るが

私が
ここで

何を書き続けて居るのかは

知らないし
知ろうとは考えて居ない。


勿論
それはその方の自由だ。


そして

私は
その方をとても好きだし
大切な方のひとりだと思って居る。


だから

近況をきちんと書いて
返事を送信したが

とても時間がかかった。


何から言えばいいんだろうか。

どう説明すれば良いのだろうか。

すごく考えながら書いて


改めて気付いた。



私を知って居ても
ここを知らない人たちも居る。

私が言わない人も居る。


知って欲しい人たちには
ここの存在は伝えて居る。



選択は
個々の自由だけれど


私的には


ここを
読んで下さって居る人たちよりも


読まない人たちの方が

どうしても
心の距離が遠くにひらいてしまう。



ここに書く事を

記事を読まない人たちに
逐一説明なんて出来ない。


だけど
ここに書く事が
恐らくは
私が発するものの中では

最も本音に近い。


全部が真実かと問われたら
それは違う。


周りに気を遣い
本当に言いたい事を飲み込んで

思ってない事を書く事も

無いと言えば嘘だ。



でも

自分の事

体調や
その時々の想いに関しては

ここに書く事は

最も本音に近いだろう。



それを
わざわざご訪問下さり
読んで下さって居る方々は

私の中では

とても
心の距離の近い存在となる。


今の私を
知ろうとして下さって在るからだ。



何年も
何十年も前から

知って居て
仲も良く
今でも繋がりが在るけれど

ここを読まない人たちよりも


知り合ったのは
ここ数年でも
最近でも


ここを
いつも読んで下さってる方々の方が


現在の私には

とても近い存在で
とても重要な存在に感じてしまう。


とても勝手な考えなのだろうけれど。


“ブログ”って
そういう所も在ると思う。



私にとって
ブログはとても大きなものだから

それを気に掛けて下さる方々の存在は
当たり前に

とても身近で
大切な存在となり


それが
今の私にとても必要な事もわかる。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「最後の血になる事を選んで。」 (2014.8.28)】



過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「赤い毒に向けた牙。」(転居後前半・35) (2014.8.24)】

【「痛みを嘔吐し傷付けるだけなのに。」(転居後前半・36) (2014.8.29)】





続きを書くね。






父と向き合おう。
父に近付こう。


努力する程に

私は

傷付き疲れていった。


繰り返し
繰り返し

我慢を重ね続けて居た。




会う度に
父は

子供についても
言いたい事を言ってた。


「子供はまだか?」

と尋ねられる。


作らないのかと聞かれる。




結婚する前から
ずっと前から

私は
母親になるつもりはなかった。


子供は作らないと
決めて居た。



これまでには
2つの命を
闇に葬っている。



腹に子を宿した時

女として

それが
どんなに愛おしくてたまらないか

また
それが
どんなに憎くてたまらないか


どちらも
経験して知って居る。


その上で
やはり産む気はなかった。



主人の考えは
まだ聞いた事がなかった。



主人の親族もやはり
会う度に子供はまだかと言う。


主人の親族に言われても
決して腹は立たない。


自分が
いけない事をしているような気持ちになったり

嫁として
大きく不足していると感じたり


いつかは
産まなくてはいけないのかと

考えたりはし続けたが


腹は立たなかった。



でも

父に言われると

心の底から
怒りが吹き出すのがわかった。



当時の私は
実際に
出産に耐えられる体ではなかった。


もし
自分が
母になる事を望んで居たとしても

当時は無理だった。



勿論
父は何も知らない。


私の

体の事も
心の中も

父はいつも何も知らない。


怒りは

産める状況でない事も知らぬくせに
孫を要求する事に
吹き出した訳では無い。




もし。

子が産める体調に在り
産む事を選んだとしたら。。



主人にはもう両親が居ない。

私には母が居ない。

父は居るが
「親」ではない。

とんでもなく手の掛かる
老いた子供でしかない。


何かあっても
誰も助けてくれない。


子育てについて
相談に乗ってくれる人も

時々は面倒を見てくれる人も

家族の中に居ない。



世の中には
もっと大変な環境でも
立派に母として生きて居る人たちは
たくさんおられるけれど


私には出来る自信がない。


子供の面倒を見ながら
父の面倒を見て
過ごす生活なんて

私にはこなせない。




自分たちには
母親も居ないし
今はまだ
ふたりの生活を楽しみたいから…

なんて

父には言っておく。




私の心も

自分のだらしなさも

理解出来て居ない父は
言い出す。



「お父さんがいるじゃないか」



腹の中で私は言う。

「馬鹿じゃねーの?」




“何かあっても
  自分が居るから
  子育て位助けてやれる”

“いつでもここに来て
  面倒位見ててやる”


そんな言葉が
父の口から飛び出す。



「お前に何が出来るんや…」

腹の中で私が言う。




私は益々
母親になる事が嫌になる。

ぞっとする。


いつか
父に殺されるような気持ちになる。



こんな会話のやり取りは
しばらく
会う度に行われた。




もう少し先に
私は

やはり子を産んだ方が良いのではないかと

とても悩む時が来る。


主人を
“お父さん”にしてあげないといけないのではないかと

大きく悩んだ時期が在った。


その時に
初めて主人と話した。



主人は言った。


実は子供を望んで居ないと。


子供を産んで
果たして
その子がしあわせになるだろうかと。


自分たちの元に生まれる子供が
しあわせになれるとは思えないと。


頼れる家族も居ない自分たちが
無理をして子供をつくっても

仕事で
自分は家に居ない時間も長く

弱い体で
ひとりで背負う事になる私が

追い詰められて
壊れてゆくだろう事は
容易に想像が出来ると。


人の命からは逃げられない。

ゲームのように
リセットが出来ない。


苦労ばかり選んで生きてきて

更に
決して逃げられない苦労を

もう選ばなくてもいいよと。





産まなくてもいいんだ。

そう思えたら
やっと少しほっとした。


父には直ぐに言った。

申し訳ないけれど
孫は産みませんと。



以来
父は私に子供を要求はしなくなった。


主人の親族も
数年が過ぎると
言いにくいようで何も言わなくなった。




私は子供を産まない。

私たちは
子育てに追われる苦労も
喜びも放棄する。


そう決めて
少し安心はしたけれど


私は
自分の人生を選んだだけなのに

その選択に対して

罪悪感や
劣等感は

どうしても
心のどこかには在り続けた。


だからと言って
産もうとも思わず

でも

長い間在り続けた。




女は
結婚をすれば
当たり前に子を産めて
母になれると思って居る人たちが


「早く子供を産んだ方がいいよ」

なんて

鬱陶しい
お節介な言葉を

私に向ける度に

私の心は勝手に傷付いてしまう。


子供を持たない事を
“不幸”だとか
“可哀想”だとか

“問題があるんじゃないか”とか

そういう目で見られる度に

敏感に痛んでしまう。



それは今でもある。

ただ
今は


そういう考えしか出来ない人たちの方が

貧しいと思う。




続きはまた。









今日の大阪は

晴れている。

空は晴れているけれど

私はまだ疲れてる。



我慢の限界がわからない私。

我慢し過ぎて
壊れるまで

我慢を続けてしまう。


大きく
深く

傷付いてるのに

我慢して
我慢して。

ひたすら飲み込んで。



もう駄目だって

やっと立ち止まる時には


もう
我慢をさせた相手との関係を
修復する事も
出来なくなってしまう事が

これまでにも
数えきれなく在る。


これまでのメンバーも
サポートも

結局はそうだったように思う。




歌はどうなんだろう。


もう
疲れ過ぎて
疲れ果てて

休む事を決めた歌。


もう少ししたら
歌ってみようかなとは

思うのだけれど


果たして
私は

また

歌を愛して歌えるのだろうか。



ステージに立つまでの苦労や

ステージの上に
焼き付いた悲しみを


越えて

また

向かえる心は

戻ってくるのだろうか。




※ ライブ前後等を覗きコメント欄は暫く未設置となりました。何か御座いましたらメールでご連絡をお願い致します。
  (2014.8.30~)

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




スポンサーサイト

痛みを嘔吐し傷付けるだけなのに。(転居後前半・36)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





ここ数日

副作用も拒絶反応も
穏やかに在れて居るから


昨日は
少し
ギタリストさんと
出掛けられたらと思って居たが


夕方から
余り調子が良くなく
どこにも行けなかった。





ギタリストさんは
差し入れを届けに来てくれた。


外に出れない私に

“おうちでレジャーセット”


私の好きな
よなよなエールも入ってた。




副作用や拒絶反応が
穏やかになって

しばらく止めて居た飲酒はしている。


タバコはすっかり吸わなくなった。
吸いたいとも全く思わない。


禁煙をした知り合いの人たちが
皆驚く。


なんで
そんなに楽に止めれたのかと
驚かれる。

自分でもこれは驚きだったけど…。


日々続いた
副作用と拒絶反応が

それはそれは酷く激しく
強烈に苦しかったんだよと

心では言う。

タバコどころではなかったんだよって。


8月のほとんどを
苦しんで過ぎてしまったけど

禁煙に対しては
何の苦労もしていない。

ラッキーな事も
ひとつあったなぁと思う。


苦痛にも
有難いオマケが
付いてくる事もあるんだね。


先日
ある女性とお話をした時

同じように言ってくれて
何だかうれしいなって思った。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「最後の血になる事を選んで。」 (2014.8.28)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「赤い毒に向けた牙。」(転居後前半・35) (2014.8.24)】



続きを書いておくね。






あの母も

この父も

自らが選んで
この世に生まれて来たのだと

信じようと考えた。


あの母から産まれた事を
感謝しようと努力した。


考えて
とてもとても悩んで

母の為にと思い

起こした行動は


欠片も
報われることなく

ひとつも
理解される事もなく


“お前は最低だ”と

怒鳴られ


最後の最後に
言われた言葉は


“家族がこうなったのは全てオマエのせいだ”

だった。





母親は居ない。

私は
そう考える事にした。


あんな母親でも

あの女性を
自分の母親だと思うから

大きな憎悪も抱けば

恋しさにも気付いてしまう。


母親だなんて
思わなければいい。

そう。

私に
母親なんて
始めから居なかったんだ。




では

父親は?





大阪へ越して以来

父との関係を
何とか修復しようと

努力してきた事は度々触れている。



相変わらず
父は度々遊びに来た。


酒を飲まず
朝の早い主人に
目一杯気を遣いながら


夜中や朝方まで

酔っぱらった父の

愚痴に付き合い

酒を出し
つまみを出し

眠る前には食事を出し

うとうとしだしたら
布団に運び


物凄く無理をして

私なりに
出来る精一杯のもてなしをした。



翌日も

父が起きれば

お茶を出し
朝食を出し

いくつものタッパーに
数日分の食事を作って
詰め込んで持たせた。


父が帰ってゆくとほっとした。




父が話す事は
いつも人の悪口か愚痴ばかり。


職場の人間関係や
近所付き合いの中の
愚痴や悪口なら

まだ聞いても辛くはなかった。


疲れてくれば
右から左で
返事だけしておけば良い。



でも

ずっと昔に出て行った

母親や妹の事を
つらつらと話し始めると

イライラした。


“なぜ出て行ったんだ”とか

“俺の何が悪い”とか

同じ事を
毎度毎度繰り返す。


“自分は一生懸命やっていただけなのに。“


“娘まで連れて行きやがって。”


そんな会話を
もう何百回と聞いた。



相槌を打ちながら

腹の中で
私は思う。



「お前がそんな男やからやないの?」

「それとも

     これも私のせいか?」





父が帰ると
もうくたくたで
しばらく動けない。


そして
動き出すとキッチンに向かう。



前夜から

私は
父の相手をする以外

ほとんどを
キッチンに立って過ごしてる。


持たせた数日分の食事を
作った後の片付けを後回しにして

タッパーに入りきらなかった
残りの料理を

口に詰め込んで
大量の水で飲み込んで。
トイレで嘔吐する。





父は何も知らないし
気付きもしない。



私が

大阪へ来てからは
心を入れ替えて
自分を受け入れてくれていると

自分は父親として
今は娘に愛されていると


思い込んで満足をして居る。


本当はそうじゃないのに。




父と向き合って
ちゃんと家族になろうと思って
関わる事を始めてはみたけれど


共に過ごす時間が
増える度に

私の心は疲れ果てて行った。



父は

前を向いて
前に進みたいと思う私を


いつも
必ず過去に引っ張ってゆく。


もう過ぎた事だよと
前を向こうと

繰り返し
声を掛けた事も在ったが


それでも

いつもいつも

必ず振り返り
人のせいにして

私を過去に引っ張ってゆく。


それでも耐えてみた。

我慢した。

ずっと我慢した。





人は
我慢し過ぎてはいけないね。


私は
「我慢」の限界が
いつもよくわからない。


繰り返し
繰り返し

壊れるまで我慢して


やっと

もう頑張れない事に気付くけれど


その時は
もう手遅れで

その相手と
その後関わる事も

出来なくなってしまう。


相手は気付かないけれど

私の心は
もう

修復不可能な程に
傷付いて居て

鍵をかけてしまう。





この約5年後。

私は
父と距離を置く事を決め


以来
声もほとんど聞いて居ない。






続きはまた。










「にほんブログ村」の
ランキングに参加したのは

昨年の7月7日。



ここでは
1人3つまで
カテゴリーに参加できる。


それぞれに
アクセスは100%と考えられ

1つのカテゴリーに登録している人は
その1つに
アクセスの全て
100%が反映される。

2つ以上のカテゴリーに参加する場合は
それぞれの配当を自分で決められる。



私は

クリックでの応援をして下さる方々に
頂くアクセス数の振り分けを

「摂食障害」に30%
「自傷・リストカット」に30%

「シンガーソングライター」に40%

としている。


一番
「シンガーソングライター」に
重点を置いている訳だ。



にもかかわらず

ランキングに参加して

しばらくしてから

ブログに貼り付ける事が出来る
ランキング表から

ここ
「癒え待ちよすが」の

名前だけが消えた。


一番重点を置いている
「シンガーソングライター」のランキング表からだけ
このブログの名前が消された。


何の違反も犯しては居ない。

なのに
どうしてかわからなくて


ブログ村には
何度も問い合わせをしてきた。


その都度

“システムのエラーでしばらくお待ち下さい”

と言われるばかり。


半年以上も過ぎて。

やっと。
シンガーソングライターのランキング表に
このブログの名前が戻ってきました。



やれやれです。


無料で参加しているランキングサイトだから
仕方ないのかなって思ったり

いろいろ悩みましたが


一生懸命頑張って
記事を更新して

皆様に
クリック応援頂いて


「シンガーソングライター」の
PVランキングとOUTランキングだけは

ほとんど
1位で居させて頂いて居たので


名前が抜かされて
表示される事は

正直
とても悔しいし
悲しかったから


やっと

「癒え待ちよすが」の名前が
表示されるようになって

うれしいです。




みなさま。

いつも応援下さりありがとうございます。


これからも
どうか

クリックで応援を
頂けますように

お願い申し上げます。





※ 申し訳ありませんがコメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。