❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

刃に刃を向けた自死の結末。(転居後前半・27)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



お気に入りの
ベランダの隅っこが

少し賑やかになった。


今日はいつもより長く見て居た。





昨日

記事を更新した後
作業部屋で仕事を居たが


異常な喉の渇きに
やばいなと思いながら水分を摂った。

飲んでも飲んでも渇きは治まらず

水分で胃はたぷたぷとなり

間もなくとても気持ちが悪くなり

すごい吐き気と共に
しばらくトイレに閉じこもる事となってしまった。


吐いて吐いて
緑色の胆汁が出るまで吐いて。

その後はぐったり。。


今日も
調子は悪く
少しずつしか仕事が出来ず


度々横になり
ぼーっとベランダを眺めてる。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との
看護であり介護であった生活も

終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自死された遺族で在るが為に。」 (2014.7.30)】



今日はこの続きだね。







それは3月の半ば。

良く晴れた日だった。


単身赴任で暮らしていたマンションの
共同スペースである非常階段に
ピニール紐をかけて

首を吊り自殺をしたのは
義父だった。



遺された
義姉と主人と私は

その日から
自分たちの弱さを知った。


30歳を過ぎて。
私たちは十分に大人だと思って居た。

でも。

親に自死された遺族である私たちを
世間はそうは見なかった。




警察から遺体を搬送した時も
私たちは葬儀会社に
恐らくは騙されたと思って居る。

【「見せ付けられた自死に。」 (2014.7.24)】

損害を請求されて
弁護士に相談に行った時も
恐らく都合よく金を取られたと思って居る。

【「自死に付け込む汚い大人。」 (2014.7.29)】




義父が暮らして居たマンションの管理会社からは
200万の請求をされて居た。

それについては前回までに詳しく書き記して居る。



納得の出来ない請求に

私たちは
出来る限りの情報を集め
調べ考えて来た。


この請求は明らかにおかしい。
騙されているとしか思えない。




家族の自死に対し
私たちが
誰かにお詫びをしなければならないのならば

それは
管理会社に200万もの支払いをする事なんだろうか。

違うと思う。




私たちはこの請求には応じない事を決めた。



しかし相手は
こっちよりも大人だ。

どうすべきか懸命に考えた。






間もなく
自死からは約2ヶ月が過ぎる頃

管理会社の担当者と会った。



主人と私が
義姉と合流してから

担当者との待ち合わせま場所である
駅前に向かう事になった。




義姉は
基本的に地味な印象の女性だ。

化粧も薄く
白や黒系色の落ち着いた服装を
好んで着て居る人。


言わなくても
この日も
そういう雰囲気で来る事は想像出来た。


私も同じような服装を選んだ。

最近買った物ではなく
出来るだけ昔に買った物にした。

化粧も光る物や艶の出る物を避けた。

主人にも同じような服装にして貰った。



未だ
悲しみの中に居る事を
見た目からも訴えたかったから。


実際に私たちは
泣き暮らして居る訳では無い。

気持ちはまだ
なんかしら引っかかったままでは在れど

笑う事もあるし
普通に暮らして居る。


でも
悲しみの中で疲れて居る遺族を
演じたかった。



義姉と合流する前
主人に

主人の口から義姉に
“今日はただ黙って座って居て欲しい”と
伝えてくれるよう頼んだ。


ずるい大人に対して

私は

ずるい自分で参戦しようと
決めたから。






待ち合わせの駅前。

担当者と合流した。

担当者の案内で喫茶店に入った。




この喫茶店…。


主人とふたり
結婚の報告をする為に
義父を尋ねた時。


待ち合わせた駅前から
ふたりで義父の少し後ろを着いてゆき


始めに入った喫茶店だ。

【「望まれぬ者。」 (2014.5.18)】



2階の窓際の席は6番。



案内されたのは
あの時と同じ席だった。


今日は
ここに義父も居るように思えた。





まず
主人の口から

“いろいろと調べたが
 200万という額は大き過ぎて
 遺された物の少ない自分たちには払える額ではない“

という事を担当者に話した。


暫くは
主人と担当者の会話を黙って聞いて居た。


その後私が話に加わった。


自死により迷惑をかけた事は
とても申し訳なく思って居る事

義父の自死以来
義姉も主人も酷く心を痛めている事

預金も無く
保険にも入っていなかった義父が
遺した遺産はとても僅かである事。



それでも
担当者は

払って貰わなければ困ると言った内容の言葉を
私たちに向けた。




私は
写してきたマンションの写真を出した。

今誰が住んで居るのか聞いた。

それに対しては
大家さんの知り合いに
しばらく住んで貰って居ると言われた。


同じ階の人の退居理由を尋ねた。

それには
言葉を濁されて
はっきりとは答えて貰えなかった。


という事は
これに関しては
義父の自死は関係ないと捉えた。




弁護士にも相談に行った事を伝え

200万もの請求は
おかしいと言われた事も話し


過去の似たような出来事を調べて
プリントアウトした資料を出し


その直後


膝の上に置いたハンカチの中に
包んで回し続けて居た

ボイスレコーダーをテーブルに置いた。




担当者の顔色が変わった。

話し方も変わった。


請求を取り下げはしなかったが


一度会社に戻り
請求額について上の者と相談の上
改めて連絡をすると言い

帰ってしまった。



今日中にカタを付けたかったのに。
帰られてしまった。


はっきりしないままの帰宅。




でも。

この日を最後に

管理会社からの連絡は途絶えた。

電話の1本もかかっては来なかった。



という事は

やはり
私たちを騙して

金を巻き上げようとして居たんだろうと

私たちは思った。




義父の遺品整理も
自死により起きたトラブルも
これで一応は片付いた。

やっとひとつ終わった気がした。



これで
顎の腫瘍の治療を始められると思った。





続きはまた。









木曜日は
月下陽香の練習日になる事が多い。





でも今日はお休み。
私がダウンしてるしね。

ギタリストさんはお墓参りにお出掛けしてる。



ギタリストさんに

少しの間歌をお休みしたい事と
その理由を伝えられて

少し楽になった。


木曜日が来る度に
辛くてたまらなかったけれど
それが無くなった。



来月から
近くの小さな小さな遊園地では
木曜日の夜に花火が上がる。

体調整えてギタリストさんと観に行きたい。



自分の苦しみが
人にわかるとは考えて居ない。

伝わらなくて
当たり前だと思って居る。


でも
理解しようと想って動いてくれる人が
身近に居てくれる事はとても心強い。


それを感じられる程に

自分の傷は
ちゃんと自分で治さなきゃいけないって

落ち着いて考えられる。




明日は
新しく通う事になった病院に2回目の通院。
明日の診療は時間が長くかかるらしい。

このままだと
普通に生活出来なくなっってゆくから
頑張って通院しなきゃ。


今日はもう少しだけ仕事したら

早めにお風呂に入って
胃にやさしい物をゆっくり食べて

早く眠ろう。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




スポンサーサイト

自死された遺族で在るが為に。(転居後前半・26)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





我が家の小さなベランダの隅っこを
私はとても気に入って居る。


天気の良い日は
部屋の観葉植物もここで日向ぼっこさせる。


夏の作陶作業はとてもハードで
疲れるとしばらくここを見てる。





スマホの中には
猫の写真がいっぱいだったのに


ぽんちゃんが亡くなって
動かなくなった体を撮り収めてからは

猫の写真は1枚も無い。



ぽんちゃんと言えば

先日
夢に出て来たぽんちゃんは

自分で歩いてたけど

なぜか
どぶ川沿いをてくてく歩いてて

ちゃぷんと落っこちてしまうのね。


長毛の綺麗な毛皮が汚れてしまう。


目が覚めて

一体ぽんちゃんは今何してるんだ?

って思った。


良く聞く

“三途の川”って所で
溺れてないかなって

ギタリストさんに言ったら
大丈夫だって言ってた。



一昨日は
夢の中でペットフードを買い込んでた。


買い込んでから

もう居ないのにって考えてた。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との
看護であり介護であった生活も

終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自死に付け込む汚い大人。」 (2014.7.29)】



今日はこの続きだね。








義父の自死により
私たちは
改めて
世間に放り出された現実を感じて居た。




主人の両親はもう居ない。

私の母はずっと昔から居ないし
父は全くアテに出来ない人。


守ってくれる
導いてくれる大人が

自分たちには居ない事を思い知った。



私たちは
30歳は十分に大人だと思ってた。

社会を生き抜くに値する
知恵も力も
持ち合わせていると思ってた。


どんな事でも
対応し
処理していると思って居た。


でもそれは大きな間違いだった。

私たちはまだ余りにも頼りなかった。




親の自死により

私たちは

“遺族”

しかも
“遺された「子供」”となった。


その立場に立たされた時に

私たちは
想像以上に弱者であり

それに付け込む世間は
とても汚くて冷たかった。





遺体を搬送した時も
私たちは葬儀会社に恐らくは騙されたと思って居る。

【「見せ付けられた自死に。」 (2014.7.24)】

これは前回の記事に当たるが
弁護士に相談に行った時も
恐らく都合よく金を取られたと思って居る。

【「自死に付け込む汚い大人。」 (2014.7.29)】





そして

義父の暮らして居たマンションの管理会社も
自死を理由に
200万を私たちに請求してきていた。



過去のどんな判例を見ても
法律を調べても
それは在り得ない額だった。


マンションの契約書を見ても

“事件や事故を起こした際は敷金の返済は無い”

ということしか記載されていない。



自死した為に
200万もの損害を支払った前例は
私が調べ尽くした限りは見当たらない。


遺族が気にして
自ら
お詫びに家賃の2~3ヶ月分程を大家に包む事は在っても

そんな請求はおかしいと
これまで尋ねた3人の弁護士も言った。


騙し取ろうとしているとしか
私には思えなかった。





義姉や主人には
心のどこかに
悲しい後ろめたさも在るのかも知れない。

だが
申し訳ないが
私にはその感情は無い。


義父に
命懸けで教わった想いには
大きく感謝して居る。

義父の自死に直面しなければ
今でも私は死に焦がれ続けて在ったろうし
この日を生きて迎えて居ないかも知れない。




でも
それにより感じる後ろめたさは

私には欠片も無かったし

悲しみに暮れて
思い出し涙する事も無い。




その分
とても冷静でも在る。


ふたりを守る事が出来るのは
きっと私だと思った。


これまでに経験してきた
人の裏側のあらゆる世界を思い起こし

手を打ち
越える為に
私は今ここに生かされて居ると思えた。






管理会社からは催促の連絡が来た。

絶対にもう騙されない。

長引かせたくはないが
準備するには時間が足りないと思った。

もう少し時間を稼ぎたかった。



管理会社に
“五十日祭”(仏教でいう“四十九日”)が過ぎるまで
待って欲しい事を伝えた。

それはあっさりと受け入れて貰え
翌月に会う事となった。





私たちは準備を始めた。

主人と共に
義父が自死したマンションに向かった。



まずはポストを確認した。

勝手に中は見れないが
現在誰かが住んでいるのならば
名前が出ているはずだ。

こには何も書かれて居なかった。



次に7階に向かった。

義父が暮らして居た部屋の前に立って
耳を澄ませた。

生活音は聞こえなかった。


しかし
扉前には
出す予定だろうゴミ袋が置かれており


それは
例えば
業者が室内を片付けて出たような物ではなく

明らかに人が生活をした中で出たゴミだった。



催促の電話があり
担当者と話した時に

部屋はまだ空いているのか尋ねたら

しばらくは借り手が見付からないだろうし
そのままにしておけないので

大家さんの知り合いに
家賃をかなり下げて住んで貰って
対応をしていると言われた。


それが本当かどうかはわからない。


でも
誰か住んで居る事に間違いはなさそうだ。



私はその道のプロではないので
私のこの情報がどこまで正しいかわからないが

“前に住んで居た人”が“自死”となると
次に借りる人に告知した方が良いとされている。
告知義務がある。

しかし

“前の前”となると
聞かなければ言わない不動産屋も多いと
聞いた事が在る。




私は
扉前の光景を写真に収めた。



その後
自死した場所に行き
手を合わせ

その場の写真を写した。


風が吹き抜ける非常階段。


汚れや破損が無い事を
写真として残した。




部屋を引き払う際に
室内を撮影しておけば良かった。

室内が汚れて居ない事の証拠になるのに。


まさか
こんな事になるなんて思ってもなかったから
何もしなかった。



これからの事を考えたら
現時点の状況でも
きちんと残しておくべきだと思った。





それから

マンションを後にして
近くの会社を数件回った。

大家さんを知らないか尋ね歩いた。


もし会えるなら
大家さんと直接話がしたかったから。

200万の請求は

大家さんからなのか
それとも
管理会社だけからなのか

知りたかった。



今日ここに来ている事は
先に手を打たれては困るから
管理会社には知らせていない。

担当者に聞いても
会わせて貰えると思えない。


だから近所を回った。



突然現れて
大家さんの事を尋ねて
怪しまれては困る。

不信に思われて
警察なんて呼ばれたら面倒な事になる。


紺色のスーツを着て
身なりは整えて来た。


用意してきた菓子折りを
わざわざ見えるように持って

“近々家族が越して来るのでご挨拶をしたい”

と言って回った。


どの会社も丁寧に対応してくれたが

管理会社はわかるものの
大家さんについては会った事がなく
詳しくはわからないとの事だった。

その近くに住んでおられる方ではなさそうだった。




直接会う事は叶わないと判断した。

仕方ない。



その後は
出来る限りの情報と資料を集めた。



何を言われても
迷いを見せず
言い返せるように。




続きは次回。










昨日もギタリストさんは花を届けてくれた。





ぽんちゃんが亡くなって
自由になって

月下陽香の練習も
ゆっくり出来るようになり

頑張らなくてはいけないと思って居た。


でも。

どうしても
歌う事は苦しかった。


心が痛くて
締め付けられて

歌いたくない。


息が吸いにくくて
しんどくて

発声が辛い。


3時間ほどの練習で
5曲程しか歌えなかったりする。




ギタリストさんは

暑い日も
雨の日も

ギターを背負って
単車に乗って

遠い中

私の家の近所まで
練習の為に来てくれる。


1曲奏でるにあたり

ギタリストは
ボーカルが歌わない前奏や間奏も
ずっと弾き続けてくれる。


申し訳なくて仕方なかった。





現時点で
月下陽香が最後に立ったステージは
5月の「こぼれそうな夜」


このステージは

もちろん
自分で決めて立ったものではあるが


私には

とても苦しく
深く悲しく
心にとても痛いもので


また
体にもとてもキツイもので


そこに行き着くまでの過程も
大きく負担なもので


心身共に使い果たしてしまい


私の中では

ステージ=我慢と苦痛
歌=悲しみ


という思いが
叩き込まれたまま

まだ整理できないで居る。




もう駄目だと思った。

わーっと泣き出しそうな位
歌いたくない。


もう壊れてしまうと思った。




ギタリストさんに
しばらく練習を休みたいと伝えた。

伝える事が出来て
少し楽になった。





持病のひとつが酷く悪化していて
その治療にも集中したいし

使い果たし疲れ切ってしまった心のケアを
きちんとしようと思う。



私的に

目標は
1ヶ月以内に練習に復帰して
新曲の練習を始める事。



その間

私は
ライブ会場にお伺いする事もしないし
音楽活動をしている人たちとの集まりにも
参加しない。


これからも歌ってゆく為にそうする。




月下陽香は
少しの間
歌から離れて

ギタリストさんと共に
夏休みを楽しもうと思います。


何しようかな。

どこ行こうかな。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡