❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

命に心細いよ。(卒業後後半・39)




先日届いたメール。


やさしくて。
とってもやさしくて。

痛くて疼いてる所に
そぉーっと

手を当てて貰ったみたいだった。



今日。
その方から贈り物が届いた。


可愛らしい風呂敷に包まれた箱を開けると

2種類のはちみつと
はちみつのキャンディが入っていた。



ヨーグルトに合うブルーベリーのはちみつ。
紅茶に合うクセの無いアカシアのはちみつ。
中にはちみつが入ったキャンディ。




心細かったの。
とっても。

今日は朝からずっと。


心配が心の中いっぱいに在って。
どきどきしてる。



怖くてたまらない気持ちにも
手を当てて貰ったみたいな

贈り物だった。


ありがとうございます。







この2週間程かな・・

やっと少し動けてるように思う。
とは言っても少しづつね。


今年は
去年以上にどんどん動けなくなっていて

普通に生活する事も全く出来ていなかった。


朝起き上がる事も
すぐそこのコンビニに行く事にも

すごく苦労してやっと・・
みたいな状態で


電話で話す事も辛くて
仕事のメールすら遅れながらのやっとで。


知り合いからの電話にも出なかったし
頂いたメールにも
ろくに返信も出来なかった。


毎日毎日

今日
全てが止まるような恐怖が

圧し掛かって居た。


それに比べたら

この2週間程は
苦痛が少なく動けて居て。


やっと。

電話にも出たり
仕事のメールは遅れず送信出来たり

出来るようになってきた。



薬を変えたのが大きいかな。


いろいろ試しても
酷い副作用で
とても辛い状態が続いてて。


もう
長い年月投薬を続けてきているから

出来るだけ
内臓に掛かる負担を減らしたいし

でも苦痛は和らげたいし。


あちこち壊れてくのに
薬への免疫は高くなってきてしまう中

とても悩みながら耐てきたけれど。

本当に辛くて。


肝臓や腎臓への負担は増えてしまうけど

それまでよりもキツイ薬に変える事にした。



毎日毎日欠かせない投薬。

1日の内
薬を飲む時間はほんの僅か。

手に取り体に流し込む時間は少し。


だけど
これを20年とか30年とか
毎日毎日しなければいけないとなると

そこに費やす時間は大きいと思う。


それに縛られなければ動けない事は
仕方ないけれど

時にしんどい。




時間は貴重だととても思う。

この数年は特にそう考えるようになった。

無駄に過ごす時間の余裕は
無いと考えるようになった。


避けられない投薬に苦しむ時間は
とても無駄に思える上に
精神的に
バランスを大きく崩してしまう。


限界を超え過ぎたようにも感じ

薬を変えたら
動けるようになってはきたけれど。



5月のライブが終わったら

これからの事をまた少し考えようと思ってる。


24日のライブは
余りにも特別過ぎるから

それまではこのままでいく。

【「キズグチからこぼれる想いをこの夜に。」 (2014.4.28)】













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自 傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋 め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
日々の想いと共に

20代後半頃の私を記している途中。

【「キズグチが季節を知れる時。」 (2014.4.29)】




続きを書いてゆかなきゃね。



閉店まで僅かとなった。
なのに私は決められなかった。


もうくたくたに
ボロボロに疲れ果てて居る

心と体。


どう考えても
働ける状態には無い事は
自分がいちばんわかっている。


店のカウンターに立って接客しながら

ラムネ菓子をかじるように
安定剤をバリバリかじって
酒で流し込む。


そんな事をしてなければ
人と話す事も難しかった。



だけど。怖い。
無職になる事が怖い。


幼い頃から
両親に叩き込まれた言葉が
頭の中でぐるぐる回る。


『働かざる者食うべからず』

「自分で稼げないなら意見をするな」


「我慢しなさい。我慢しなさい。我慢しなさい。」




この店を持つ時に

私はものすごく頑張った。

何年も
必死になって
戦って闘って

自分の店を持つ為に
ものすごく頑張った。


店を手に入れて。
気付いてしまった。


あんなに欲しかったのに。

手に入れれば
心の不足は満ちると思って居たのに

何一つ満たされなかった。


それでも執着した。



苦しんで。

結局私は
ここでひとつも得ぬまま
終わるんだろ うか。




客には
「移転を考えて居る」と伝えたまま。

「体を壊してるから
 まずはしばらく療養してから
 治ったら次は小さなバーでもしようと思ってる。」
そう言ったまんま。





いよいよ閉店を迎えた。

最後まで
たくさんの人たちが顔を見せてくれた。



「次の店の開店はいつ?」
「早く戻っておいでや。」
みんないろんな声を掛けてくれた。

中でも
とても仲の良かった客は言った。

「本当に帰ってきてくれるんか?」
「このまま消えたりせんか?」

この人は何か感じてるんだなと思った。



でも私は

誰にも本心を言わぬまま
閉店を迎えた。




最後の客を送り出し
女の子を送り出して。

店のカウンターに座った。

店内をぐるりと見渡した。


明日からこれ全部かたずけなきゃ・・。





翌日から昼間に店に通った。

荷物をまとめて
要らない物は捨てた。

捨てる物を選びながらやっと思った。


自分が何を捨てるのか確かめながら
わかった。


もう次の店を考えられない事。


次の店をするならば必要であろう物も
捨てている自分が居た。




ずっと。働いて来た。


中学の頃から働いて来た。

高校も短大も卒業後も。
ずっと働いて来た。


もう。ホステスは辞めよう。
お水は引退だ。





店を始める時

ビルオーナーと契約を交わす時は
とても大層だった。

当たり前だけど
保証人を2人たてて

分厚い契約書の全ページに
私とふたりの保証人
それぞれの実印を割印しながら

ひとつひとつ確認をした。



辞める時は実にあっさり。
さくさくと話が終わった。





これからどうなるんだろうか。

どんなに考えても何も見えてこなかった。


ただただ疲れ果てて居た。



続きはまた次回。












昨夜。

眠る前に入れておいたキャットフード。

朝起きて見たら全く減っていなかった。


ぽんちゃんは横になったまま
トイレに起きただけで
一口も食べてくれない。



今日は自分の通院があって。
連休に入る前に
どうしても通院しておかなくてはいけなくて。


1分でも早く家に帰りたくて
必死で行ってきた。


帰宅後は
本焼き作業をしながら
様子を見てるけど


やはり食べない。
横になったまんま。



去年の今頃だった。

そうだ。

去年の今日。

4月30日。


急変したんだ。

食べなくなって歩けなくなって。

もう駄目かと思った命。


1年頑張ってくれたけど。

どうなるんだろう・・。



私の大事な家族。

まだ生きて居て欲しい。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



スポンサーサイト

キズグチが季節を知れる時。(卒業後後半・38)






最近の記事では

今年初めてのステージになる

5月24日の
【こぼれそうな夜vol.2】について
頻繁に触れて居る。



前回は
5月24日のライブへの想いを書いた。

【「キズグチからこぼれる想いをこの夜に。」 (2014.4.28)】



ご一緒に
このイベントを立ち上げて下さった
A-unEX のMidoriさんが

大切なブログに
記事として

月下陽香を取り上げて下さっていました。

【A-unEXさんのブログ・「いばら」 】


ありがとうございます。



A-unEXのMidoriさんは

この偏在な私に

そのままで闘うチカラと
生きてゆく先の希望を与えて下さった方です。

【こぼれそうな夜vol.2】のトップを飾って下さいます。

【A-unEXさんのブログ 】


このイベントを
共に立ち上げて下さったもう一組。

HAT TREATさんにも

私はとてもお世話になっていて

ユタカさんには
いつも気に掛けて頂き


月下陽香のギタリストさんも
よく遊んで頂いています。

【HAT TRETさんのブログ 】
(ユタカさんは発信は主に
mixiとFacebookでされているので
ここは時々の更新ですけど…。)







目一杯頑張って

夜。


やっと立ち上げたパソコンには
余りにもやさしいメッセージが届いていて

ぐーっと歯を食い縛り
最後まで読んだら

じわぁーって。

こらえきれん涙が流れました。


わーわー泣くんやなくて。

じわぁーって。

ただただ
あたたかい優しさに包まれて

ぅー。。って。

涙がいっぱいになりました。

ありがとうございます。






「私なんか・・。私なんか・・。」


ずっと
そう思い続けて生きて来た

ちびっこの私は


すっかり大人のおばちゃんになったのに

未だどこかで
幼児性にがっつり捕まったまま


それでも

この経験を晒して
先を歩ける者を目指して

闘う日々には痛みが伴い


だけど
生きて居たいと向かい在れるのは



こうして
居場所を与えて下さる方々の愛に

震えるしあわせを
知ってしまったからかも知れません。



みなさま
いつもありがとうございます。






さて。

世の中はゴールデンウイーク。


会社にお勤めしてるとか
子供が居るとか

そういう環境に居ないから

私にはあまり関係ないんだけど・・。


ニュースでは
渋滞情報が流れてたりすると
連休なんだなぁって思う。



この2年は
体調がどんどん悪化してて
出来ない事がとても増えて

去年の今頃よりも
小さな事にも苦労してて


どんなに頑張っても

体の苦痛が呼び寄せてしまう
精神的な不安定に
落っこちてしまう夜もあるけど。



器を作りながら気が付いた。


去年にの私には
難しくて出来なかった技術が

今年の私には
何も困らず出来て居て


出来ない事が増えたけど

出来るようになった事もあるんだなって

少しうれしかった。





作業に追われてたら
ギタリストさんからのメール。


「16:00頃ポストにデザートお届けしとくよ。」


わーい♪うれしい。。

でも。時間が微妙。。


約30分後かぁ・・。


その頃は
どうしても手が離せない作業をしてる。

せっかく来てくれる時間に
外出してる訳でも
お風呂中でもないんだから
玄関前位には出てゆきたい。


でも。
作業を止めて待ってる余裕はない。



今の内にと思い
ポストにメッセージを入れて
作業部屋に戻った。



作業部屋の窓からポストが見える。

16:00。単車の音がした。


ギタリストさんがあくびしながらやってきた(笑)


ポスト開けたらメッセージに気付いて
2階の作業部屋の窓を見たから手を振った。

窓越しに少し話した。



その後
作業を終えてポストを見たら
スイカが入ってた。

今年初スイカ☆

ムーさんちの猫ちゃんの名前と同じだ。。



夜。大事に食べた。


残った種を見ながら
植えたいなぁと思った。

なぜか
子供の頃から私は

食べ終わった後の種を植えたくなる。


ぶどうやビワや
いろんな物の種を

こっそり埋めるのが好きだった。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自 傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は
5月発売のCDの経過報告や想いと共に

20代後半頃の私を記している途中。

【「焼け落ちる皮膚と焼け 残る骨と。」 (2014.4.26)】




今日は続きを少しだけ書くね。




店の閉店は決めた。



でも。

辞めようと一度は決めながら

このまま水商売を辞めて
無職になって良いのか

その感情は揺れまくった。


ゆらゆらと揺れながら
閉店1ヶ月半を切ろうとしていた。



まず
ホステス達にこの店の閉店を告げた。


移転も視野に入れて動いては居るが

移転したとしても

私は
ホステスは置かずに
小さなバーを出来たらと思って居たから


申し訳ないが従業員は求めて居ない。


ホステス達には
今後どうするか考えて欲しい事を告げた。


次の店が決まり次第
うちの店を辞めたい子も

閉店まで居たい子も

背負う環境によっても答えはそれぞれ。

全ては各自に任せた。



少しづつ客にも話始めた。

まだ移転か閉店か揺れていたから


ここは閉める事と

どうか閉店までに
入れて下さったボトルを飲みに来て欲しい事

残っているボトルを
飲み干しても
新しく入れずに店のボトルで飲んでくれたら良いので

最後を盛り上げて欲しい事を伝えた。




悩み続けた結果

閉店して水商売を引退する事を
私が
私への答えとして選ぶ事になった時に

客への懺悔を心に残したくはないから


新しくボトルを入れさせて
売り上げを上げる事は
もうしたくないと思った。




ホステスとして生きた年月。

たくさんの嘘もついた。

騙しても来た。

今だってそう。
客は誰も
私が同棲してるとは知らない。


支えてくれた客に

自分なりにお返しが出来るとしたら

そういうやり方で
ひとりでも多くに顔を見せて貰って

直接お礼を言おう。


そう思う気持ちは大きかった。




「閉店」

そう聞いて
連日多くの客が足を運んでくれた。




母親が出て行ってから
背負い太らせてきた借金は
900万を超えていたが
全て払い終えた。

私はやっと返済から逃れられた。


手元に少しのまとまった金も出来た。



閉店日は近付いてくる。

移転かホステス卒業か
決めなくてはいけない。


続きはまた。












4月がもうすぐ終わる。

随分とあたたかくなり
作業をしていれば汗をかく。


まだまだ寒かった年明け。


もうだめだと
自覚と諦めをして

ひとつ仕事を退職する決意を固め

それをやり遂げる為に
ボロボロに壊れた2月。


そこから。

私の季節は止まっていた。


想定外の苦痛に
日々はどっぷりと浸かり込み

苦しくて苦しくて仕方なかった。




もう風は初夏の匂いがするのに
私の心は
やっとほんの少し

春に向かって歩き始めたところ。




5月24日のステージに

レコ発掲げて立てた時に

私の心には

やっと

やっとの

桜が咲き始めるのかも知れない。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡