❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

感情を殺しても自分を殺せない。(卒業後後半・24)




先日。


月下陽香のギタリストさんが
携帯を機種変更した。

ネット環境は無いままだけど
カメラ付きのPHS。


初めて彼から写メールを頂いた。


画像を開く時
なんだかわくわくしたよ。





スケジュールが
もう
いっぱいいっぱいになってる。


体がこれ以上悪くならないように

限界超え過ぎて
詰め込まないようにしようと
考えていたけど


さすがにこれからの2週間程は

そうも言ってられない状況に
行き着いてしまってる。



通院に
日々時間を取られ過ぎてるのが大きい。

でも
それをサボれば維持も出来ない。

歌えない。動けない。


通院をきちんと続けながら

もちろん仕事もきっちりやりながら

いよいよレコーディング。



音源を作って

デザインを仕上げて

プレス会社と
打ち合わせして入稿して。


睡眠時間だけは
ちゃんと確保出来るように
組み込んでゆけば

忙し過ぎて
他に何かをする時間の余裕は
全く無い。



うーん・・



頭抱えるけれど。

しあわせな悩みだと感じてる。



やりたい事に向かって在れる事は
何よりも喜びを感じられる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてき た

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。

私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




前回まで
4回続けて
過程を記す事からは離れて
記事を書いて居る。

【「キズグチの癒えを待ち。」(2014.3.24)】

【「依存を断ち寄生を嫌う。」(2014.3.26)】

【「粗末な扱いを選ばなくても。」(2014.3.2 7)】

【「埋まらぬ不足を武器として。」(2014.3.2 8)】




過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記している途中。

【「傷付ける選択の手招き。」(2014.3.23)】



しばらく続きを書けないで居た。

この記事に記した出来事は
私にはとても苦しい経験のひとつで

ここに書くかどうかも
とても悩んできたから

何とか書き出したものの
少し疲れてしまい

しばらくは寄り道をしていた。



今日は少しだけ続きを書いておこう。





全て終わらせたはずなのに

毎日思い出した。

あの出来事は
再現ドラマのように
繰り返し繰り返し頭の中を巡り

苦しかった。


ずっと。

自分は最低だと思ってきた。

嘔吐も自傷もやめられず

それを隠して人並みを演じ

生きて居る自分は
異常で最低だと思ってきた。


ずるくて汚くて
最低だと思ってきた。


ずっと思ってきたけれど

それまで以上に

私は
自分が汚いと感じた。

汚い。

とことん汚れたんだと感じた。



この頃の記憶はあまり無い。

考えたくなかったんだと思う。

忘れたくてたまらなかったんだと思う。

それでも思い出してしまう。

誰と話してても
頭の片隅で
あの出来事が再生される。



店は変わらず営業を続けて居た。
毎日いろいろな人達と酒を飲んで語る。

そこでの私は装った私。




もうしんどいなって考え始めた。

いつまでこうしてゆくのかな・・

って。



しっかり化粧して
髪を結い
着物を着て

飲み屋街で「ママ」の肩書を背負い


私は
いつまでそれを続けるんだろうと
考え始めた。


他にやりたい事が在る訳でも
出来る事が在る訳でもない。

これを辞めても
何も出来る事が無い。

働かなきゃ暮らしてはゆけない。

20代も後半。


同級生たちは
結婚し落ち着いて暮らして居る。

母となり子育てに追われても居る。



私は今日も吐いて居る。

食べては吐き腕を切る。



不安は日々育ちゆき
答えはひとつも見付けられずに
今日も店に向かう。




ある夜。

久し振りの客が
後輩を連れて来店し た。

どれくらい振りだろうか。

懐かしさになんだかほっとした。

やさしい笑顔は変わっていなかった。


共に来店した後輩を紹介してくれた。

挨拶をしながら思った。


「魚みたいな目をした 人だな」



色素の薄い
茶色い黒目が印象的だった。

とても感じの良い人だった。


何よりも印象的だったのは

その笑顔だった。


屈託の無い笑顔。

私には出来ない笑顔。

ひとつの「裏」もないような笑顔。


素晴らしい笑顔だった。




続きはまた。












昨夜から降り続いた雨が上がった。


今日も朝から働きながら
作業部屋の窓から
変わりゆく空を見てた。


夕方には少し出掛けなきゃ。
新しいパソコンを取りに行かなくちゃ。

車で連れてって貰えるから有難い。



今週から
レコーディングの試し録りが始まる。


通院と
レコーディングに費やす時間を
確保する為に

他の時間は仕事で埋まる。


忙しさと

その中で
声を出せる体で在らねばならない

プ レッシャーで



心はもう

いっぱいいっぱい。


今日をやり遂げる為に
息継ぎをする事だけで必死。



咲き始めた桜に
足を止めるだけの余裕は

失くさないで居たい。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



スポンサーサイト

埋まらぬ不足を武器として。






昨日は

作業の合間に
目一杯必死こいて

スタジオに入った。



私の体が動けなくなってゆく中

もう長い間
月下陽香の練習は

ギタリストさんが
私の家の近くの
カラオケボックスまで来てくれて

なんとかやってきた状態。



でも

レコーディングの事もあるしね。

ちゃんとスタジオ入らないと。




って事で


お世話になったのは

私は初めてのスタジオ。



ギタリストさんのご存知の方で

つい最近
自宅の一室をスタジオにされたらしく

とっても素敵だと伺い
えっちらおっちら行って来た。



片道1時間ほどの移動は
今の私にはもうめちゃくちゃ大変。


でもね。
行って良かったよ。

ほんと。
素敵なスタジオでね。

オーナーさんも素敵でね。

すごく丁寧に対応して下さった。



大阪の御堂筋線の長居駅を降りてから
20分くらい歩くのね。


長居公園の中を横切るように

てくてく。。



桜が咲いててね。

きれいやった。


滅多に無い外出で
止まっては写メを撮り
予定より遅れて到着(笑)



来週には
ここで試し録りをしてみるんだ♪













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
  ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。





過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記している途中。

【「傷付ける選択の手招き。」(2014.3.23)】



そして

前回までは
3回続けて

過程の続きからは
少し離れて記事を書いて居る。

【「キズグチの癒えを待ち。」(2014.3.24)】

【「依存を断ち寄生を嫌う。」(2014.3.26)】

【「粗末な扱いを選ばなくても。」(2014.3.27)】







今日も寄り道。

次あたりから
また過程の続きを記してゆくね。









どんなに目一杯必死こいて
張り詰めて
詰め込んで

生きたところで

今の私が

1日にこなせる事は

もう知れてるんだろう。



24時間で出来る事が

10個あるとすれば


数年前までの私は

そこに
15も20も詰め込んで
休みなく
こなし走り続けて居たけれど


今の私のこの体では
もう
どんな事をしても
そこまでをこなせる訳が無く


普通に10こなす事すらも

ボロボロに壊しながらでなきゃ
消化出来ない。




それでも。

出来る限りの事に日々向かい

ひとつひとつ
消化してゆこうと

必死こいてるのはなぜだろう。




生活ももちろんある。


どんな形でも
私は社会に参加して在りたいと
自分に対して決めて居る。


歌だったり
器だったり


私が
自分を表現する時に

受け入れて下さる方々は

そのイベントや
作品に

時間と経費と代金を
費やして下さるのだから

私は

贅沢は出来なくとも
自分で生きてゆける人でなければと
決めて居る。

だから必死こいてる。


確かにそうだ。

だけどそれだけじゃないね。




私は不足して居る。

足りて居ない。

欠けて居る。


だから

自分の不足を埋める
カケラを探して居る。

 
自分のカケラを探して
足掻いてる訳だ。




・・・・・・・・・・・・・・・

『 僕を探しに 』

作・シルヴァスタイン
訳・倉橋由美子

・・・・・・・・・・・・・・・



この本を
3月の始め頃頂いた。

大事な美しい女の子から。


その時の記事はこれね。

【「足りないカケラ。」 (2014.3.5)】





「僕は欠けている。」

「何かが足りない。
 それで僕は楽し くない。」

「僕は足りないかけらを探しに行く。」


「転がりながら僕は歌う。
 “僕はカケラを探してる。
  足りな いカケラを探してる。
  ラッタッタ
  さあ行くぞ。
  足りない カケラを探しにね。」



欠けているから
上手く転がれない僕は

立ち止まって

みみずと話したり
花に触れたり

カブトムシを追い越したり
追い越されたりしながら

足りないかけらを探して行く。



いくつかのかけらを見付けるけれど

それらは

僕のかけらではなくて

それでも探し続けながら

僕はやっと
僕にぴったりなかけらと出会う。


満ちた僕は
とても上手く転がれるようになったけど


失ったものを知ってしまう。


僕は

かけらを
僕から離して


再び
僕のかけらを探しに行 く。






今育てている新曲。

【「キズグチの癒えを待 ち。」(2014.3.24)】

この記事に記した約束の歌。




この本を頂いた時。


私は
書き始めた新曲の歌詞に
大きく迷い始めて居た。


私は

この楽曲で
一体何を言いたかったんだろう・・




この歌を書こうと思い
言葉を吐き出し始めた自分の

原点が

わからなくなった。



このまま無理矢理仕上げても

間違いなく私は
この歌を愛せないし
嫌いになって歌わなくなる。
そう思った。

封印しようかと悩んだ。

毎日毎日。


吹き出す言葉を
何枚もの紙に書きだしながら

きっと無理なんだと
思い始めて居た。



そんな時に贈って頂いた本。





この本を贈って頂いたおかげで

私は
自分が書きたかった歌詞の
行き先を思い出せて

新たにそこに
色を添える事が出来た。



そして。

生み出せた歌を
今ギタリストさんと練習しながら。




考えて居る。







「何かが足りない。」


自分の中の不足の形は


現在
私の中で
「何か」ではなくなって居る。


「何」に

自分が不足して居るのか

分析はもう出来て居る。



何が足りなくて

何が欲しくて

何を与えたいのか

分析は
日々リアルに描けつつ在る。

その上で思う。




「不足」はね

埋めたいと思う。

きっとそれが当たり前だと思う。


埋められるものは
埋めよう。



でも。


どんなに願い求めても
探しだせないカケラが在る。


自分の手には入れられない
カケラが在って。


それは

どうしたって

何をしたって

ずっと欠けてるまんま。

埋められないものも在るよ。




それはそれでいいんだ。

それを言い訳に

誰かを傷付けたり

自分を卑下したり

そんな事

しなくても大丈夫。




それまでも武器にして。

生きてゆける。




その武器は


人を

殴り付け

切り付け

撃ち殺す

武器ではなくて。




「共に向かって生きましょう」と

伝わる人達に

顔を上げて話せる
経験者でなければ
使いこなせない


不動の武器になる。





この本を下さった方から
可愛いプレゼントが届いた。


いつも。

いつも。


私は
救われてばかり。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: