❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷付いてきたから。




あのね。



私の大切な女性のひとりはね

チョコレートと
わさびが嫌い。


だから私は

彼女には
チョコレートをあげようと思わないし

一緒に食事してる時に
わさびを食べない彼女を
責めたりしない。

当たり前だと思ってる。




私の大切な男性のひとりはね

きゅうりが嫌い。


サンドウィッチや
巻き寿司の中に入ってるきゅ うりも

全部抜き出さなきゃ食べられない。


一緒に食事に行っても

ポテトサラダに入ってるきゅうりを
私が先に食べてから
彼が食べたりね

そんなのが当たり前。





食べれない物

食べたくない物を

食べなくても良いと思うんだ。



そして

みんなではないけど

かなり
たくさんの人が

同じように考えてるんじゃないかなって

私は思ってる。




なのにね。


「それは言われたくないよ。」

「それはされたくないよ。」


そう伝えたり
訴えたりする言動は


なぜ
こんなにも否定されるの?って

ここ数年すごく思ってた。



どうしても食べられない物を

「食べなくていいんだよ」って

考えてあげられるように



なぜ

ただ真直ぐに
それを受け入れてくれないのかなって。




大阪に来て
音楽活動に復帰してから

いろんな人達と出会えた中で

それはよく感じてきた。




「もう言わないで」とか

「やめて」とか

言われた時に


その行為に
悪意が無かった時ほど


そう言われた人は

何だか
プライドを傷付けられたような

苛立ちや

少なからず

それにより生まれる
一時的な意地悪な気持ちも

むくっと

顔を出してしまうのかも

知れないんだけどね。




「無理して食べなくてもいいんだよ」って

言ってあげる時のような
気持ちで居られたら


誰かに傷付けられる事も

誰かを傷付ける事も

もっと少なくなるんだろうにって

なんだか思ったよ。


とってもね。




そうなれば

人はもっと
傷付け合わずに在れるのになって。














2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は

寄り道を重ねながらも
20代後半の私を書いている途中。

【「疲れてる心。」(2014.2.27)】



この続きは次回にして

今日は寄り道をするね。










今日で2月が終わっちゃうね。


今日は大好きな方のお誕生日だ☆
♪おめでとうございます♪









かなり疲れ切ってしまってる自分に

毎日毎日声を掛けてる。

大丈夫だよって。

体も心も大事に治して
また向かうんだから。

大丈夫だよって。



もう少し日が過ぎれば

薄紅色の花を愛で
美しい新緑に彩る景色が見える。


その頃にはきっと
また笑って歩いてる。


自分が信じてなきゃね。









このブログ
『癒え待ちよすがーイエマチヨス ガー』を


長く読んで下さってたり

月下陽香をリアルに知って下さってる人達は

ご存知だと思うけど。



月下陽香・陽の
大事な相棒であるギタリストさんは

ネット環境を持って居ない。


携帯は持ってるけど
写メも絵文字も
受信出来なかったりする電話。

彼を知る人なら
それが
いかに彼らしいか
ご理解頂けると思うんだけどね。




でも。

ネット環境ってね。

月下陽香の活動には
絶対的に必要な物で。


共にステージに立つ人が
このブログも見れないって事は

私には
ものすごく大きな問題だったのね。


だから私は
昨年夏から

ここに書く記事を
全てプリントアウトして
彼に渡す事を始めたの。


これは
とっても手間の掛かる作業なんだけど

自分を知って貰いたいし

彼は
記事をいつも
繰り返し大事に読んでくれて居るから

渡す事を続けて居られてる。



その彼との会話で先日思った事が在った。




「こんなに
 恨み辛み書き続けるのも
      疲れるやろう?」


彼がそう言った。



私は正直驚いた。


「んん・・?なぬ??」

「なんか違うぞ。。」



そして。

なるほどって思った。



「あ・・。そうか」



「そう感じて読む人も居るんだ・・。」って。





私は
こうして日々過去を綴り在る訳で

確かに

たくさんの痛みや不足を
書き出しては居るけれど



未だ
沸々と湧き上がる

リアルな憎悪を

ただただ垂れ流して

誰かを
恨んで恨んで

毒を吐いて居る訳では

ないんだよね。



遠い過去を書く時の私は


今の私の中に
当時の私を呼び出して


今の私で
当時の私の

心の声を聞いて

文字にしてるのね。


あの頃はこうだったなぁ・・って。




そして

それらをどう消化してきたか

または

ちゃんと消化出来て居るかの

確認をしてるような感じなんだ。





心の中の痛みをね

上手く言葉に出来ない内は

まだそれがどんな痛みで

なぜ起きているのか

どうすれば良いのか

整理出来てないって事だと
私は思ってる。


ちゃんと説明出来るようになって

初めて

分析を始められるんだと思う。



だから
現在の自分の痛みや悩みを
ここに書き出す時も

自分で
それを理解出来てない内は

書けない。


言葉に出来て
文字に出来て
ここに書けるって事は


私としては

それを
消化する為に進んでる

って事なのね。




けど。

月下陽香の
相棒であるギタリストさんは

そう感じてなかったんだなぁって思った。



でも

それは不思議でも間違いでもなく


感じ方が
それぞれで在るだけなんだよね。




こんな身近な人がそう感じてるんだから

彼のように感じてる人は
いっぱい居るんだろうなって
思った。


彼は相棒さんだから
日頃から関わる事が出来て

これからいくらでも

私の想いを説明して
伝えてゆく事が出来る。


イキザマ晒して立つステージを

共に背負ってくれてる彼に
それが伝わる時が来たら

月下陽香のステージは

今よりも伝えられる物に
なってるかなって。


そうなってゆきたいなって思った。





今年初めてのライブは5月。


それまで
ステージには立てないけど


レコーディングは

こそこそと企みながら


毎日
猫に触れながら


癒えを待っている。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


スポンサーサイト

疲れてる心。(卒業後後半。11)




体も。

心も。


とても状態が悪い自覚が在る。


通院帰り

ふと思う。


なんでこんなに疲れてるのかな・・


あ。
そうか。


心。

ずっと頑張り過ぎてたんだ。

ずっとずっと。

我慢して頑張り過ぎてたんだ。


体。

めちゃくちゃに頑張り過ぎてきたんだ。


無理して無理して

頑張り過ぎてたんだ。


だから

こんなに

今辛いんだ。



そうか。

そうだね。




帰ったら
猫のぽんちゃんが

ベッドの上
毛布に乗っかって
まぁるくなって眠ってた。

しばらく見てた。


ちっちゃいなぁ。。
かわいいなぁ。。












2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。





過程を綴る記事は
寄り道を重ねながらも
20代後半の私を書いている途中。

【「心満たされないまま。 」(2014.2.24)】





不足は欠片も痩せはしない。


この心の中の

不安も恐怖も

ひとつも減りはしない。


私は

自分の店を持つ事で
満たされると信じていた。


なのに何も満たされぬまま

大きな空虚の中で

それでも幸い店は順調だった。




開店時に揃えた
7人のホステスを
数ヶ月後には半数に減らした。

店の規模的には
それ位で十分だったから整理した。


どんなにベテランをかざして在ろうが
客を呼べなければお荷物でしか無く

更に我の強いホステスはヘルプにも使えない。


努力が見えない者に給料を払う為に
日々闘っている訳ではない。

要らないと思う人には辞めて貰った。


店ではおとなしかった人ほど
その後
電話を掛けてきて怒鳴り散らしてきたり
脅してきたりもした。

そこまでの勢いを
なぜ仕事で表現せんのかと呆れた。




残したホステスの中には
女子大生がひとり居た。


彼女はただひとり
水商売の面接に
履歴書を持って現れた人だった。

そんな女の子を見た事が無かった。


可愛らしく愛嬌はあるが美人では無い。

色気が在る訳でもない。
どこか垢抜けない田舎のお嬢さ ん。

もちろんホステス未経験。


余りにも場違いに思えたが
なんだか気になるから

面接時いろいろと聞いてみた。



彼女は
母親にも
この面接を受ける事を伝えて来たと言った。

反対はされなかったのか聞くと

良く考えて決めたのなら
頑張って行ってらっしゃいと

送り出してくれたとの事。



いつも出掛ける前には
仏壇の前に座り手を合わせ
「行ってきます」と言うらしい。

今日もそうして来ましたと言った。



話せば話す程
私とは違い過ぎた。

こんな女の子を
働かせて良いのか悩んだ。

正直良心が痛んだ。


だけど私はその子を採用した。

真直ぐで一生懸命だったから採用した。




開店当日。

彼女の接客は
ホステスとしてはまだまだだったけど

笑顔を絶やさずに
客に声を掛ける姿は好印象だった。

彼女を受け入れてくれそうな客を
選んで付けた。


その日
彼女が最後に付いた客は

ちょっとクセのあるふたり組。

私の古くからの付き合いで
悪い人では無く
少々口の悪い事は気になったが

短い時間だからと思い
彼女に任せた。


遠目に見て居たが
様子がおかしかった。


閉店時間になっても
店は客で溢れたままだった。


学生の彼女は
定時であがって貰おうと声を掛けた。


泣きそうな顔だった。

彼女は急いで荷物を持ち

「お疲れさまでした。」と
逃げ出すように店を出た。


店内は満席。


それでも私は彼女を追い掛けた。

このままにしてはいけないと思った。


捕まえて抱き締めた。


ぼろぼろ泣きながら彼女は言った。

「なんであんな事を言われないといけないのですか?」



その客を良く知る私なら
それが悪口では無い事がわかる。


でも
初めての彼女には
耐え難いものであった事もわかる。


それでも
自分の勤務時間が終わるまで
じっと我慢して
カウンターに立ち続けた彼女の

真面目さがたまらなかった。


よく頑張ってくれたね。
辛かったね。


そう繰り返して

抱き締めて

頭を撫でた。



翌日
彼女は笑顔で出勤してきた。

昨日はすみませんでしたと
頭を下げた。


彼女の心はとても綺麗だと思った。




その後彼女に
開店準備を教え店の鍵を渡した。


ど素人だった彼女が
私の片腕となった。



もうすぐ夏。

私は彼女に浴衣を一式揃えた。


店を持つ前に働いていた店の
オーナーママを思い出した。


移転した店は
閑古鳥が鳴いてる状態らしく
間もなく潰れるだろうと
客からは聞こえてきていた。


続きはまたね。












私が今
生活してるマンションの駐車場に

数日前に
くまさんの顔の
ぬいぐるみになってるバッグが転がってた。


どこかのお部屋に
お住まいの方の落とし物かと

見える所にぶら下げておいた。


数日が過ぎて。

昨日

くまさんはそのままだった。



翌日の大阪は雨降り予報。

濡れちゃうなって思って。

くまさんを連れて帰って来た。



申し訳ないけど中を開ければ

きっと。
小学生の女の子のバッグだよね。

少女雑誌の付録らしい手帳が入ってて
連絡先が書いてあった。


住所はすぐご近所みたい。

書いていた電話番号に
昨日から何回も掛けてるんだけど・・

お留守なのかな・・


今日1日掛けてみて
お話出来なかったら
明日警察に届けようと思う。



くまさん。

おうちに帰してあげたいなぁ。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。