❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

私が壊れた理由を知れば。(卒業後・58)




今日で1月が終わる。


まともなオフも無く
ひたすら我慢してがんばって居る。


今はそれをしなきゃいけない現状は

理解して受け入れて居 る。


それでも心は息切れをしてしまう。


希望は失くしては居ない。

しあわせもちゃんと感じてる。


でも
限界を超えて
がんばり続けてる心には

小さな出来事が
酷く突き刺さってしまう。


今にも倒れそうな状態で
走り続けていれば

ほんの小さな小石ひとつも
上手く避けられず倒れてしまう。




自分が
ものすごいストレスを抱えてる事がわかる。

このスケジュールはまだしばらく続く。


そこまでがんばったら
少しだけ休もう。

がんばってる自分に

ご褒美をあげよう。





とても荒んで居た
昔を振り返れば

今とは
環境も考え方も違う当時

働き続けながら思ってたなぁ・・



全て自分で賄わなくても良い人は
いいよねって。


あくせく働かなくても

今日暮らす家が在って

そこで1日中寝転がって居ようが
行きたい場所に行って帰って来ようが

それらは自由で当たり前で。


そこには眠る布団が在って
食べる物があって。


そんな環境を
与えられてる人はいいよねって。


今日1日をここで暮らす為に
いくらの
家賃が
光熱費が
食費が

必要か

考えなくてもいいんだろうなって。


私は
若い頃から
与えて貰える環境を持っていなかったから。

どんな事しても
自分の力で何とかするしかなかったから。


甘えられる人が羨ましくて

妬んでたなぁ・・





私の現状は
かなりもがいて在るけれど。


昨日は通院したり

夕べも猫と枕の取り合いをしたり。


自分が
やりたいと思う仕事をして
得た収入で暮らせる事。


お腹が空いて食事をしたり

切りたいと思わずに
痛みと向き合ってたり。


しんどいけどね。

しあわせだと思う。


この毎日を得る為に
努力してきた自分に

がんばれてるよって思う。


そして。

だから書ける歌が在るんだよって

私は私に言える。











2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。






過程を綴る記事は
昨年に引き続き
20代前半頃の私を書き記して在る途中。


前回の記事。

【「熟れた体を晒してまでも。 」(2014.1.29)】


今日はこの続きを書くね。







勤めてた店のママがやってる
コンパニオンの会社で
1日だけバイトしてみたけど

私のしたい商売ではないと思った。

コンパニオンは1回切りで辞めた。




しばらくして
ママに食事に誘われた。


ラウンジ閉店後は
朝までスナックを始めたから

以前のように
ママと食事にも行けなくて
少し久しぶりだった。


スナックを臨時休業させて貰って
ママと出掛けた。



噂はちらほらと聞こえてた。
ラウンジの二号店の事。
ママの口から
改めてその報告を受けた。


二号店の場所を決めたらしい。

ラウンジから徒歩5分くらいのビルの2階。

カウンター5席と
ボックス席2つの小さな店で
ラウンジではなくスナックにするとの事。



前回の記事に書いた
コンパニオンとして行った宴会場で

はしゃいで自ら服を脱ぎ
パンツ1枚で大騒ぎしてた先輩ホステス


彼女を
そこのママにしたいとの事だった。



彼女は

ママが田舎でスナックをしていた頃から
働いていた人。


陽気で気さくで
客もたくさん持っていた。

私には出来ないくらい
体も張っていた。

ふたりの男の子を育てる為に
戦ってたんだよね。


彼女は独立を考えていた。

彼女くらいになれば
時給なんぼで雇われるよりも
独立した方が収入も上がるだろうから
当たり前の選択だろう。



ママは
彼女を手放したくはなく


二号店の出店も強く望んでいた。


そこで
彼女をママとして雇う事で

ふたつとも叶えたかった訳だ。


彼女にラウンジは任せられない。
だから二号店をスナックにした。



この二号店のママは
彼女に譲って欲しいと言われ た。





なるほどって思った。


ラウンジ閉店後
ママとしてスナックをしてる私が


ママの掛け持ちをするのは

実際難しい事も
自覚して居た。


それをきちんと
1対1で話してくれるママに
大切にされている事も感じ取れた。





別れ際ママが言った。

もう少ししたら
ラウンジの「ママ」を私に譲りたいと。



なぜそんな事を言い出したんだろう。


一号店を
こんなに早くに
譲ろうと考えて居る理由が

読めなかった。


ただ。


何か起きそうな気がしてた。


続きは次回。












人の生きる道を
1冊の国語辞典に例えてみるね。


「あ」から
順番に並ぶ言葉たちは

全ての経験ってとこかな。



幼子が
両親から与えられながら
体験してゆく

「あ・い・ う・え・お」



それらが揃う環境が
私には無かった。

矛盾に振り回されながら
顔色を伺い
押し殺した揚句

早く自立しなければいけなかった。



「あ」の次は
「う」だったりする
私の幼少期の辞書は

あちこちが空白だった。



小学生中学生と
成長してゆく過程でも

私の辞書はあちこちが空白だらけ。


「か・き・く・け・こ」は
「かき・・こ」だったり

「さ・し・す・せ・そ」は
「・・す・そ」だったりね。




あちこち穴だらけのまま
大人になってしまった。



ひとつずつ揃えながら
順番に育った人達よりも

幼児期に叩き込まれた
恐怖に萎縮したまま


受け入れられなかった
幼児性を捨てられぬまま


体だけが大人になった。




息詰まり
行き詰まる度に

人は

それまでの経験から答えを探そうと


人生の辞書の
過去のページをめくる。




だけど

私の辞書は空白だらけで

白いページをめくる度に


不安や不足は露わとなり

出口を失ってきた。




私が
長い年月

摂食障害と自傷と共存した理由は


この空白のページに
在るように思う。


これが埋まらない限り
私は痛み続けて生きてしまう。




ならばこれを埋めれば良い。


でも。

それが半端なくしんどい。


与えられて得るはずのものを

自分で探して
見付けて
得なければいけないから


ものすごくしんどい。



とても悔しかったり
悲しかったり

腹立だしく思ったり

情けなさに落とされたり。


叫び声を上げて
暴れたくなるような感情にもなる。






私の辞書はまだ穴だらけ。

毎日毎日向き合ってるのに

まだ穴だらけ。



すごく辛いけど

きっと
ひとつ埋まる毎に

私は

今日よりも
私を好きになれて


今よりも
しあわせになれると


信じて生きて居る。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



スポンサーサイト

熟れた体を晒してまでも。(卒業後・57)




私の両親は
とても偏り不足して居た。


母の中には複数の人格が共存しており

その都度入れ変わりながら

共通して居た抑圧と束縛を
私に与え続けてた。


自分の思い通りにならぬ者を許さず

自分の痛みには過敏に反応しながら

平気で人を傷付けた。




父は

自分の両親を嫌い


自分の学歴や収入に

大きなコンプレックスと
激しい劣等感を持ち

それを克服する方法はいくつもあったのに

その努力をカッコ悪いと拒絶し

変われぬ事を人のせいにしながら
常に私に依存した。



今の私から見れば

このふたりは
悲しい程に哀れで迷惑な存在だ。




でも
幼い頃の私はそうは思わなかった。

我慢して

萎縮して

一生懸命愛されようとしていた。



そして。

摂食障害者となり
自傷癖者となった。











2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって 「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。



摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に 時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。





過程を綴る記事は
昨年に引き続き
20代前半頃の私を書き記して在る途中。



母が
父が
この歳の頃には
私がもう産まれてたんだね。

その頃の私はまだ幼すぎて
残る記憶は無いけど

母と父は
自分達なりの子育てを

時に幸福に感じたり
時に絶望を想えたりしながら

手探りでしてたんだろうね。



同じ年頃であるこの頃の私は
結婚をして子を産み母となる事を

とことん拒絶して居た。


摂食障害も自傷も手放す事が出来ず

借金に追われて
水商売に捧げてたんだ。



前回の記事。

【「自傷と嘔吐の暗闇を手探りで歩いて。 」(2014.1.27)】

この続きを書くね。






私が
ちいママとして勤めてた店のママは

友達とコンパニオンの会社も経営していた。

大きな会社の
イベントや宴会に呼ばれて

会場に行って
そこで新しい客を捕まえてきてたりしてた。



コンパニオンには
店の女の子もちょくちょく借り出されててね。



ある時ママが
私にも
コンパニオンをやってみないかって言った。


私はあまり気は進まなかったけど

ギャラが良かっ たし
新規の客を捕まえられるかもしれないし
行く事にした。




当日。

まずは店に集合。

制服に着替える。


渡された制服はワンピースで
胸元は大きく開いていて
スカート丈は
膝上20セ ンチはあるだろう超ミニ。

ママには悪いけど
かなり下品で安っぽいなぁと思いながら着替えた。



何台かに分かれて車で現地に向かった。

旅館の広い宴会場。

ママに続いてずらずらと入ってゆく。

Vシネマに出てきそうな宴会やなぁと思った。


左右に分かれて膳を囲むおじさん達。

その前にずらぁーっと並んで正座して
ママの挨拶と共に頭を下げたら
あちこちに散らばってお相手。


胸元から名刺を出して
お酒を注ぎ
寄り添ってお話。

パンツ見えるやろってくらい短いスカートで
横に正座すりゃ
太ももは露わになって

触って下さいって言ってるような状態。


これは
私のやりたい商売じゃないなって
思った。




コンパニオンの中には

同じラウンジでも働いていて

ママがまだ
地元の田舎で商売をしてた頃からの

ママの下では
いちばん古くから働いてる人が居た。


当時の私よりも年上で
離婚して
女手ひとつで小学生の男の子ふたりを育ててる。

客もたくさん持ってる人。

いつも明るくてね。

ニコニコしてて。

ムードメーカーのひとりみたいなお姉さんね。




席を移動しながらひたすら飲んで。

くたびれてきた頃。

客が騒ぎだした。

その方向を見ると
そのお姉さんが酔っ払ってご機嫌になってて。


服を脱ぎ出した。
自分からね。
楽しそうにね。
はしゃぎながら脱ぎ出した。
あっと言う間にパンツ一丁。

「私のおっぱい見て。きれいやろ。」


確かにたわわで綺麗な胸なんだけど。

めちゃくちゃひいた。


60人程居るおじさん達と
20人程居るコンパニオン
甲斐甲斐しく料理を運ぶ旅館の従業員が居る場所で

勢い良く脱いだ上に

客に乳首を舐められ吸われ喜んで居る。



ママを見れば笑って見てた。

ママの本当の姿を見た気がした。



横に居た客が言った。
「おねえちゃんのも見せてや。」


私は
膝に乗せてきた客の手に丁寧に触れて握って

目一杯やさしい声で
やさしい笑顔で言った。

「彼女は脱ぎ担当なんで。私は違うの。ごめんなさい。」




ラウンジでは
いつも上品に接客してた人だけど

コンパニオンでは
毎度はしゃいで脱いで
時に客と別室へ消えるんだって

帰り道聞いた。



彼女なりに
覚悟の上で懸命に稼いでるんだろうけど

私はそこまではしたくなかった。



私は二度とコンパニオンはしなかった。

続きはまた次回。













過程を綴りながら
この数回は
祖父が亡くなった時の事も書いて来た。

【「やさしさが足りてないから。 」(2014.1.23)】

【「いつも卑下しながら。 」(2014.1.24)】

【「自傷に泣いたあの娘に。 」(2014.1.25)】

【「自傷に失ったひとつ。 」(2014.1.26)】



その中で
傷付いてしまった想いも
共に綴ってきた。



痛んだ心と向き合い

なぜ傷付いたのか

この感情にどう対応し
どう納得し

今後に活かせたら良いのか

ひとつづつ分析をした。



引き金は
今回の出来事では無いことに気付いた。


同じような事は
今までにも何度か起こされていて

私は
それらを受け止める努力をして
擦り減らしていた事。



相手が大事な存在であるから

私は
「我慢して飲み込む」と言う感情を

当たり前だと決め付けて行動していた。


相手が大事なら

信じて在るならば

きちんと言えば良かったのに。


「これは迷惑だからもうしないでね。」って

ちゃんと伝えてこれば良かったのに。



想いを伝えてはいけないと考え
飲み込む事を選び

伝えてないから繰り返されて
私の心が折れたんだ。




痛んだ理由が見えてきた。


もう少し静かに考えたら
お手紙でも書こうかな。

大事な人だからね。



体調悪い中
休み無く働いてるから
少し時間がかかりそうだけど。




刻まれた傷の意味を
きちんと知る事で

キズグチには

新しい種を埋め込める。


新しい種は
今回の事が在ったから
埋め込める物。


共に育ててゆけたら幸せに想う。



良いお天気だ。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡