❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷癖摂食障害者として晒した今年に。







2013年が終わる。



玄関にある
自分が作った陶器たちも

掃除をされて


手招きしてる。






私は自傷癖のある摂食障害者だ。



およそ20年間を

嘔吐と自傷にまみれて生きて居た。



生きる事からやり直そうと思い
逃げてきた大阪。



それでも

嘔吐も自傷も

繰り返し私を呼び



10年間

何度もそこに戻りながら生きて居た。




摂食障害と自傷は

私の人生の

ほとんどを埋め尽くしてしまう。




麻薬みたいだ。



もう止めたいのに

そこに行きたくなる。


切りたくなる。

吐きたくなる。




今年から私は


「月下陽香」として活動するステージの上で


「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」を


必ず口にして

真ん中に掲げて歌い始めた。




そして

このぶろぐ「癒え待ちよすが」に


小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で

生きてきた私の足跡を


7月7日以来 記事として書き続けて居る。

この日から放ち続けた
私の偏在なイキザマは


今日でちょうど100回になる。




綴ってきた記事は

「かてごり。」に 時代別に分けてあります。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
    ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。






振り返ってみた。


振り返ろうと思った。




なぜ

こんなにも長い年月


切らなくては

吐かなくては

居られなかったのか


自分に問うてみようと思った。


私の不足は
どこにあるのか

知ろうと思った。





「摂食障害」

という言葉で括られても

状況は様々だ。


「自傷」

という枠で括られても


それは
わかりやすいリストカットだけではない。






今日食べる物もなく
戦火の中を逃げて生き延び時代には

「摂食障害」も「自傷」も
無かったのかも知れない。


食べる物もなく
薬も手に入らない
教育も受けられない

そんな国に
嘔吐し続ける人なんて居ないんだろう。




環境は遥かに恵まれている。



なのになぜ

私は

いつも足りなくて

吐き続けて
切り続けて



それを止められない事に怯え


それが出来ない事に苦しみ


30年も生きてしまったんだろうか。





「摂食障害」や「自傷」から


抜け出せるやり方も人それぞれ。


それぞれに
合うやり方がきっとある。





私は

記憶を呼び起こし

ひとつづつ
その過程を振り返る事で

出口を探し始めた。




見えてきたよ。


見えて来た。


私の不足。

見えてきた。




今の自分で
過去を振り返り問えば

分析出来る事がたくさん在った。




でもそれは

ひとりでは出来なかったと思う。





今まで
誰にも言わないできた足跡は


とても醜く情けなく汚い。




それを読んでも

変わらずに繋がっていてくれる人達が居た。


それを知っても

新たに繋がれる人が居た。




そして。


深い深い
憂いを帯びた

深い深い緑色から


生き生きとした美しい新緑が
日々枯れる事無く輝く
大好きな方の記事に
たくさんたくさん触れる事が出来た。





今日のひとつ目の写真。

私の自転車の鍵。




いつも使っているのは
くまさんの方。
手作りのお守りが付いてる方。




その日は
出掛ける時に玄関で気付いた。


仕事用の鞄に
鍵を入れたままだった事。


部屋に取りに戻れば猫が起きてしまう。



そっとしておきたくて

私は
玄関にあるスペアキーで出掛けた。



そして。

出先でお渡ししたお土産の中に
うっかりその鍵を入れて渡してしまった。




その日
あえて選んだスペアキーは
大好きな方のもとで
しばらく過ごす事となった。




この鍵はそこで何を見てたんだろう。





その後
プレゼントと共に
鍵は私のもとに帰って来た。




その時のまま置いてある鍵を
私は時々握り締めてみる。



まだまだ 探し物の途中だから。









過程を綴る記事は
まだ20代前半の私を書いている途中。




2014年も続きを書いてゆくね。



無様なイキザマを晒して
問うて在りたいと思う。








今年は私
自傷に戻らずに生きました。



何度も呼ばれたけれど
そこに戻らずに生きてこれました。




新しい年は

そこからどこへ行けるのか
考えてみたい。










「うたうたい陽の癒え待ちよすがーイエマチヨスガー」



今年はたくさんの方々にご訪問頂きました。

ありがとうございました。




どうかみなさまが

心も体もお元気で

おだやかに

やさしい新年を

迎えて下さいますように。





キズグチに埋め込んだ種が

その熟れを吸い上げて

うつくしい花を咲かせてありますように。






今年の最後の記事に

動画をリンクさせておきます。



無料でダウンロードしてご覧頂けます。

月下陽香が今年の最後に歌った歌です。


どうもありがとう。

【「月下陽香「キズグチイ バラ」11月9日 こぼれそうな夜にて。】


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
       ランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
        カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



スポンサーサイト

自傷が呼ぶのか。自傷を誘うのか。(卒業後・42)





「切りたい。」


何度も思った。



「切っちゃえ。」


繰り返し思った。



「吐いてしまえばいいんだ。」


数え切れなく思った。





自傷も嘔吐も


この胸のある部分が痛む度に

私を呼んだ。





それでも

今年は
自傷の呼び掛けに振り向かな かった。


ものすごくしんどかった。


あの快感は忘れられなくて
振り返りたくもなった。


切りたい自分を押し込めれば

夢の中で手首を切る私が居た。



目覚めは
どんよりと重くて

とても疲れた。





最近の私は


「切りたくない。」


そう思えるようになった。



夢の中にも
切る私は現れていない。










月下陽香が

今年のライブでは必ず口にして
真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。



私にとって
「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすもの。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年。


小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で生きてきた私を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。

【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※現在執筆中。




20代前半の私は

とても荒んで
とても乱れて

自傷に溺れて足掻いて在った。

大きな借金を背負ったまま
私はホステスを続けてた。

【「自傷も嘔 吐も隠し企み。」(2013.12.22)】

【「犯された者にも刻まれる烙印。」(2013.12.2 3)】

【「汚れて生きる者。壊れて消える者。」(2013.1 2.27)】

【「自傷と共に見てた裏側。」(2013.12.28)】





続きを書こう。




オーナーが受け取った手土産。


上等なしらすが敷き詰められた下を探れば

出て来た封筒。



これ。

ドラマなら
高級和菓子店の最中の詰め合わせなんかの下から

帯に巻かれたピン札の現金の束なんかが
出て来るんだろううけど

私が見たのはしらすで
その下は封筒だった。


私が
計算の上で繋がってるこの人は
一体何者なんだろうと思った。



やさしい人だったよ。
私はとてもやさしく扱って貰ってた。

でもその人の正体はほとんど知らなかった。




オーナーと会わない日は真面目に出勤した。



店にはボーイが2人居た。

当時30代の男性と50代の男性。


ある日
同伴がとれなくて開店前から出勤した時

店にオーナーが来てた。


私とオーナーの関係は誰も知らない。
私はよそよそしく挨拶をした。



ひとつのテーブル席にみんなが集められた。

そこでオーナーが突然
30代のボーイに怒鳴り付けた。

内容はわからなかったけど
何か
オーナーの顔を潰すような事をしたらしかった。



従業員全員の前で
オーナーはボーイをクビにした。
ボーイは頭を下げて出て行った。



初めて。
オーナーが怒る顔を見た。

やっぱりやばいなって
そう思った。



この日からボーイは50代の男性1人になった。




数日後

そのボーイの知り合いが飲みに来た。

かなりの勢いで金を落としてくれた。

ノーマークの客。
徹底してマークした。

アフターに行った。
同伴の約束もした。



2回目のアフターで寿司屋に連れていかれた。

そこで寿司を食べ
ビールを少し飲み

毎度のように
トイレで食べた物を吐き出し

席に戻ると


水色と青の混じった小さなグラスに
冷酒が用意されていた。



オススメの酒だから
最後にこれを飲んでから帰ろうって。



味はわからなかった。

少しづつ飲んだ。

アフターで酔っ払う事だけは
いつもしないようにしてた。



記憶は
二口ほど飲んだところまでしか無い。




気が付いた時

私は客の助手席で

車はラブホテルの駐車場。




そんな酔ってる状態で帰せないから
休んで行こうと言われた。


状況が把握出来なかった。

とにかく断った。

迫ってくる客に暴れて抵抗した。


「オーナーに言うで」

私は言った。


その瞬間客の顔色が変わった。

ホテルの駐車場から車は走り出した。



私が


「ここに住んでいる」と
嘘をついてるマンションの前まで送ってくれて

以来店に現れなかった。




翌日
いちばんベテランの先輩ホステスに呼ばれた。

「大丈夫やったん?」



聞けばその客は
アフターに誘ったホステスを
眠らせて犯す事をしてると
言われてる人らしかった。



翌日になるまで言ってもくれない先輩は
やっぱり
ライバルで敵なんだと改めて思った。

そういう世界なんだなと思った。


それにしてもオーナーは何者なんだろうか・・。


駐車場で目が覚めて良かったと思った。

あんなおやじにやられるのはゴメンだ。


以来その客は店に来なかった。

数年後客は刑務所に入った。

ボーイはクビになった。




ある日

気になる噂を耳にした。


「オーナーやばい事してるらしいよ。」

不安になった。



私は

どこまで

行ったり来たりを繰り返せばいいんだろう。



そして。

その日が訪れる。



続きはまた書くね。












そろそろだなって予感していたら

やっぱり。。殴られちゃった。

そんな時がある。



感じて準備をしてたから

受ける事も
避ける事も選ぶ事が出来る。


受ける事を選んでも

歯を食いしばり体勢を構えて待てる。






そんな事は起こらない。

そう信じていたら突然殴り付けられた。

そんな時もある。



何の準備もないから予期せぬ怪我を負う。

それをどう処置しようか
とても悩む。



その都度自分の未熟さを知る。





人はそれぞれ。想いはそれぞれ。

自分にも意見があり考えがある。


決めたやり方を
何があっても通したり

違うやり方に
考え直して切り替えたり。



自分も含めた全ての人が
欠片も痛まない答えに

辿り着きたいと願うけれど

とても難しい。





今年も私は
ここにたくさんの毒を吐いてきた。


そして自分の過程を晒す事を始めた。


小学生の頃から始まった摂食障害と自傷。


7月7日からそれらを順番に綴り始めた。



その日から記事は今日で99回目。

その99の記事のほとんどを
過程に触れて書い てきた。



書く事は
私にとってなくてはならない物。


失えば生きて在れないだろう。
狂って壊れてしまうだろう。




書く。

そして放つ事の

喜びを

力を

私は知っている。



注ぐ労力が
どれだけ大変か

また
理解をされぬ事もあるだろう難しさも

否定された時の痛みも

私は知っている。




そこには
大きな覚悟が必要である事も感じてる。





今年
たくさんの記事を書きながら

学んだ事は多く在った。

気付いた事は大きかった。




自分が誰かを傷付けてしまうだろう事も

誰かに深く傷付けられるかも知れない事も

改めて考えた。





日本語は素晴らしいと思う。

それを

「愛」

に育てるのも

「刃」

に変えるのも


扱う者に
課せられてあるんだなと
改めて思った。






来年も過程を綴りながら

この「癒え待ちよすが」を


「刃」よりも
「愛」に繋がる言葉に気付いて

放てる私を目指して
在りたいと思った。




そう意識し始める私に出会うまでに

私は今年

大好きな人達の
たくさんの記事を

繰り返し読み
感じてきた。



私は

その記事全てに
とても感謝をして居て

その言葉の全てを大切に想って居る。






「愛」は英語では「love」だね。



「love」

最近の記事には画像と共に触れてきたけれど

私がいちばん大好きで大切に想う本も

「love」

【「自傷に嘔 吐に呼ばれた 私の選んだ今日。」(2013. 12.2 4)】

【「自傷や嘔 吐に招かれても。」(2013.12.2 6)】

・・・・・・・・・・・・・・

「 love -ラブー 」

・・・・・・・・・・・・・・



嫌われ者の
変わり者の
9歳の女の子は

孤児院で
誰にも渡せない手紙を
木の穴の中に入れていた。



私が
心の穴の中に入れ続けた手紙を

見付けてくれた人達に
心から感謝をしてる。


その人達のおかげで
私は
私の「love」を
愛してくれる人達に
しあわせを頂いて在れたから。



今年も明日でおしまい。

やさしい気持ちで終えれたらと願う。


ぽんちゃんと
新年を迎えられそうで
うれしい。



★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡