❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷と嘔吐のこのキズグチに埋め込んだイバラを。(卒業後・26)




この痛みは


この苦しみは


この悲しみは



この寂しさは





誰にもわからない。






一生懸命訴えた事もあった。



でも


知ってる限りの

ありったけの


言葉を

使い果たしても



誰にも伝わらなかった。





どれだけ嘔吐して


食べた物を吐き出しても




何度切って



汚い血を流し出しても





孤独は


この胸に


ぶくぶくと太り続け





理解されない私は



クズだと思った。



ゴミだと思った。






私にとって

生きる事が
どれだけの絶望に溢れ

溺れて

窒息しそうだったか




これらを


手に取るように理解出来るのは



私だけ。




結局誰にもわからない。



自分にしかわからない。



この


当たり前だろう事に
気付けるまでに



20年以上の月日が



自傷に埋もれて過ぎた。






やっと。


自分を救えるのも


変えれるのも



自分なんだと思った。




そしてそれを納得した。




前回の記事に
そんな事を書いた。

【「出口の見えない自傷と 嘔吐の中で。」(2013.11.28)】









誰にも言わずに

黙っていたら



笑われる事も

軽蔑される事も

避けられる事も



なかったんだろうに。




それでも


文字を綴る事は

私の真ん中の一部だから


書く事を選ぶ。




書きながら
自分に問うて在る。



もしかしたら。


これも自傷なんだろうか。



それはまだわからない。








月下陽香が

今年のライブでは
必ず口にして真ん中に掲げてきた


「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。




私にとって


「摂食障害」と「自傷」は

人生の半分以上

ほとんどを埋め尽くすものだから。





これらと共に生きた20年間と

向き合って生きる事を始めたこの10年。


私は
小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中でどう生きてきたか


7月7日以来
記事として書き続けて居る。


人は
誰もが
矛盾を抱えて在るとも思うから

正直に書いてゆく。


嘔吐も自傷も止められず
囚われて過ごした長い年月は

熟れた嘆きに溢れて在る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分 けてあります。


振り返って読みたい方は
【】内をクリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。







過程を綴る記事は
20代前半の私を書いている途中。


死のうとしたのに
この世に置かれたまま

私は
水商売で生きてゆく事を選んだところ。

その続きから

これからも続きを書いてゆく為の


今回は


過程と繋がる

少し寄り道の記事。












嘔吐や自傷を覚えてから

約20年の年月



毎日は

息苦しくて

生き苦しくて。



「死」に焦がれて


生き損ねて来た。




20年も苦しんで


ボロボロになって

大阪に逃げてきたけど。




住む場所が変わったからって
何も変わらなくて



更に絶望は増して


嘔吐も自傷も激しさを増し


地獄のような数年を生き延びてた。



それらは
過程を綴る記事がそこに追い付いた時に
また詳しく書くけどね。







その中で

私が

少しづつ
気付いてきた事のひとつは





自分を
好きにならなきゃいけない


って事だった。




自分を愛せない者は

誰も

本当には愛せない事に気付いた。




それまで
私が想ってきた

「愛してる」は

いつも

「依存」と
手を繋いで在った事に気付いた。




ちゃんと愛せないくせに


愛されたがっていた自分に気付いた。






大事な人が

傷んで
痛んで居たなら

悲しい。

辛い。



私を
大好きだって想ってくれてる人が居るなら



その人は


私が
私を傷付けて居る事を


とても悲しむだろう。





自分を
好きにならなきゃいけないんだと思った。



自分を愛そうと思えば


自分が好きだと思える自分に
ならなきゃいけない。



そう思った。



何から始めればいいのかもわからなくて


着る物も

髪型も

メ イクも全部変えた。




でも

自分を好きになるって


そんな簡単な事じゃなかった。




自分を好きになる為には


ものすごい努力が必要だった。



その努力は今も続けてる。


でないと


すぐに

自傷に呼ばれてしまうから。




難しいしね。


大変。





でも


出口の見えない

自傷や嘔吐の中で生きて居た私よりも




自分を大切にする事が少しわかる。









日々ここに


摂食障害と自傷と共に生きて来た
自分の過程を書き綴りながら


思う時が在る。





傷だらけだなって。





私の体。


私の心。



傷だらけ。


無数の傷だらけ。





どう足掻いたって


どんなに泣いて


叫んで乞うたって





この体も

心も



きれいにはならない。


汚いや・・。




でも。これが私なんだ。











「その傷が

 まだ熟れたまま
 癒えていないのならば

 どうか
 そのキズグチに

 痛みを噛み殺し
 爪を立てて


 種をひとつ 植えて下さい。」




今年

月下陽香が
ある楽曲を歌う前に


いつもステージの上で

話してきた言葉。




この楽曲は


このぶろぐの中で
今までにも何度も綴ってきた。


最近ではこの記事に記して在る。

【「足りない愛が自傷をさ せた。」(2013.11.12)】






ここを読んで下さる方々が


どんな生き方をしてきたか
しているか


発信している側に在る私には
わからないけれど



あなたが
痛みを知る人ならば



その傷痕には

花が咲いて在るように


その傷口には

新しい種が根を張り在るように




毒だらけの記事を書き放ちながら


私は
それだけはいつも想っています。







9日のライブでも
ステージの最後に

お聴き頂いた楽曲です。




パソコンから
無料でダウンロードしてご覧頂けます。

10~15分程の動画です。
ご興味お持ち頂けたなら。。

是非ご覧下さい。

【「月下陽香「キズグチイバラ」11月 9日 こぼれそうな夜にて。】


・・・・・・・・・・・・・

吹き付ける北風
重ね着をまとい
人並みを装い

愛が足りない・・

誰が殺した?

怯えてうずくまる

閉じ込めた痛みは
この体を巡る


暗闇に目をこらせば流れ星
届かぬと知りつつも願い事

もつれたこの足が飛び下りる前に


腫れ上がる傷口に埋め込んだイバラ
強く強く咲いてくれ




注がれる陽射しに
少し手を伸ばし
ぬくもりを知れたなら
微笑みがこぼれた

何を失くした?

振り返り眺めた

不足も武器にして
唇にのせよう


星空に手をかざせば浮かぶ月
叶わぬと知りながら願い事

無様でかまわない
生きて在る内に


爛れた傷痕に植え付けたイバラ
強く強く咲いてくれ




腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ


痛みを噛み殺し
爪を立てかき分けて

熟れを吸い上げ
嘆きを渡らせて


強く強く咲いてくれ

強く強く咲いてくれ

艶やかに咲いてくれ

      『キズグチイバラ』 詞・曲  月下陽香

・・・・・・・・・・・・・・・


大阪も
ぐんと寒さが増して
冬のにおいがする。


今朝

出勤の時にね。


駅のホームで電車を待ちながら。


息が白 くなるのを見て



生きてるから

呼吸するんだなって思ってた。




死んだあの人は

冷たくなって動かなかった。

かたくなった。





生きてるって



あたたかくて



やわらかい。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



スポンサーサイト

出口の見えない自傷と嘔吐の中で。(卒業後・25)




辛かった。


辛かったよ。




本当に。




辛かった。






嘔吐し続けた年月。




体を切ったり


焼いたりして傷付けて




目一杯

体張らなきゃ

居られない環境を選んで




自分を


汚して


壊して





自傷で埋め尽くさなきゃ

在れなかった年月。







長かった。


辛かった。




早く死にたくて

生きて居た私は



「もう全て終わりにしよう」と


本気で考えた事もあっ た。






その日の事は先日記事にしたところ。

【「自傷に埋 もれて途切れた心。」(2013.11.2 3)】

【「途切れた 心は終わり損ねて。」(2013.11.2 4)】









今だって。


いつだって。



呼ばれるよ。





吐いてしまえばいいよ。



切ってしまおうよ。




私が我慢してればいいんだよ。




黙って飲み込む代わりに
切れば大丈夫だよ。






ずっと吐いてきたんだから。





ずっと切ってきたんだから。









もう

そこに行きたくはないのに


そこに行きたくなる。





麻薬だね。



麻薬だ。




きっと

この先も


この体が朽ちるまで



私は


覚えてしまった

嘔吐や自傷の快感に



呼ばれ続けて生きてくんだろう。






あらゆる自傷行為の中で
生きて来た長い年月。




なぜ私はそれを選んだんだろう。







きちんと知ろうと思った。



前回の記事にも書いたけどね

【「私だけの自傷と嘔吐の理由はどこに埋めら れてあるだろう。」(2013.1 1.26)】






このぶろぐに

自分の過程を晒しながら




私は

自分と正直に向き合って居て




度々毒も吐きながら


足掻いて生きて在る無様な現実を
記事として綴り在り。








私の心の

奥の

奥の

ずっと奥の底では



きっともう


ずっと前から気付いてたんだよね。





その始まりの原因。



母親の
異常な束縛と抑圧の中で抑え込まれ


その母親の繰り返す
大きな矛盾を飲み込み続け



それを苦痛に思い

不満に

不足に感じる自分までも

奥底へ閉じ込め




自傷に向かう事しか出来なかったんだ。




人として全く自立出来ず
劣等感にまみれた父を


常に
我慢の中で受け入れてゆくには


自傷を続けるしかなかったんだ。






そのままにして生きてゆくのは

もう辛過ぎる。





自分の奥底に

太陽の当たらぬ暗闇に


閉じ込めた真実は




自分で掴み上げて

陽の当たる場所で
抱き締めてやらなきゃ



誰も救い上げてなんてくれない。





ありのままの自分を

まずは自分が知ろうとしなきゃ




真実は誰にも理解もされない。







とっても残念な事だけど

私は
「普通」には生きてこれなかった。


これはやっぱり
悲しいし悔しい。




でも過去はやり直せないしね。





だから私は

私を「偏在」といつも言う。



偏ってても
この世に在る自分を

「偏在」と言う。




「偏在」で在れど私は私。



家裁に申し立てて

名前まで変えて


こうして晒し
生きようとしている


これが「私」






偏ってるのは私だけじゃない。





もしかしたら

みんな

どこかでは偏ってるのかも知れない。



「普通」を
上手に装えるだけなのかも知れない。








月下陽香が
今年のライブでは
必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」
「リス トカット」
「自傷」。




私にとって

「摂食障害」と「自傷」は
人生の半分以上

ほとんどを埋め尽くすものだか ら。




これらと共に生きた20年間と

向き合って生きる事を始めたこの10年。




私は
小学生の頃から始まった摂食障害や自傷の中で
どう行きてきたのか

7月7日以来

記事として書き続けて居る。




人は

誰もが

矛盾を抱えて在るとも思うから

正直に書いてゆく。


嘔吐も自傷も止められず
囚われて過ごした長い年月は

熟れた嘆きに溢れて在る。 



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。

振り返って読みたい方は
【】内をクリック頂けるとご覧頂けます。

【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。







過程を綴る記事は
今20代前半の私を書いてる 途中。



この頃の私は

夢であった職業での仕事も得て

大好きなバンド活動もし
本気の恋愛もし。


そして仕事を失い

子供を殺し
恋愛も放棄し。


死のうとした。




嘔吐やリストカットだけではなく

仕事も恋愛も
全てが自傷に繋がれるものを選び

生き損ねて在った。




この頃はね



精神科やら
心療内科やらに
行こうとは思わなかったし

行かなかった。

身近にそんな環境も無かった。



もっと先。

20代も後半になってから

やっと私は精神科へ行った。



始めは
たらい回しのような状況に置かれた。




当時の事は
過程を綴る記事がその歳に追いついた時に
また詳しく書くけどね。




現在の私は
メンタル的なクリニックには行ってない。



私は
自分で向き合って治すって決めたから。



それが
自分には合ってると思ったから。




私がクリニックに通いながら
いつも思ってたのは


「医師には伝わらない」って事だった。




治療しようとしてくれる医師は

摂食障害でも自傷癖でもない。



この苦しみを
どれだけ言葉を尽くして伝えても

この痛みは

結局伝わらない。

私はそれにくたびれた。



自助グループなんかもあったけど

私はそれも拒絶した。




当時の私は

まだ

自分の傷みの真実と

向き合う準備も出来ていなかったから



傷の舐め合いなんて
大きなお世話だと思った。






医療は日々進化してる。


毎日のように
研究レ ポートが上がり

新薬は研究されていて


もの凄い速さで進化してる。




お医者さまには

たくさん注いで学んできた知識 や

医師としての無数の経験があり


それぞれに
患者と向き合い
考えて治療して下さる。



でも

それらと

私は上手く付き合えなかった。



落ち着く薬や
眠れる薬を処方して
手助けはしてくれるけど


体の病気よりも心の病気は
通院だけでは治らない。


そう思った。




自分の不足を

自分で知り
感じ

問うて理解し



原因である
深い傷を治してあげなきゃ

どんなお薬貰ったって

状況は足踏みの繰り返し。




何回も何十回も何百回も


止めようって思いながら

その都度
自傷に呼び戻されてきた私なりに





心からそう感じてる。





まだね。


完全に克服したとも言えない今の私には

上手く言えないから情けないんだけど・・。








私が
嘔吐や自傷を覚えた頃は

世の中にはまだ


ここまで

「摂食障害」も
「自傷」も

認知されてなかった のね。




今みたいに

携帯で検索出来たりね


そんな事が
まだ出来なかったんよね。





でも。

今はそうじゃない。


自由に情報を得られる時代。




私自身


いろいろな人達の記事を読んだり

日々

なくてはならない物のように

欲しいと思う情報を得ながら


与えてくれる
大きな言葉に出会いながら




自分の傷は

自分で治さなきゃいけないと


思う私になったんだと思う。





今。


嘔吐と共に生きて在る人や

自傷に在る人や



そこには属さないけれど

痛んで傷んで在る人




たくさんたくさん居るんだなって

思う記事や
言葉にたくさん触れながら



私は


偏在で生き抜いてやろうと
思えるようになって




抱えてる人達も

生きて在って欲しいなって

思うようになった。









あれれ・・。

過程の続きを書くつもりが
なんだか寄り道だね。

ごめんね。










あの日。


本気で死のうと思った私と。



今。


生きて在ろうとする私を


結んで書いた歌。




月下陽香の先日のライブでの1曲。


パソコンから
無料でダウンロードしてご覧頂けます。

10分ほどの動画です。

良かったら。。
ご覧くださいね。

【「月下陽香「ありのま ま」11月9日 こぼれそうな夜にて。】


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。