❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自傷も嘔吐も武器になるのなら。




「摂食障害」と「自傷」。



これらと
共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの10年。




私は


小学生の頃から始まった

摂食障害や自傷の中で


どう経験を重ね
どう暮らしてきたか


7月7日以来

記事として書き続けて居る。






美化させて書く事はしない。



だって



過程が

とても醜く

荒んで在る事は

真実だから。



人は


誰もが
矛盾を抱えて

在るとも思うから。






嘔吐も自傷も止められない

完全に囚われて過ごした

長い年月は



大きな不足の中で


それはそれは

生き苦し過ぎて


私はそれしか選べなかった。






これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けると
ご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。





過程を綴る記事は

10月18日に

我が子を
闇に葬った所までを書き終えた。

【自傷の烙印は 消えない。(卒業後・12)】



この記事以来

続きからは少しだけ離れて
寄り道しながら


想いを綴って在る。


あと少し
こうして寄り道をしたら


また
続きを書いてゆこうと思う。











心のバランスはいつも悪い。



自分なりに

あらゆる手段を経て


なんとか
悪いバランスを
庇ってはいるものの



いつも

少しの衝撃にも
ぐらぐらと揺れて


自傷は手招きをする。





寂しい

辛い

悲しい

苦しい

不安だ





10代20代の私は

その都度
選んだ誰かに依存した。



親友だったり
彼氏だったり

その時近付いてきた男であった り。


自分で処理出来ない想いを
よくぶつけて依存した。




寂しいって電話して
何時間も付き合わせたりね


平気でしてた。

何度も何度も。


それで
そこから先の人生から

不足や不安が
消える訳じゃな くて


その日
その夜を

孤独から
逃れたいが為に


そんな行為を繰り返した。



同じ布団の中で男に
「寂しい」なんて言えた。


結局は

愛するよりも
愛されたかったから


満たしてあげたいよりも
満たして欲しい私の方が
大きいから


一緒に居てくれる相手に
寂しいなんて言えた。



結局は
自分の寂しさを埋める為の

依存の対象に

してたって事。




どんなに相手を変えたって

そんな依存を繰り返してる内は

絶対に何にも変わらない。





ある頃から
そう考えるようになった。




まずは

依存を

自立させる事が

始まりなんだと


思うようになった。






そう思うようになって


寂しくてとか
不安だからとか

そんな理由で


電話したり
メールしたりはしなくなった。


されるのも嫌だから

しなくなった。





そういう感情に襲われる時

人に依存する事を辞めた。




そういう時こそ

ひとりで


自分に問うて

考える事にしてる。






ここで毒を吐こうが

酷いツイートをしようが




例えば
電話をかけてこぼしたり

メールをして訴えたり


自分が勝手に選んだ
ひとりに対してだけ


不安定を訴えて

その場しのぎをする事を

ある時から止めた。






だって。


逆の立場なら

悪いけど
はっきり言えば迷惑やもん。


毎日
ギリギリで

必死こいて立って
向かってるのに


人の不足まで

どーんと乗せられたら


こっちが壊れてしまうでしょ。





自分で消化しようと
考えられるところまで
まだ行けてない人の不足を


背負える程

私は元気ではないし

優しくもない。


私は導ける指導者でもない。






そういう不足の消化方法は


いつも
結局一瞬だから


気安く背負ってしまえば


背負う側は
今夜だけだと思っていても


背負わす側は

繰り返しやってくるよ。




一瞬を切り抜ける手段として
乗り掛かられるのは

迷惑だと思ってる。





どんなに不足をしていても


どんなに不安を抱えても


それなりの歳になれば

それなりに

自分の消化方法を知ってなきゃ


どうしようもないと思ってる。




自分が
勝手に選んだ特定の人に

依存しすぎたらいけない。


それは間違い。


勝手に求めすぎてはいけない。








例えば。。


私は

月下陽香のギタリストを
もう心底信用して頼ってる。


ワガママも言う。

グチも言う。


でも


「今寂しい」とか


「今不安」とか



だから手を差し伸べてってアピールは

しない。




ギタリストに限らず

大好きな人達にも

1対1で
不足や不安を投げつけて
求める事は基本的にはしない。






今の私は日々そうして在る。


私にはそれが合ってると思ってる。








発信はここでする。



その時々

選んだ誰かに
依存するんじゃなくて



責任も
リスクも
自分で背負って


ここで
不特定多数に晒しながら


自分に問う。




これが良いとは言えないけど



私にはこれが合ってる。








あと。


「今切りました。」


「今日吐きました。」



そういうのは書かない。





不安定な現状は
吐き出すけれど


上手く動けない体調や

日々の不満も

毒も


目一杯垂れ流すけれど




そういう自傷行為は


“越えた過去”にならなければ

書かない。





だって。


そんな事書いたら

信じてくれる人を
追い詰めるだけだから。


最低でしょ。



20年以上を

嘔吐や自傷と
共存してきて


簡単にアピールして消化したがるのは

浅い
勝手な自己満足だと

私は思うようになったから。





嘔吐や自傷と

やっと少し

距離を離す事も覚えながら


そう思う私に気付いたから。

【首をはねられた赤い毒の華。】









人は

ひとりじゃね

やっぱり

生きてゆけないと思う。


さびしいよ。



でも

それと依存はきっと別。







賛否両論多々あるけどね。



自分の不足は

どんなにたくさんの
情報を得たとしても

だから救われる訳じゃない。


そこから


自分のやり方を探して

選んで


自分で問い

闘うしかないからね。



依存は孤独で当たり前なんだ。








そんな不安定な偏在を

ステージに

リアルに掲げてゆくよ。


それしかね


出来ないんだ。












7月から始めた新しい仕事。


ボロボロになりながら
踏ん張って
踏ん張って
学んできた仕事。


3ヶ月は
研修生扱いだったんだけど

先日のお給料日に
社長からメッセージが届いた。


2ヶ月で
研修期間終了にしましたって。


そうだったんだ。。

そっか。


ちょっとうれしかった。




毎日こつこつ。

ひとつづつ。


仕事もそうだけど


嘔吐から離れたり


切らない為の闘いに挑んだり


全部ちょっとづつ

ひとつづつ。



呆れるほどに遠い道のりも


止まってたら進まない。


当たり前だけど


難しいね。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

月下陽香&井上タイキ ・イキザマ晒し劇場・

こぼれそうな 夜vol.1

2013年11月9日(土) 「 こぼれそうな夜 」

大阪市中央区東心斎橋 【Live&Drink ドアーズインヘブ ン】

※地下鉄
 「日本橋」駅・「長堀橋」駅より徒歩5分
 「心斎橋」駅より7分

とても便利な場所です。

18:30オープン
19:00スタート
22:00ライブ終了
(お店は24:00まで営業)

◆このライブはノーチャージでがんばっています。
ドリンクは必ずオーダー下さいね。

出演:A-unEX
   HAT TREAT
   月下陽香&井上タイキ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




スポンサーサイト

熟れたキズグチに爪を立て埋め込んで。




週明けの大阪は良い天気だ。


見上げながら

頭の中で
今週のスケジュールを整理してる。






日々

鈍感に踏み込まれ
出しゃばられ

不信は育ち



苦労して繋いできたものを

簡単に横取りしてく
都合の良い存在に



胸をえぐられる。









寒さについてゆけなくて

こたつを出した。



こたつの中に
猫用のベッドと
ダンボールを入れた。



5月に急変してから

もうダメかと
心配し続けてきた

私の大事な家族


糖尿病と乳がんを抱えた
18歳の猫が


今年も

ここで眠る姿を

見れる事に
支えられて救われる。











「摂食障害」と「自傷」と

共に生きた20年間と


向き合って
生きる事を始めたこの10年。



私は

小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷の中で

どう暮らしてきたか



7月7日以来

記事として書き続けて居る。




これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分 けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂けます。


【「1・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
    ※4つの記事があります。

【「2・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
    ※7つの記事があります。

【「3・自傷と 共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
    ※11の記事があります。

【「4・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
    ※16の記事があります。

【「5・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の 私)】
   ※現在執筆中。







過程を綴る記事は

10月18日に

我が子を
闇に葬った所までを
書き終えた。

【自傷の烙印は 消えない。(卒業後・12)】





この記事以来

続きからは
少しだけ離れて


寄り道しながら

想いを綴って在る。


あと少し

こうして寄り道をしたら


また


続きを書いてゆこうと思う。














「傷口に種を植えて下さい」


今年の月下陽香は

ステージで
よくこう言ってきた。





あなたの傷が
まだ癒えていないなら


その傷口に


痛みを噛み殺し

爪を立て

ひとつ


種を埋め込んで欲しいと。



傷口に
埋め込まれた種は


あなたの

その熟れを吸い上げて


痛みに根を張り



いつか


その傷痕に

美しい花を咲かせるんだと。




その花が咲いた時に



あんなにも痛んだ

苦しんだ傷も



全ては

自分に必要な
愛おしいものであったと


知れるからと。







そう話して歌うのは

月下陽香の



『キイズグチイバラ(傷口茨)』



・・・・・・・・・・・・・

吹き付ける北風
重ね着をまとい
人並みを装い

愛が足りない・・


誰が殺した?

怯えてうずくまる

閉じ込めた痛みは
この体を巡る


暗闇に目をこらせば
流れ星
届かぬと知りつつも
願い事

もつれたこの足が
飛び下りる前に


腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ

強く強く咲いてくれ




注がれる陽射しに
少し手を伸ばし
ぬくもりを知れたなら
微笑みがこぼれた


何を失くした?

振り返り眺めた

不足も武器にして
唇にのせ よう


星空に手をかざせば
浮かぶ月
叶わぬと知りながら
願い事

無様でかまわない
生きて在る内に


ただれた傷痕に
植え付けたイバラ

強く強く咲いてくれ




腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ

痛みを噛み殺し
爪を立て
かき分けて

熟れを吸い上げ
嘆きを渡らせて


強く強く咲いてくれ
強く強く咲いてくれ

艶やかに咲いてく れ

      詞・曲 月下陽香

・・・・・・・・・・・・・







傷口に
花を咲かせながら


女は

そのものが
花のように華のように


歳を重ねてゆくように思う。



女は華なんだなと。



蕾を膨らませ

咲き乱れ


種を残し命を繋ぐ。



華なんだろう。基本的には。




実を結ばぬ花も在れど



傷口に咲かせる花と共に

生きてゆくのが女なんだろう。






若さと言う華は必ず枯れる。


全てに平等に


いつかは衰えて枯れる。




それでも美しい女性は

傷口に咲かせる花が


その者を

美しい華として
咲かせているからなんだろう。






ならば男は。。

木なんだろう。


男の傷口に埋め込まれた種は

その体験を糧に
木となるのだろう。




細い華奢な枝を
僅かに伸ばしては
折れるものもあれば



たくましい大木へと
育ちゆくものもある。








ある程度
歳を重ねた人の顔を見れば

わかる時がある。





目がでかいとか
細いとか

鼻が高いとか
低いとか


そんなんじゃなくてね



その人が


人として賢いのか

足りないのか


わかるようになる。


隠しても

ばれるようになる。






顔を見ればわかってしまうし

わかられてしまう。





歳を重ね


経験を積み


人は

自分で


自分の顔を作ってゆくか ら。





優しいのか
冷たいのか


その優しさは

痛みや怒りを
乗り越えた強さが

生み出すものか



守られ与えられて
覚えてきたものなのか



そういうのは


顔に現れてくる。






とんでもなく

ずるいとか

せこいとか

なめてるとかね



そういう不足は
必ず顔つきに現れる。





生まれ持った
遺伝子から成る形じゃなくてね。






だから

逃げずに受け止めて

努力して生きてる人は


いい顔をしていて





そこには


美しい花が
華やかに咲き誇って居たり


大きな木が
たくましく
立ち誇っていたり


するんだろうね。








先日


「顔」について
少し触れた記事を書いた。

【自傷と嘔吐の 血は途絶えてしまえ。(10.26)】

【傷だらけで向 かって新しい傷を増やして。(10.24)】




私の顔から

人は何を想うんだろう・・。





自傷も嘔吐も


この心に刻まれた過程は


やはり

この顔にも

表れて在るんだろうか。






私のキズグチには

いくつの花が咲いただろうか。



いくつの花を


咲かせて

生きれるのだろうか。








余りにも足りぬまま


幼児性は育てぬままに


残酷に流れる年月に

体だけが大人となり



生き苦しい毎日に


生み出した歌は





どこへ向かえば良いのだろうか。




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

月下陽香&井上タイキ ・イキザマ晒し劇場・

こぼれそうな 夜vol.1

2013年11月9日(土) 「 こぼれそうな夜 」

大阪市中央区東心斎橋 【Live&Drink ドアーズインヘブ ン】

※地下鉄
 「日本橋」駅・「長堀橋」駅より徒歩5分
 「心斎橋」駅より7分

とても便利な場所です。

18:30オープン
19:00スタート
22:00ライブ終了
(お店は24:00まで営業)

◆このライブはノーチャージでがんばっています。
ドリンクは必ずオーダー下さいね。

出演:A-unEX
   HAT TREAT
   月下陽香&井上タイキ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: