❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷と復讐が結びついて。(卒業後・2)




もう


言葉に出来ないだるさで

日々


疲れ果てて居る。



白血球が
大きく足りないから

気を付けていたのに



通院で貰ってきたのか
どうやら風邪気味。




9月もあと少し。


追われて過ぎながら

この体で出来る事が
どんどん限られてゆく。



いつも
みんなで集まっていた場所にも

私だけが行けない。




風は秋の匂い。



置いてきぼりの


悲しみが増す。










「摂食障害」と「自傷」と
共に生きた20年間と

向き合って
生きる事を始めた
この1 0年。



小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と

その中で

私が
どう暮らしてきたか

記事として書き続けて居る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けるとご覧頂 けます。


【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【3・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。

【5・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(20代前半 の私)】
   ※現在執筆中。








前回から

少しづつ

短大を卒業してからの
私の過程を
書き始めた。









・・どこで知られたの?


・・誰が気付いたの?




母と
上司の関係が


職場にばれてしまった。




会社が絡む仕事は

とてもやり辛くなった。



それまでにやっていた

交通情報や

お昼の番組の
アシスタントの仕事は


変わらず
続けて居られたけど



会社からの新しい仕事は
ぐんと減った。



個人で繋がってる

イベント会社や
音響会社からの仕事が

メインになっていった。







短大生の頃は

音楽活動から
離れて過ごして居た。

歌おうと
特別思う事も無かった。


卒業が近付いてきた頃

改めて思った。



歌いたい。




何だか
カラッポになる気がして。


音楽活動を
もう一度やりたいと


強く思い始めた。


バンドで歌いたかった。








吐き続ける

切り続ける現実を


変えられるとは
もう思えない。



私なんか


繰り返しながら
朽ちてくんだろう。






でも

ひとつでいい

どんなに
小さくてもいい



自分にも
輝ける場所が欲しかった。





バイト先のファミレスに
よく来るお客さんで


どう見ても
音楽をやってそうな人達が居た。



練習帰りに来てるのが
すぐにわかった。




ファミレスの常連さんたちとは

日頃からよく話をしていた。



常連さんから
仕事を頂いたりもしていた。



当時の私が
仕事以外で

最も人と出会い関われる のは


深夜のファミレスの
常連のお客さん達だった。





その日も

練習帰りだろう人達が来てて。


私は勇気を振り絞って

彼らに声を掛けた。



「私歌いたいんです。」


「女性ボーカルを
 募集してるお知り合いが居た ら
 ご紹介頂けませんか。」





とても焦っていた。


それまで以上に焦っていた。



全部失うように思えた。


居場所がなくなると思った。



歌に戻りたいと思った。







しばらくして

来店した彼らは


一緒にやろうと言ってくれた。



ドラム・ベース・ギター・キーボード

4人の年上男性と

ボーカルの私。

バンドを結成した。




毎日にひとつだけ

キラキラして見えるものが
戻ってきた。




この時
音楽に戻って居なければ

今の私は


おそらくはもう
歌って居ないと思う。




多くのものを
失くしてゆく時代に


歌だけが

真直ぐに
支えになって在ったから



私はまだ

歌に
しがみついて


表現をしたいのかも
知れない。








学生で居られた頃よりも


明らかに嘔吐は増えた。

吐かない日がなくなった。



切る事も増えた。



母親への憎しみも

父親への嫌悪感も

思い出す程に育ってく。



吐く度に

復讐してるように感じ始めた。



「オマエのせいだ」



何度も思った。




オマエのせいでこうなったんだ。


オマエが私をこうしたんだ。



何度も思った。








この続きはまた。









20代を振り返ると


あまりにも
多くの事が在り過ぎて

混乱してしまう。





本気で。


死のうとしたのも

20代だった。



20代の終わりに

住んでた土地から逃げ出すまで

毎日は
階段を地下に地下に

真っ暗な
地下に向かって


一段づつ

足を深めて
落ちていったように思う。














先日

たくさんの
お風呂グッズを頂いた。


私の為に

時間を費やして

一生懸命選んでくれた人の

顔と声が浮かんだ。





私が
ゆっくりと出来るのは

湯船の中くらい。


そこぐらいしか

「無」になれないから



最近は
お風呂で記事を書く事は
やめて居る。






結局
10月も
ステージに立てぬまま


11月のライブを迎えそうだ。




辛さも限界を超え過ぎて

心が

ボロボロに壊れてしまう。



体には厳しいけれど

心が生きてゆく為に


11月の後
12月

どこかで歌えたらと
考えては居るが

どうなるだろうか。




月下陽香は
1曲が基本的に長い。

7分8分とある楽曲も在る。


滅多に出来ないライブだから

出来るだけ
長い持ち時間が欲しい。


30分弱なら
いろいろなお店が
出演のお声を
掛けて下さるけれど



それだと

3曲しか出来なくて


それでも

衣装に着替えて
全力でゆくから



活動が
限られて在る
月下陽香には


とても
生意気なのは承知の上で


有難いけれど

難しい。




少しでも日々に
小さな希望を探してみても


なかなか
その欠片も
見当たらない気が
してしまう。






ものすごく眠い。

ものすごくだるい。




少しだけ

横になろう。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





スポンサーサイト

切れは快感。吐けば安堵。手招きの憎悪。(卒業後・1)




もう。


言葉で表せないだるさが


ずっしりと
体に圧し掛かり



心は

ボキッと

折れてしまう。




ごくごく当たり前だろう

日々生活の中の動作に


その都度
苦労をしてる。




あとどれだけなら

歌えるの?

毎日思う。








近い
近い未来には

もう

すぐそこの未来には




思うようには
動けなく
歌えなくなるから




まだ

今よりは
動けていた
昨年までに



出来る限りの事を
しておきたいと

必死で

必死で

走る私の足を




ひたすら引っ張り


この足を止め

余計な
荷物ばかり背負わせ


私に
必要な大切なものを

次々と


壊して
奪って

逃げた奴らは


変わらずに
動ける体で

日々を暮らしてる。




その者を

私が

忘れる事は無い。



「同じ目に合えばいい」と


今でも
どこかで思ってる。



今でも
毎日私を苦しめるから


今でもそう思ってる。











「摂食障害」と
「自傷」と共に生きた

20年間 と

向き合って生きる事を始めた
この1 0年。



小学生の頃から始まった
摂食障害や自傷と

その中で
私がどう暮らしてきたか

記事として書き続けて居る。



これまでに綴ってきた記事は

「かてごり。」に
時代別に分けてあります。


振り返って読みたい方は

【】内を
クリック頂けると
ご覧頂 けます。


【「1・自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(小学生の 私)】
   ※4つの記事があります。

【2・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(中学生の 私)】
   ※7つの記事があります。

【3・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※11の記事があります。

【4・「自傷と共に生きて きた過程の始まりから。」(大学生の 私)】
   ※16の記事があります。













そろそろ

少しづつ

短大を卒業してからの
私の足跡を

書き出してゆかなきゃなと
考えている。



学生の頃と違って

学年ごとの
境目みたいなものが
なくなってしまうから



出来事の後先は

時に
曖昧に
なってしまうのだろうけど




卒業後

20代前半の私が
実際に生きてきた過程を

少しづつ
綴って在ろうと思う。



とても少しづつかも知れない。




私の心の形成に
大きく影響した

幼少期から
10代の頃を過ぎて



20代の私は

今の私の生き方を
大きく左右した
根っこでもあ るから



記憶を辿り
消化してゆく作業は



少しづつでしか
在れないかも知れない。





仕事環境の変化や

音楽への復帰

本気の恋愛

子供との別れ

自分の安売り

やけくそな異性関係

水商売への復帰




自傷と摂食障害と
共存しながら


自分で
想像もしていなかった未来が

そこには在った。




私の人生なんて


「ゴミ」だと


思った時代だった。













卒業式が終わり

当たり前だけど
もう
学校へ行く生活はなくなった。


同級生たちは
それぞれの人生を歩み始めた。




私は
アナウンサーの仕事をしながら


深夜の
ファミレスのバイトだけは
まだ続けてた。



仲の良い
深夜のバイトの
学生の人たちは


みんな
4年制の
学生さんばっかりだったから



バイトに行けば
まだそこでは
学生気分でも居られた。




週に4日程やったかな


夜10時から
深夜2時までバイトして

遅くまで店で話してたり
遊びに行ったりね



そこだけは
すごく気楽だった。




とは言え
私はもう学生ではない。



ファミレスのバイトで
家賃くらいは稼げても


生活費も必要だし

残ってる支払いも
まだまだ背負ってた。





アナウンサーの仕事は

短大に入ってから
とても順調だったけれど


基本的には
学生の私にでも出来る事で

ギャラは安い。


ずっとこのままだと

収入も厳しいけれど
仕事も減ってくるだろう。




新番組のオーディションも
また
マメに受け始めた。



ある時受けた
オーディションは

勤めてる会社の
新番組のアシスタント。




面接で


仕事内容とは関係ない


今まで
聞かれた事のない
質問が続いた。




「なぜひとり暮らしをしているの?」

「ご両親はどちらにお住まいなの?」

「どうしてご両親は離婚なさったの?」



家庭環境について
根掘り葉掘り聞かれた。


何かおかしかった。

どう考えてもおかしかった。





その理由は
すぐ後でわかった。


バレたんだ。


母と上司の関係が。


知られてしまったんだ。









たまらなく不安が増した。

怖くなった。

これからどうなるの?

また奪われるの?



そのオーディションは
当たり前のように落ちた。









不安が増えると

嘔吐が増す。


吐けば瞬間は
そこに安堵が在る。



予定の無い夜

部屋でひとり飲みながら
タバコをふかしてると


虚しさに締め付けられる。



腕を切れば血が流れて

灰皿に落としては眺めてる。




度々
ものすごい頭痛に襲われた。

床を転がるくらいに
痛くてたまらない。



痛み止めを飲んで

飲んで
飲んで

ものすごい力で

頭を押さえつける。



2時間ほどすると
とりあえず治まる。



今思えば
この頃には
もう体は
すこしづつ壊れていた。







続きはまた。













化粧品でも何でも

みんなが
どれだけ
良いって言ってても


自分に合わなければ

ただの不用品だ。




周りのみんなが

おいしいって
絶賛したって

私にとって不味ければ


そんなもの
欲しくなくて当然。



たくさんの物が
贅沢に溢れてる時代に

私達はそれぞれに

自分で選ぶ事が出来る。





良い人だよって

たくさんの人から聞いていても

自分はそう思えない事も
当たり前にあるし



どんなに考えてみても
理解出来ない
考えや
やり方を


飲み込めないのは当然の事。




合わないもんは合わないよ。


者でも
物でもね。




人も仕事も
環境も生き方も

合わんもんは合わん。




それは

自分で感じて決める事。




毎日は今
苦痛に溢れてる。



誰にも伝わらないだろう

傷みに溢れてる。


小さな動作のひとつひとつも

私には大きな苦痛。


どんなに求めても

伝わらない痛みは

ただただ孤独。




そんな中でも

こうして書いて在るのは


そうしなきゃ
今を生きれない事を

私が感じて
選んでるように思う。


だから

私は

こうして記事を書くんだと
思う。





こんなぶろぐでも

誰かに繋がって在れるなら

有難いと思う。












我が家の
大事な大事な


私の
子供のような

猫のぽんちゃん。



糖尿病と乳がんを抱えた
18歳のあばあちゃんの猫。



日々衰えて弱ってく。



最近は

後ろ足で
耳や耳の裏辺りを
掻く事が出来なくなった。



一生懸命
後ろ足で掻くんやけど

届かない。



痒いだろうに
自分ではもう掻けない。



気付いた時は
代わりに掻いてあげると

気持ち良さそうにしながら


それでも自分の足は

掻く時のように
ひょこひょこ動かしてる。





置いて逝かないでねって

毎日思う。




涼しくなって
ぶどうの箱でよく眠る。

3キロほどのちいちゃな体。



どうかまだ生きていてね。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。