❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

痛くて壊れてしまう日に。(高校生・1)




疲れ果てて居る。




このままじゃ

死ぬなって

真剣に考える位に

体へのダメージが
大き過ぎる。




本当の危機感ほど

誰にも伝わらない事は
もう知ってる。




「がんばれ」も
「踏ん張れ」も。



そこに込められた
愛情や
優しさを

自分なりに
有難く理解出来て居ても



ただただ
限界を超え過ぎた
体や心には


更に重たくなる時がある事も
私なりに理解して。



受け止め方を考える。










摂食障害と自傷。



共存して20年以上。





やっと

ほぼ
そこから抜け出して



これからの自分が
自分が背負う現実を
理解して受け入れて
迷わず歩いてゆく為にも



今月から

足跡を綴り始めた。






摂食障害と自傷を
始める事となった
小学生の頃からの事を



時々寄り道しながら
書き記して居る。






今。
とても辛いから。



今日は
続きを少し書こうと思う。



今日からは 高校生の私の記事。



小学生の頃からの記事を
振り返って読みたい方は


「かてごり。」内の

【「自傷と共に生きてきた過程 の始まりから。」(摂食障害・自傷の始まり)】

(【】内クリックで飛べます。)



ここに
小学生
中学生の私の記事を
置いています。














私は高校生になった。



レベル的には
真ん中くらい。

中の中か
中の上に近いか位の学校。


真面目な感じの学校。



中学は
悪くて有名な学校やったから
そのギャップに驚いた。



入学金やら
新しい制服やらだけは
親が段取りしてくれた。



家から学校まで
自転車で30分か40分か
それくらい離れてる。

家から遠いのがうれしかった。




中学よりも
校則もゆるくて

色の指定こそ在れど
靴下や
リボンや
少し自由な気がした。







高校になった途端に
また
母親の束縛が激しくなった。




家事は
全部私任せで
まともに家に居ないくせにね



帰ってきても夜遅くて

私の作ったごはん食べて

洗濯かごに
汚れた服入れて

私が洗ったお風呂入って。




私が寝てる間に
私の部屋を物色する。


机やタンスの引き出しや
鞄の中
ノートの全てのページ。


少しでも
男の気配が在れば
うるさく問いただす。



「コイツ病気やな」って
子供ながらに思った。





食べては吐く行為は
毎日に近くなった。


楽になるのは
吐いた直後だけ。




すぐに
ものすごい罪悪感に襲われて


全てが怖くなった。



切る回数は
この頃はちょっと減ってた。



歩きながら切る事は
この頃は 止まってた。




高校は
ちょっとだけわくわくもした。


2年生や3年生が
すっごい大人に見えてね

かっこいいなぁって
思ったよ。




同じ中学だった子は
数える程しかいなかったし

クラスにも いなかったし。




再び
やり直しのチャンスがきた訳だ。




私は 目立たないように
心掛けた。


中学で苦しんだからね。




クラブ活動もいっぱい選べて。



放送局の人に
言われてたから
放送部に入ったけど

掛け持ちOKやったし


出来れば

運動部のマネージャーも
やってみたかった。


野球部とか
バスケ部とか
サッカー部とかは
忙しいしね

もう
女子がたかってたんよ。
人気あるからね。



やっぱり無理かなぁと
思ってたら
同じクラスの女子が
声を掛けてくれたのが


水泳部のマネージャー。


まぁいいかって思って
一緒に入った。





そこから
高校生の私の恋も
始まるんだけど

また次にする。








私が

親の見てない学校の中で

今までになかった
ちょっとした憧れなんかを
育てながら


高校に通い始めた春。









家の中は
ますます在れていた。


夫婦喧嘩は激しさを増して。



父までも
時々帰ってこなくなった。




私と妹は
もう別れていいよって
親に言い続けてた。




母親は
別れたいって言った。


父はそれを拒絶した。





もう好きじゃないって
言われてんのに

まともに家にも居ないのに

小遣いひとつ
子供にも
旦那にも渡さないのに



なんで別れたくないのか


私にはわからなかった。




毎日のように
夜中に
両親の怒鳴り声が響いた。





家事は
全て私がしてるんだし


束縛して
抑圧して
やりたい放題の女なんか

居なくなった方が平和やろうに



なんで父は
そこまで執着してんのか

全く理解出来なくて
鬱陶しかった。








そんな頃。

父の長期出張が決まった。



父は
しばらく距離を置いて
取り戻そうと思ったんだろうか。



その間
母が
子供を洗脳しながら




着々と
離婚への準備をする事なんか
考えてなかったのかな。




そういうとこ
女はずるいし
かしこいし
怖いのに。




父が。

甘かったんやろね。









詳細は

また 次回。。
















7月が終わるね。




新しい仕事に就いて
やっと10日ほど。





既に
私の体は
限界を超えて居る。






糖尿病と
乳がんを背負った
18歳の愛猫 ぽんちゃんは

毎日のように
夜中
鳴いてうろうろする。


ものすごい声で鳴く。


近所迷惑やから
その度に起きて
なだめにゆく。




ずっと。

一気に3時間も
眠れていない。




細切れの仮眠しか
毎日出来ていない。




更にこの数日は
まともに食べてくれない。



このままやと
また
5月に起きたような
目の離せない状態になる。




毎日のように
買い足す缶詰は

開けては捨て
開けては捨て

日に10個ほど捨ててゆく。





そんな中
本業をしながら
週5日
1日5時間ほどを
新しい仕事に費やす。




まだ見習いやから
気の抜けない状態で
張り詰めて
立ちっ放しで過ごす。

5分の休憩もない。




新しい仕事内容と
全く見えない人間関係の中

ピリピリで過ごす。





帰り道で
タバコ1本だけ吸ったら
駆け足で帰宅して
ねこちゃんのお世話してから
本職をする。




足が痛くて
それよりも
腰が痛くてやばくなってきて。



眠れてないから
ふらふらする。






今日は新しい仕事が休みで
やっと通院した。



自転車こいでても
目眩して
おりて座って

やっと
自転車ついて歩いてる状態。




ドクターストップは
当たり前にかかって
持病の薬は
今日から倍になった。



朝から通院は3つ。


ねこちゃん看ながら

どんどん捨てるだけで
無くなってゆく缶詰
買いに行ったり

駅の自転車置き場に
契約に行ったり

定期の段取りしたり
本職の雑用したり。



休む事は
許されない環境が在る。





目眩がして
玄関で倒れた。



何度も出来てしまう腫瘍で
手術続けた顎をぶつけたら
全部終わり。




顔を庇えば
足や腕を強打して
あちこちアザだらけ。






何しとんだろうかと 思う。



えげつない
だるさの中で


全く
思い通りにいかん体に




心が折れて
涙がつらつらと
流れてく。





自分で選んだ仕事をして

それで
収入を与えて頂いて在る。


有難い事だ。

弱音吐いてる場合じゃない。


わかってるけど
潰れてしまう。





それでも逃げられない。

私の生活も
医療費も

大事なぽんちゃんの事も
家族の事も

背負うものは たくさん在って

自分で何とかするしか
ないんだから。






明日は朝からの勤務。


摂食障害が長過ぎた私は
まともに食べれない。



たくさんある薬の中で
毎日
3種類の胃薬を
病院から処方されて飲んでる。




それでも

しょっちゅう
消化不良起こして
吐き気で動けなくなる。



朝から
きちんと出勤する為には
前夜は
消化の良い物を
小鉢に少しくらいしか
夕食も食べられない。





そないしてまで
まともについてゆけない体が
悲しくて悔しい。










やさしい
有難い声
言葉

導きや応援


下さる人達に感謝いっぱい。






みんなそれぞれに
大変やろうに



気に掛けて
何かを残して
与えて下さる。



感謝いっぱいです。






そやけど。

今日は

もう
誰にも
想いを上手く伝えられないから。


ぶろぐのアップだけ。



ごめんね。




おやすみなさい。

また明日。








スポンサーサイト

毒を吐こう。壊れてしまうから。




イライラし過ぎて。



吐き気がする。






ぶつけるとこがなくて


心の中に

無理矢理押し込んで

閉じ込めようとしても



泣き出しそうになる。





が。



まぁ
私なりに


これくらいに
落っこちるだろう事は


もうさすがにね
十分予想をしていた。





で。

早速そうなってるから。





今月から
こつこつ書き綴ってる



摂食障害と
自傷

主にリストカットを知った

小学生の頃の頃からの
私の歴史は


今日は休憩。





寄り道するよ。




今日あたりから

高校生の私に
進むつもりやったけど





今日はね

今日のリアルな毒吐き。






こんな私にもね


愚痴言える人や
相談出来る人はね

ちゃんと
おってくれるんですよ。


親しい人も
頼れる人も。






けど。


そこに持ってく事じゃ
ない気がするから



私は
やっぱりここに書こぉッ。。








私ね。


今日までに
してきた仕事は


職種も数も
もう数え切れない。



堂々と言える事も
言えない事も

あらゆる事をして
生きてきた。








そんな私の
現在の本職は
創作陶芸作家。



陶芸歴はまだ10年。





芸術関係の学校に
行った訳でもなく




10年前

住んでた土地から逃げて
大阪に来たけれど


とうとう体が壊れきって
動けなくなって
歌えなくなって



右も左も
見事にわからん
何も知らん土地で



家と病院しか
わからん生活の中



リハビリ兼ねて
月に2回だけ

電車のって
陶芸教室に通い始めたのが
始まり。





20年の摂食障害から
脱出したくて
向き合い始めて。



食に関わる器を
この手で作る事を始めてみた。




小さくて
重たくて
不細工な茶碗や湯飲みを

マイペースに作りながら
2年が過ぎて。




もっと自由に挑戦したくなって。




1年間

電動ろくろを使って
本格的に作る事を習いに通い。



ろくろと
電気窯を購入して。



あとは独学で

作品を作っては
コンテストに応募して
いくつかの賞を獲得し



フリーマーケットから始めて

器店へ営業にまわり。



収入を得られるようになった。





自宅のマンションの
4畳半程の
いちばん狭い部屋をひとつ


工房として使い始めた。




そこで

ひとりで
全ての器を産み出す。




電気窯の温度は
1300度になる。


冷房設備は無い。



器ひとつに
2ヶ月をかける。




年間に産み出せる器は
500に満たない。




その8割は
夏に作られる。




昨年までは
夏の8月
1ヶ月を
器展開催に当てていたから


そこに合わせて
焼き続ける。






生まれつき
普通には動かない指で
土を練るには

肩に
首に

ものすごい負担を掛ける。




夜も眠れないくらい

鎮痛剤も効かないくらい

肩と首を痛めて。



それでも

注射と点滴に
毎日通いながら
5年間

器展を続けながら。






一昨年。

とんでもない事態が起きる。




月下陽香にはまって
通ってくれてた
大阪で音楽もやってる男性が

私の仕事に
大きな迷惑を掛けてくれる。


取り返しのつかない事を
しでかして
逃げた。


声がでかいだけで
心のない
調子乗りの
頭の弱い

はっきり言えば
やたら触りまくる
50も近い
スケベなバカ。




そのおかげで
仕事が1年間
まともにまわらなくなり



私の肩も
首も腕も


限界を超え過ぎていたし。




今後の事を
改めて考え始めた。




今の自分に
必要ない
者も物も

どんどん捨てながら

考えてきた。






私の体は

元々が虚弱体質で

長年の摂食障害もあり

普通に食べる事も
もう出来ないし


普通に暮らす事も
もう出来ない。



持病もあるから
毎日の薬は欠かせない。





陶芸は 続けてゆこう。

食の器を
これからも産み出して居たい。



でも
暮らしてゆくには厳しい。




出来れば
毎月の収入の為に


自分を押し殺す作業やなく

自由な創作を

今後やってゆきたい。








じゃぁ。

何で暮らしてく?







自分に問うて
見付けたひとつは


医療従事者に
なりたいって事やった。





私なんかがね

この歳で
この頭で

今からね


お医者さんや
薬剤師さんには
100%なれません(笑)


介護の仕事も
私の体じゃ出来ません。


こっちが介護されちゃうよ。






昨年末頃からは

プライベートの外出も
まともに出来なくなって



体調は
どんどん悪化してく中

作れる器の数も減り。


生活も圧迫し。


まわりのみんなは

今夜
遊ぶに行くお金も在れば

何よりも
そこに行ける体力が在るけど。



私には
それらがどんどんなくなって

まともに動けない毎日。




置いてきぼりの寂しさ
目一杯抱き締めて


通信教育で
ひとつ資格を取得した。





資格取得したところで

未経験やし

若くはないし

難しい事は覚悟しつつも
たまたま見付けた求人に
ダメ元で応募して。




採用が決まり。






そこで働かせて頂いて
やっと1週間。




本業あるし。



何よりも
病気のにゃんこ
ぽんちゃんのお世話があるし。



体も普通やないし。





でも。

がんばって慣れてゆけば

きっと
なんとかやってゆけるだろう

週5日
1日5時間弱の勤務。









もうね

1週間


めっちゃくちゃね

がんばってきてん。



ほんまにね

振り絞って
出し切って
踏ん張ってんねん。





そやけどね

やっぱり
体がついてこん訳よ。




平日に
1日休みがあるのに

通院すら出来ひんの。

体動けんの。





摂食障害とは

もう
ほとんど離れて暮らして居ても



消化機能がまともやなくて


すぐ消化不良起こして
吐いて動けなくなるから




夜の勤務の翌日が
朝の勤務なら


必ず出勤する為には

夕食も食べれない。





乳がんと
糖尿病を
小さな体で抱えてる
愛猫ぽんちゃんは


18歳のおばあちゃんで


毎夜
吠えるように
鳴いてうろうろ。



その度に
近所迷惑やから
起きて抱き締めてなだめて。




ほとんど眠れずに翌日が来て。




起きて。

本職を済ませてから

新しい職場に向かう。










体。

つらぁてつらぁて。




こうなる事くらい

わかってて
決めたんやけどね。





ほんまにね

辛い。









仕事はね

楽しいよ。



医療従事者として
働ける事


すごくうれしいし
しあわせに思う。




ええ歳こいた初心者を
あたたかく
迎え入れて下さった会社に

心から 感謝してる。




私の資格なんかは
通信で取得した
たったひとつ。

しかも未経験。



職場には

ふたつもみっつも

でっかい資格持って

それを活かして
毎日を役立てて過ごしてる
偉い先生方ばっか。



恵まれた環境の中で
きちんと努力して
得て来た人達だ。





毎日毎日

帰ってきてから勉強しないと
仕事に必要なやりとりにも
ついてゆけん。





「研修中」の名札ぶらさげて

もう
毎日毎日
ただただ必死。




何するにも
聞いて
確認して

明らかに

誰かの足を引っ張りながら



お金を貰ってる自分が
むかついて
たまらん。



ついていけてない体が

むかついてたまらん。






手の空いた時間も
ひとり黙々と復習しながら



先生たちの雑談に
入ってく余裕すら
欠片も無い。





嫌われてるかな・・

変な子が来たって
思われてないかな・・



そんな事
いっぱい思いながら


そこに参加するよりも

次に
誰にも聞かずに
こなせる私になる方が

私的には優先されるから


黙々と 復習をする。





でもね

人間関係を
円滑に上手くやってくには

それは間違いかも知れない。





そういうの
相変わらず
よくわかんないんだ。




必要以上に
気を遣い過ぎて

返って気を遣わせてしまう事が

私ってね

きっとよくあるんよ。




だから
どうすべきなんかなって


毎日ね

考える。




上手く馴染む事が

まず
いつも出来ない。





けどね

初心者の私が

まだ
他の人達の半分にも満たない時給やけどね

コンビニとかで
バイトするよりか
いい時給頂いて


ゼロから
育てて頂いてるんよね。



追い越せる未来は
100%ないけど



追い付いて
沿ってこなせるよに


早くなりたいんよね。







やから
踏ん張って
踏ん張って。




そやけど

環境も
体も

私には足りない。



いっつもそぉだ、



悲しいなぁ・・
苦しいなぁ・・
悔しいなぁ・・







まだ
負けてはないけどね。



明日も
笑って出勤出来るよに

準備します。











そうそう。

患者さんにね。

「いらっしゃいませ」って
言いそうになっては

ワンテンポ遅れて
「こんにちは」って言ったり



「ありがとうございました」やなくて

「お大事に」って言ったりね




それにはね

慣れてきたよ。






また1週間
始まるね。




自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡