❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キズグチに咲かせるイバラ。





ずっと。


生きて在る事に
喜びを
感じられなかった。


ずっと。

早く死にたかった。


この人生が
早く終われば良いと
思ってた。






ランキングに登録してから


それまで以上に

今までは
書いてこなかった事も

書き放つようになった。



誰が見ているかもわからない
ここに

言葉にして放つ作業は


自分の中に在る
『過程』を

ひとつひとつ
掘り起こし

向き合う事でもある。



楽では無い。


正直辛い時もある。


でも


今は
それをしてゆこうと
思ってる。


少しずつね。










そして。

これも
偏在な私の
過程のひとつ。


忘れられない
過程のひとつ。






自ら命を絶った

大切な人達が居た。



ひとりは
窓から
身を投げた。


私は
その時
現場に居たから


魂を手放した人間が
叩き潰れて

ただの肉のかたまりとなるのを


この目で見た。



心の
ものすごく深い所で

ものすごく静かに

絶望を感じた。





もうひとりは
首を吊った。


マンションの非常階段で
ぶら下がっているのを
発見された。


私が駆け付けた時には

警察の地下の
殺風景な冷たい安置室で
白い布をかけられて


横たわって居た。



こんなふうになるんだなって

すごく冷静に
見てた。


肌の冷たさは
触れなくても
伝わってきて

人形みたいだった。


泣かなきゃって
思った。


こういう時は
泣いた方が良いんやないかなって。


そんな事を考えた。


私は
少し泣いた。


その体が
焼かれて骨になる前に

触れておこうと
思ったけれど

この手は
それをしなかった。







私を含め

彼らとの関わりが深かった者ほど


心の中に
一生消えない無念を
植え付けられた。







どうすれば
すぐに死ねるか


もう知っているのに



私は

その後も

切り続け
焼き続け
吐き続けた。


自傷を繰り返し

摂食障害と共存した。





そこには
いつも

矛盾した感情が
在ったように


今は思う。




早く死にたくて
たまらないけど


それは
たった今

今すぐではなくて

少しだけ先に

そうなれる事を
望んで居たりも
したように思う。





摂食障害や
自傷行為は

生きる事へ
喜びを感じられず


先には
絶望を感じながら


それでも
どこかに
まだ執着を握り締めて


生き繋ぐ為に


繰り返す行為に


私は感じた。



愛が足りなくて


心のお腹がぺこぺこで


私の心の悲鳴は

私にしか
聞こえてなくて。



誰にも見せない
言えない痛みは


いつも歌になった。








月下陽香で

去年から
歌っている楽曲。


「キズグチイバラ-傷口茨-」




心の傷
体の傷に
痛みを噛み殺し
埋め込んだ種が

いつか
美しい花を
咲かせて欲しいと


そう想い


産み出した歌。





最近は思う。




心にも体にも
付いた傷
付けられた傷の


その傷口が癒える前に


どうかその傷口に


種をひとつ
埋め込んで欲しいと。




その種は

痛みも熟れも
吸い上げて

いつか必ず


自分の花を
咲かせるんだと。




その花が咲いた時に


この傷を受けたからこそ

咲かせる花を
感じた時に




傷みの形が
少し変わる。




傷みは
自信に形を変える。


その傷みが

必要であった事を


自分の心で

自然と感じられる。






自傷も
摂食障害も

未だ
完全に克服した訳でもない私が

言ったところで
説得力ないけどね。


そんなふうに
思ってる。






【キズグチイバラ-傷口茨-】


吹き付ける北風
重ね着をまとい
人並みを装い

愛が足りない‥

誰が殺した?

怯えてうずくまる
閉じ込めた痛みは
この体を巡る


暗闇に目を凝らせば
流れ星
届かぬと知りつつも
願い事

もつれたこの足が
飛び下りる前に


腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ
強く強く 咲いてくれ



注がれる陽射しに
少し手を伸ばし
ぬくもりを知れたなら
微笑みがこぼれた

何を失くした?
振り返り眺めた。
不足も武器にして
唇にのせよう


星空に手をかざせば
浮かぶ月
叶わぬと知りながら
願い事

無様でかまわない
生きて在る内に


爛れた傷痕に
植え付けたイバラ
強く強く 咲いてくれ



腫れ上がる傷口に
埋め込んだイバラ

痛みを噛み殺し
ツメを立て掻き分けて

熟れを吸い上げて
嘆きを渡らせて

強く強く 咲いてくれ
強く強く 咲いてくれ

艶やかに 咲いてくれ


    (詞・曲/月下陽香)







スポンサーサイト

出口の無い迷路の中で息をしていた時代の欠片。






両親の離婚で


私は父を選んだ。


そうだ。
選んだんだ。


最近
そう思うようになった。





けどこれは

私がまだ10代の頃の話ね。






父の方が好きだとか
そんな理由やなくて


母親の
束縛や抑圧から
離れられるから。


そうしたんだ。









両親の仲が
どんどん悪くなって


さすがに
今回は
修復も無理だろうと


子供ながらに
感じてた頃。




父親が単身赴任で
しばらく家をあけた。



その間は
母親が家に居た。



その時の母親は
優しかった。


私が覚えてる
最も母親が優しかった時。



ごはんも作ってくれた。


母親と私と妹で
食卓を囲んだ。



いつもいつも
聞かされた。



『お母さんは一生懸命やっているのに

お父さんが何もわかってくれないの』・・・




それまでも

母親から
父親の悪口は
散々聞いてきた。


セックスの事までも
聞かされてきた。




でも
それまでの悪口とは
ちょっと違った。



悪口って言うよりも



今考えてみれば


『私は悪くない』って

必死でアピールするような


悲劇を訴えるような言葉を


言うようになった。





私も妹も
一生懸命聞いた。



その時の母親は
優しくしてくれた。





私達は
母親の理解者で在ろうとした。



もう離婚した方がいいよって


母親に言った。








月に一度ほど

父親が帰ってきて。


その度に
私達姉妹を
買い物に連れ出してくれた。



それまで
そんな事なかったのに


私達に
洋服を買ってくれた。


私は
母親に悪い気がしながら


父親にも悪い気がして


何だかしんどかった。







父親は
1日とか2日とかで
赴任先に戻る。


再び
母親と姉妹
3人の生活になる。



ある日。


夕食を食べていた時に


母親が
話し始めた。



『お母さん
好きな人が出来たの』





その言葉が
耳に入って
頭に
心に落ちてきて


私は泣いた。


ぼろぼろっと
涙が出た。



そういう事か・・って

だから優しかったんやって。




その時

妹は黙ってた。



姉の私が
先に泣いてしまったから


泣けなかったんだ・・・




その『好きな人』は
私のバイト先の上司だった。








父親の赴任中
母親は
着々と準備してた。


今の私には
よくわかる。


女って
恐ろしいなぁと思う。





父は
離婚を拒んだ。


私は
両親の離婚が
うれしかった。


悲しいよりも
ほっとした。



母親は
一方的に

強引に
逃げるように出て行った。






妹が連れてかれた。




私が
母親についていこうと
しなかったからやと思う。


父と居ても
大変なのは
わかってたけど


もう
抑圧の中で
息を吸い続ける事だけは
出来ないと思った。










母親から離れても


私の自傷も
摂食障害も
治まる事無く続いた。


毎日の抑圧を与える人は
居なくなったはずやのに


私の中に
叩きこまれた
見えない抑圧は

私の中から
消えなくて


楽にはならなかった。


消えるどころか

憎悪へと
変わって行った。


自傷行為は
さらに増した。



その頃は

まさか
摂食障害や自傷が
20年以上も続くとは
思ってなかったし


そこまで続く前に
絶対に死ねると
思ってたよ。





その数年後


妹までもが
摂食障害になっていた事は


前回の記事に書いた。




私の家は
呪われてるんと違うやろうか。


本気で
そんな事も思った。



明日が見えなかった時代の
ほんの一部分。





こうなった原因は

一体何なのか

誰のせいなのか


何度も考えてきた。



その過程も

また
こうして書いてゆくね。














夕べは
少し出掛けた。



術後も少し落ち着いてるし


お世話になったお店と
お世話になるお店と
ごあいさつに行きたかった。


夕方から
ぽんちゃんの様子がおかしかったから


予定を半分に減らして

予定よりも遅くから
短い時間

行ってきた。


現地で
タイキさんと合流。


14日にお世話になる
我孫子の「ビートイン」さん。


セッションデーで
たくさんの人達が居て。


たくさん話して
たくさん飲んだ。


時間限られてるから必死ね。


最近ね
人見知りが少しマシなの。

初めての人と話すの
前より怖くない。



この前のライブに
ご来店下さった方も来ていて


帰り道は
タイキさんと陽を
家まで送って下さった。


車の中
ずっと話してた。



2週間
ほとんど喋ってなかったからかな。

ほんとに
たくさん話してた。





「ビートイン」さんはね


ステージも広めで
明るいお店です。


写真は
みなさまのセッション。
タイキさんも居るよ。



来月は
ここで歌います。

って言うか
芸をします。



マスターが
昔のジャニーズのスターみたいだよ。


ドリンクもフードも
全部500円。


自由にやってねって
言って下さってるので
楽しみです♪



★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜★─☆。o゜。★─☆。o゜。

■□■月下陽香次回の板芸■□■

2013年7月14日(日)

◆大阪あびこ『ビートイン』さんにて

18:00オープン 19:00スタート
チャージ1000円 (1ドリンク込)

出演:月下陽香&井上タイキ
/つばさなすさん/RUBY&LES・BOYSさん

◆『ビートイン』

大阪市住吉区我孫子2-1-3 第6TYビルB1
TEL 06-6607-0225

地下鉄御堂筋線あびこ駅②出口より 徒歩1分
(②番出口出てそのまままっすぐ
左側見ながらちょっと歩けば
看板が見えます。)

HP http://www.k4.dion.ne.jp/~wheel/

↑↑↑
このぶろぐのリンクからも 飛べます。

ご予約は不要ですが
ご来店頂けるみなさまは
「行くよぉ~」って ご連絡頂けると
陽の心の
励みと支えが増えます。

よろしくお願い致します。

★─☆。o゜。★─☆。o゜。★─☆。o゜★─☆。o゜。★─☆。o゜。






春に植えた朝顔が
どんどん伸びてる。


ツルを絡ませて


伸びては
絡ませて

葉を増やしてく。



たったひとつの種から

たくさんの花を
咲かせてくれる。



すごいなって
ものすごく思うんだ。








自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。