❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

克服を目指しても折れてしまいそうな日常に。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



シルバーウィークもおしまい。


仕事もしたけれど

旅と
休日も

自分に与えてあげられた数日だった。




こういう時ほど
必ず
何かが起きて来た
これまで。


必ず

このような
滅多に無い休息や

やっと手に入れた
自分には
特別で重要な外出やイベントなどは

何かに
誰かに
壊されたり
奪われたり
し続けて来た。


本当に見事に
絶対に
そうなり続けて来たから

人との関わりにも
不信が
ひたすらに育ち続けて居た。




今回は
大した問題も起きずに
数日を過ごせた。

こんなのは初めてかも知れない。



だけど
どこかで
そりゃそうなるだろうとも考える。


人とも
極力関わって居ないし

ネット環境も
必要最低限しか
触れて居ないし

電話もメールもそう。



関わりから
徹底して離れて過ごす事を
選んで実行して居たから
静かに過ごせたのかも知れないよね。



私の中には
いくつもの私が居る。


大勢の中で
過ごしたい私も居るけれど


今の私には

静けさの方がきっと必要。


ずっとずっと
求めて来た感覚だから。




でも
今日からまた現実。


連休明けの今日は
複数の通院からスタート。


明日からは
出勤も
しっかり詰め込みのシフトになって居る。


また
5時半起床で働きながら

本業も家事も通院も
続けてく毎日が戻って来る。





交通事故後の身体の痛みは
未だ共存したまま。


もう
1ヶ月以上も前なのに

まだ
こんなにも痛くて

歩行が辛い事は


不安を育ててしまう。



いつまで
私は

痛みを感じながら

それを我慢しながら

小走りも出来ずに

びっこ引いて
毎日を過ごさなきゃいけないのかな…



元に戻りたいだけなのに
それも叶わないまま
また
今日から暫くは
休日どころじゃないね。





「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック




このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】





休の始まりに

1泊2日だけ
自分にあげた小さな旅。


それについては
前々回から書いて居て
前回は初日の出来事を記した。

【摂食に障害を知る脳を持ってしまいながらの。(2015.9.21)】

【育たない心を植え付けられた者の1人として。(2015.9.22)】


今日は
2日目の出来事を少し書いておくね。






早起きをして
支度を整えて
チェックアウト。


ホテルの最寄り駅に
荷物を預けてから
お参りに向かった。


以前来た時には
行かなかった方向から行く事にした。


早朝から
沢山の人達が歩いて居た。



とても手入れの行き届いた
広い境内。


あちこちの立派な木々にも
参拝客は
立ち止まり
手を当てて祈って居た。


目には見えないチカラを
頂いてるんだろうね。





私も触れてみた。


触れると
その立派さに驚いた。

すごいなって思った。



ぐるっと歩いて参拝をしてから
バスに乗って移動したら

約10年前にも訪れた場所へ向かった。



何も食べて居なかったので
そこでコロッケをひとつ買い食い。


お腹が満ちたので
橋を渡り参拝。



川はいいなぁ…


京都に行った時も
鴨川沿いが
すっごくしあわせな気持ちになれた。

川の流れって
気持ちが落ち付く。





参拝を済ませた後は
近くの横町へ。


少し食べたり
お土産を買ったり。


観光客の多さに
かなり疲れて
長居は出来ず。



バスに乗り
駅まで戻り
荷物を持って
前日に行った駅まで向かった。



前日目指した場所の近く。


船に乗って島に渡った。

島では
砂浜を歩いて
イルカのショーを観てきた。





その後は
本土に戻り夕食。


この度一番の贅沢をした。

絶対食べるって決めて居た
伊勢海老。

しっかり食べて来た。








行きの電車では
窓の外の田舎の景色を観てた。


空が広くて
田んぼが広くて

稲刈りをしてたり

彼岸花は
あちこちに咲いて居る景色を


ずっと観てた。



帰りはもう暗くて。


窓の外よりも
窓ガラスに映る
自分の姿の方が見やすいような状況で。



缶ビール飲みながら

あっという間だった2日間を
振り返ってた。





旅の翌日は
自宅で静かに過ごして
翌々日は納品。


そして昨日は
ギタリストさんと少し出掛けて

私のシルバーウィークはおしまい。





外は強い風雨。


通院してこよう。

今日からまだどっぷりと現実。




9月も
残りは1週間も無い。

今年も
あと3ヶ月程になってしまった。






ステージには


いつ立てるんだろう…。

ね。




どうしても
毎日には
辛い事の方が多いと言うのが

この何年かの
私の現実。



せっかく過ごした休息を
無駄にしないようにしなきゃね。





この旅で

いろんな事を感じたり考えたりしたけど

一番感じる事が出来たのは
食べる楽しみだったかな…。



一生懸命食べて

お腹は痛くもなったけど

吐き気に襲われる事は無かったし

おいしいなって思って
食べれて

それは本当にすごく嬉しかった。




大阪で暮らす日常でも
私には
毎日が
今でも

摂食障害と
自傷癖の

完全な克服を目指す為の


闘いや
訓練や
練習や
勉強の

体験の繰り返し。



だけど
日々の苦痛に
負けそうになる事も多々。



そんな中での
非日常的な時間と


そこで得た
食は

とても

精神にも身体にも
良い体験になったと感じてる。





今日の練習はどうなるかなぁ…


お天気

すごく荒れ模様。。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




スポンサーサイト

育たない心を植え付けられた者の1人として。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆





シルバーウィークの始まりに
一泊だけ
自分に
ご褒美の小さな旅をあげた。



ずっと

もう一度行きたいと
思って居た場所。





このブログの中で
過程を綴りながら

そこにも書いて来たが



嘗て

結婚と言う契約に
恵まれた事が在る。



でも
私の結婚は
穏やかでは無かった。



お相手の家族には
全く歓迎もされなかったし


今だから
はっきり言えば


とても粗末に扱われての
嫁入りだったなぁと

申し訳ないが思う。



当時は
私なんかは
そんなもんだろうなと


無理矢理
飲み込んでもみたけれど


今になって思えば
残念な事は多々在る。



でも。


それが
私の選んだ結婚だったし


大事なのは
お相手の家族では無くて
私とお相手。

当人同士なのだから


そこがしっかりして居れば
問題ないと
今は思う。




私の場合は


私も
お相手も

共に

家族には恵まれて居なかったから


基本的に
帰れる場所を持っては居らず


そんな私達が
日々を支え合うのは

相手の家族では無く
お互いでしかないのだから


ふたりさえ
想い合って居れば良いと言うのが


私の考えと

先にはなって行った。




静かに籍を入れただけ。


挙式もして居ない。


新婚旅行もして居ない。



大きな貯蓄も無かったし
親が
させてくれるような家庭でも
なかったしね。





コツコツとお金を溜めて

後々に
写真だけは写した。

ひらひらふわふわのウエディングと
ピンク色のドレスを着て
写真は写して置いた。



あと。


一泊だけ旅行をした。



当時は
3匹の猫たちも居たし
予算も少しだったから
一泊だけ。



その時に行った場所に
もう一度行きたいと
ずっと思ってた。





私なりにだけど

すごくすごく頑張って来た。

これでもね。

めっちゃ頑張ってみた。


我慢いっぱい続けて
頑張って頑張って。



我慢して
我慢して
我慢して。



やっと

摂食障害と
自傷癖からも

距離を置き始めて。



やっとそこまで来たのに


失ったものの方が
既に
遥かに
多くて大きくて。



もう
使い果たしながらも
逃げる場所も無くて
命を削るように留まって。



そんな中で
愛おしい命を看取り

毎日は
とてもとても寂しくなって。




それでも
押し殺して
日々生きてみたけれど


我慢し過ぎた気持ちは

プツリと

途切れてしまった


気がしてた。




正直な気持ちを言えば

本当に
もう
人が嫌だとも思ってた。



僅か数人
ほんの2人とか3人とか
それ以外の人達は
信じる事も出来なくなってきていた。




結局は

私を傷付ける。

奪ってくと

思えて
仕方なくもなってしまった。





現実から離れて
穏やかに過ごせる時間が欲しいと

何よりも欲しいと

物凄く思って。



そこに行こうと思って


一生懸命目指したら
今度は交通事故。





もう駄目だった。


心が
限界を超え過ぎて居た。


だから行った。


ずっとずっと。


もう一度行きたかった場所。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック




このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






現地では
いくつかの場所を巡った。


中でも
1日目に
ホテルにも寄らずに直行した場所は

一番行きたかった場所だった。



電車を降りてから
海の見える道を歩いた。


少し歩けば到着。


幸い
その日は混んでは居なかった。





到着と同時に始まったのは
セイウチのショー。

興味なかったはずなのに
観てはまった。



可愛くて面白い。


ショーを進行する
飼育員の
お姉さんとお兄さんが


物凄く素晴らしかった。



ショーの後は
セイウチが
客席まで回って来てくれる。


触らせてくれるのね。



これは触っておかないと後悔するって

思って
タッチした。



ぎゅっと
肉が詰まったような弾力と
ひやっとした体温と
べちょっと濡れた固い毛皮と
生臭さ。


満喫してしまった。





お目当てはマナティだった。


約10年程前に観てから
記憶して居た感じとは
かなり違って見えた。


自分の記憶の曖昧さが残念だった。


でも

雰囲気は一致してた。



巨大な身体で
あまり動かなくて。



たまに
息継に
水上に上がってゆく。




水底で
死体のように動かない。

不思議な生き物だ。



かなり長い時間観てた。



自分で食べに行けない子が居るみたいで
飼育員さんが直接与えてた。





お目当てではなかったのに
はまったのは

アザラシ。




何頭もが
勢いよく泳ぎ回って居る中で

1頭だけ


一か所で
ずっと立ち泳ぎしてた。



良く見ると
上から僅かに水滴が落ちてきていて
それが当たる位置で
立ち泳ぎをしてるみたいだった。



疲れるのか
暫くすると
少し泳ぎに行くのだけれど


また戻って来て
同じ場所で立ち泳ぎ。





同じ水槽の中には
もう1頭
個性的な子が居て


その子は
ずっと
隅っこで逆立ちをして居て


それもおかしいのだけれど

それ以上に
立ち泳ぎは
面白くて可愛くて



そこだけで
何十分居たか
わからない位だった。



その横に居た
ゴマフアザラシも面白かった。


愛嬌が在って可愛くて。

個性豊かなんだよね。





ここにはジュゴンも居る。


以前に来た時には
2頭居たのにね。


今は1頭だけ。





全部じっくりと観て回って。


少し休憩して。



ジュゴンと
マナティと
アザラシには
再び会いに行った。


座り込んで
じーっと観てた。




そこで
5~6時間は滞在してた。

だって
約10年振りの
焦がれた場所だったからね。

身体の限界まで
居座ってた感じだった。





これまでの人生よりも
これからの人生は
短いのだし


身辺は
どんどん整理して

死後に
備えてゆかなくてはいけないと


とても考えるようになった。




だから


少し前までは

ぬいぐるみや
玩具を
沢山買ったりして
持って居たけれど


もう増やさないでおこうと思って

自分では
買わなくなって居たのだけれど。




この旅で

食事以外に
ひとつだけ
自分にプレゼントをした。



手の平に
ちょこんと乗っかる
セイウチのぬいぐるみ。


あともうひとつ。


1000円で
記念写真を写して貰った。



写りはイマイチ(笑)



まささんが
いつも写して下さる
月下陽香の写真の方が
ずっとずっと
自然でキレイで印象的。


だけど記念に残しておいた。





2日目は
細切れにいくつか回ったけれど 


朝早く出発して向かった初日は
夕方までここに居てから
チェックインして
少しの散歩と夕食をした。


2日目の事は次に書こうかな…







この10年間で
2回目の
一泊二日の旅。



行って良かったと
とっても思ってる。



私には
こういうのは
本当に滅多に無いから。


時間も身体もお金も必要な
こういう時間は
余程の事が無ければ
手に入らないものだから。



事故後の痛みは
鎮痛剤を飲んでも
感じながらの

ゆっくり歩行での旅だったけど


行って良かった。







親には
育てては貰えなかった私の心は 


こうして


とてもとても

少しずつ


自力で
見たり感じたりしながら 


考えて

巡らせて


やっと
少しだけの成長を



うんざりする位に
繰り返しても

人並みには遠いのだろう。



自分の中に在る

育たないままの精神の形が


最近
やっと
とてもよくわかるように思う。




だから私は
私の中のイ
ンナーチャイルド(アダルトチルドレン)と
向き合って日々を過ごす。



その中での
この2日間は


良い刺激で在ったと


思えるんだ。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




摂食に障害を知る脳を持ってしまいながらの。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆





今日は2015年の9月21日。


18日の夜にチェックして以来
今日まで
つい先ほどまで
パソコンに触れなかった。


スマホも

カメラと
地図や乗り換えのアプリを使っただけ。



カメラだけは沢山使った。

それ以外は使わない。

メールも読まなかった。
届かない設定にしてた。


そんな2日と半日位。



大阪を
離れて過ごしてきた。




歩行は
相変わらずキツイまんま。


杖を持って行くべきか
悩むような状態だったけれど
行く事は決めて居た。



交通事故に遭わなければ
先月に行く予定だった
行きたかった場所。



頑張って頑張って
日々を過ごして

やっと
10年振りに

たった1泊だけして
行こうと目指して居た場所。



車に当てられてしまって
先月から
激痛と共に過ごして

それでも必死で働いて。



悔しさや
苛立ちや
悲しみを

いっぱいに感じながら


1ヶ月先になったけれど

絶対に行くんだと
目指して準備してきた。




まだ
事故後の治療も続く。

痛みとの共存も続く。



持病のケアだけでは無くて
余分な痛みとも付き合いながら

毎日頑張らなくてはいけないんだ。



またもう少し頑張れるように
非日常のご褒美の2日間を
自分にプレゼントした。



たった1泊の超プチ旅行。


そんな事も
私には
この10年間では
今回で2回目。


誰かが与えてくれる事も無ければ
ちょくちょくと
決行できるような環境も持って居ないから


とっても貴重な
嬉しい時間だった。



沢山写真を写したから

今日から
数回に分けて載せるね。


見て貰えたら嬉しいな。。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック



このカテゴリに含まれる記事も
少しづつ書いて居る。

【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






出勤日と変わらない5時半に起きて
準備をして出掛けた。


お天気に恵まれた事は
出発からの気持ちも上げてくれた。




歩くのはゆっくり。

痛みを感じながらのゆっくり。


いつも以上に
シップもサポーターもきっちりして

鎮痛剤も飲んで

それでも
我慢しながらのゆっくり。


それでも

楽しく向かったのは
海の見える場所。




ホテルは小さなビジネスホテル。

あちこちに
温泉旅館も立ち並ぶ観光地。


豪華な宿も良いのだろうけれど

そう言う所で
コース料理付き
とかにしたって


私はどうせ食べ切れないし

他の物も
食べられなくなっちゃうしね。




宿は寝床にするだけで良かった。

それよりも

宿の外で過ごす時間に
こだわって居た。



だから
出来るだけ安い
ビジネスホテルを選んだ。


朝食も付けない
寝るだけのホテル。





現地に着いてからは
一番行きたかった場所の
最寄り駅へ直行して
駅に荷物を預けてそこへ向かった。



そこで写した写真は
とっても沢山在って
可愛らしいのも在るんだ。


また次回にでも載せるね。



そこで夕方まで過ごしてから
電車でホテル近くの駅へ向かい

チェックインして
すこし休憩したら
近辺をうろうろ。


夕食を食べる場所を探して歩いた。


食の目的は海の幸。





夕食後は
ホテルに戻り
シャワーを浴びて
少し飲んだら寝落ちた。


数回目覚めながら翌朝を迎え

チェックアウト後は
2日目の目的地を目指した。


2日目は
お参りと
少しの買い物。


そして
また海を見て。

食事をして。


日が暮れて大阪へ帰った。








自分の為に過ごしたいなぁと
思ってた2日間。



ほとんどを
自分のペースだけで
過ごす事に専念した。


出掛ける事も
2人にしか言ってなかったし


出先で
誰かのブログを見たりする事も
今回はしなかった。



ツイッターもしなかった。

写真いっぱい写しても
ネット環境とは離れた
リアル時間だけを

直接に感じながら過ごしてた。




いつもいつも

私の
本当に
大切に待ち侘びた休息は


何かに
誰かに
奪われてしまうから

壊されて
潰されてしまうから



今回は
徹底して

自分の
今だけを

守るように過ごしてた。




この数年の私に
一番必要に感じてたのは


何の邪魔も入らない
自由な時間だと


ずっと
感じて求めて来たから。





2日間の全部が非日常。


まず
海が沢山見れる事がそうだし


仕事も家事もしなくて良い。


人の顔色も窺わない。



見知らぬ人達に
迷惑さえ掛けなければ
後は自由。




食に関しては
今回は
とっても贅沢をした。


食べたいって思ってた物を
高くても食べた。

普段なら
値段見たら
絶対に食べないような物も食べた。


私の金銭感覚では
人には使っても
自分の一食には
絶対に使わないだろう金額。


それでも思い切って食べた。


食べる事に
目一杯贅沢して
身体中で吸収して
目一杯
感じてみようって

思ったから。


掛けてた生命保険の満期も在って
ちょっと小銭も入る予定だったしね(笑)


また
頑張って働いて

食べられる生活を
過ごせるように


努力重ねていこうって


自分に言いながらの贅沢をした。







約30年もの年月

摂食障害と共存した私には
こんなのは初体験。

これは
して良かったと
今回
とても思えた体験になった。






今日は物凄く足が痛い。
遊んできたんだから仕方ないね。


今日も
大好きな人達のブログだけはチェックしたら
極力ネットから離れて

静かに
家事をして
身体を休めて。


明日の納品に行ける身体を
準備しよう。



非日常はおしまい。

現実に戻らなきゃ。


連休中は通院できないから
自分でのケアも
ちゃんとしなきゃね。







観光客が沢山居た。

私もそのひとり。


沢山の人達の中に居ると
色々思う。



この中の何人が

食べる事への

障害を
抱えて在るのだろう。



美味しそうに

楽しそうに

飲み食いしてる人達を
沢山見た。

沢山沢山。



どうして
そんなに
当たり前のように

楽しんで在れるんだろう。




食べる事を楽しもうと


意識して
頑張って

感じて

過ごしてる


私の目に映る沢山の人達には


それらが
全て
自然な現象なんだろうなと

思ってた。







★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*







心の手が繋げたら‥。



GWやね。


みなさま

楽しく過ごしてはりますか?




陽は

この連休中


まず
いちばんに


苦痛になるほどの我慢を
放棄する事に
決めました。


人の言動に

背負わされたり
傷付けられたり


これ以上
繰り返されたら


死んでしまうと


本気で考えていた数ヶ月。



傷痕も
増やしてしまった‥



このままじゃ
自分を消してしまいそうで


限界を
超え過ぎてしまったから



我慢して我慢して

飲み込んで

背負って

庇って

奪われて



そんな現実から
きっぱりと距離を置いて



歩いたり
お話したり
笑ったり


そういう時間を
選んで

過ごしてる。



パソコンも
ほとんど触ってなくて。

mixiとかも
触ってなくて。



こうして
携帯から

ぶろぐ記事をアップしてるのと


「陽おふぃしゃるさいと。」だけは
編集はしたけど。



あとは


今日をリアルに
共に過ごしてくれはる人達との


目の前の
楽しみや感謝を


一生懸命
大切に
抱き締めて


過ごしてる。




『心のケア』。



失くしてしまったもの

ちゃんと探してみたいんだ。







あんまり遠くに行ったり

そういうのは

体が難しい。


けど

お仲間さん達が

大事にしてくれはってね。



約束をくれたり

誘い出してくれたり



奈良や名古屋から

ごはんに連れてってあげるよって

それだけの為に
出てきてくれたり。



毎日
誰かと
何かをしながら。




久しぶりに

何だか
食事がおいしかったり

眠りが深かったりも
してるよ。





大阪に来てから


やっと動ける
歌える体になって

まだ3年ほど。


考えてみれば
まだ大阪も
あんまし知らない。




この連休


知らなかった大阪を


教えて貰ぉたりも
しとる。




初めての路線や
初めての駅や

初めての土地


初めての道
初めての店


お日さまの光や
風を感じながら



色んな初めてが
いっぱい。



真剣な話も

他愛ない話も

たくさんたくさん
しながらね。


恋愛成就の神さまにも
お参りしてしもぉた。。


何をしたいねん?って
感じやね(笑)







今日の写真は


大阪。



高所恐怖症のくせにね

観覧車に
乗せて貰ってん。


ちょっと怖かったけど


何だかドキドキして
わくわくした。



こんな時間

どれくらいぶりやったかね‥




いつもより

月に近付いた気がした。






月に近付いたと言えば。。


和歌山の
大好きな唄い人
DORAneCOさんが
ブログに書いてはりました。


明日は
月が一番近付く夜
なんやって。




シオンの歌に
「月が一番近づいた夜」って
歌があるんね。



だから

陽の
企画ライブは
「月が一番近づいた夜」って
タイトルにしてる。



6月には
また
誕生日が来て。


その日に
2回目の
「月が一番近づいた夜」
開催。





連休明けたら
また
お知らせしなきゃね。





リクエストも多いし


どうしても残したくない部分
カット出来そうやから


連休明けたら

ワンマンライブショーのフルバージョンも

時間作って
YouTubeアップするね。





7月以降の
活動も
考えていけたら良いなぁ‥



去年夏のレコ発以来

ライブ増やしたりで


練習時間も限られてたから


プレイヤーさん募集も
一時ストップしてたけど‥



月下陽香は

色んな形でお届けしてゆきたい

ソロ活動やからね



このままやと
バンドとの違いが
ややこしくなってしまうみたいやし


陽のやりたい表現や

お客さまに注ぎたい形は


まだまだあるし。



人生晒した楽曲や

月下陽香に


甘えや
逃げや言い訳をしないで


もっと幅を広げて
きちんと育ててゆきたいから


現プレイヤーさんにも
お世話になりながらやけど


新たに
プレイヤーさん募集も
また
復活です。








まだ
連休は
あと2日残ってる。



この残り2日


何をして
過ごせるのかな。。



たくさん
笑って

心静かに
穏やかに


過ごせますように。。



あたたかい手。




ネットラジオ
陽の「あかずの扉」

第35話は
本日よりオンエアスタート☆

よろしくお願い致しますm(_ _)m

http://pithecan.com/

あとね。

前回のぶろぐにも書いてますがぁ。。

ここのぶろぐのリンクからも飛べる
仲良くしてくださってる
まささんが
10月29日のライブレポートを
書いて下さってるんです♪

写真いっぱぃで書いてくれたん☆

是非是非
ご覧下さいね。

リンクから
まささんのブログ「風を感じて」にGOです~♪



和歌山遠征翌日から

手の具合はイマイチ過ぎて

土が練れないまんま。。

んでも
何だか
ちょこっとずつ復活☆


今日はね。

またまた秋の遠足に
行ってきたよぉ♪~

秋の遠足みっつ目☆☆☆


行ってきたと言うより‥

車で連れてって頂いたので

らくちんして
行きたかったとこに
行く事が出来ましたぁ♪


写真のぱんだくんは
そこで発見★


カエルさんも
ふくろうさんも
たぬきさんも
ねこさんも

へびも
スニーカーも

柿も
ねじねじくんも
恐竜も

白やぎゆきちゃんも
ヨーゼフも

そこには
居てくれはりました。


さて?

どこでしょぉ~??



今年はね。

色んな所に行けて
幸せやなぁと思います。

大好きな人達と
初めての場所や
初めての経験を知れて


ほんとに
幸せやなぁと思います。

優しさに
調子こぃて甘え過ぎんよに
言い聞かせながらも

結局甘えてばっかし。。

幸せやと思う。



心は充電は
かなりいぃ感じ☆


体もケアして
10日後には
次のライブだッ♪




また
詳細は
改めてご報告しますがぁ。。

★11月20日は
西宮の「Penguin」さんにて。

SHOさんの企画
「えべっサンデー」

★11月23日は
いつもお世話になってる
東心斎橋の「ドアーズインヘブン」さんにて。

★11月27日は
初めてお邪魔する
アメ村「ロージー」さんにて。


出演させて頂きますm(_ _)m


最近結構へたれてる陽‥

ギタリストはNOBUさんが
全部助けて下さいます。


よろしくお願い致しますm(_ _)m




急に寒くなったね。

なかなか辛いもんだッ。。


今年もあと
2ヶ月ないんやもんね。

そりゃ
寒くならんとね。


みなさま
ぬくぬくにして下さいね。


体もやけど
心のぬくぬくは
とっても大事。


優しい人に会うと
改めて知れたりする。


心も体も
風邪ひかないよに

ぬくぬくにして下さいm(_ _)m

我慢の重ね着をしない一時へ。

今日は
mixiにはアップしなぃ記事。


毒吐くから
mixiには書かない
陽によくある
パターンやなくて。


mixiにまで
アップしなくて良いかなって
思う感じなんよね。



今日も朝から
頑張って作陶した。

夕方からは
ちょぃとお出掛けする。


大阪に来てから
陽は毎年
この時期
とある場所へ
同じ人達とつるんで
出掛ける約束がある。


毎年って言っても
体調やお仕事や
おうちの事情もあるから

陽はまだ
数えられるくらぃの参加。


今の体調考えたら
今年はどうしようか
ギリギリまで悩んだけど

行ってこよぉ思ぉて。



とにかく
ひとつひとつ
気を遣いながら
言葉にしなくても

ちゃんと受け入れて
対応してくれる人達。


陽が今
抱えてる大変な事にも

必ず
具体的な意見や
助けをくれる人達。


何だか安心するんだ。



沢山歩かなくても良いように

途中までは
車で向かう。


その後
少し電車に乗って

ちょっと頑張って
歩いて。


集合して飲む。

陽は
この時の
おつまみ担当。

重たくないから
持てるしね。



んで。

二次会(?)で
居酒屋寄って
帰ってくる。



陽は

過去の
長い年月の摂食障害から

今でも
いっぺんに沢山の量を食べれない。


アルコールは大好きやから
勿論飲むけど

それでも
男子以上の量を
飲める訳でも無い。


人と食べに行くと

残すのは辛いし

でも
沢山は食べられないから

めちゃくちゃ気ぃ遣って
自分からは
料理注文しなかったりする。


大勢で居酒屋とか行っても
ひとつくらぃは言うけど
基本ほとんど言わない。


こんな時
適当に注文してくれるよな人が
居てくれると
うれしぃね。


自分が食べれる分だけ
ちょっとずつ
頂く事が出来るでしょ?


そうでないと
結局
ろくに食べずに飲んで
しんどぃお酒に
なってしまったりする事が
よくあるんやけど。


毎年ご一緒する人達は
そういうのが
めちゃくちゃ楽なんね。


その中の
誰かとふたりで行く時でも

みんなで行く時でも

だーっと
適当に頼んでくれて

陽の食べたい物も
必ず聞いてくれて。


お会計になると
みんなと同じくらぃ飲んでも
少ししか食べれないのを
わかってくれてて

「陽ちゃんは飲み代だけね」って。

「少しずつ頑張って
もっと食べれるようになったら
同じだけ貰うよ」って

言ってくれて。



うれしぃなぁって思う。


払うお金が
どうこうやなくて


普通に食べれる人達の中に入って

陽は陽で
自然に食事出来るのが

めちゃくちゃうれしぃし
楽しいの。


人とごはんするのって
楽しいなぁって
めちゃくちゃ思わせてくれる。


この人達と
ごはんするのは
いつもすごく
気持ちが楽で

とにかくうれしぃ。


楽しくて
いっつもよりも
ちょっと沢山食べれたりもするんだぁ。。

みんな
きれぃに
おいしそうに食べるしね。



そんな人って
そんなには
居ないんだろぉなって
よく思う。



だから
集まって
まず飲む時のおつまみは
みんなの分
作ってくんだ。

陽なりの
お返し。




色んな人達と
ごはん行ったり
飲みに行ったり
させて頂くけど‥

多くを語らなくても
理解をくれて
接してくれる人に会えると

有難いなぁって
思うね。




最近
辛い事
いっぱぃ続くし

しんどぃ事
いっぱぃ在りすぎてるし。

考え事ばっかしで
あんまし
笑えてない感じやけぇ。




一瞬でも

嫌な事忘れて
過ごせたらいぃな。。

今夜は
毒吐かなくても
眠れたら
いぃな‥

優しい時間。現実逃避の一時。

数ヶ月振りの
1日だけのオフ。

にゃんこと
引きこもる気満々やったけど‥


4時間位だけ
外で過ごしてきた。


留守電のメッセージ聞いて

少し出掛けたくなった。


約束の時間より
必ず10分
遅れてお迎えに来てくれはる。


おうちへお迎え来る時は必ず

どこかで時間潰してでも
今着いたばっかしみたく
少し遅れて来てくれはる。


こんな細かな気遣いを
してくれる男性を
私は他に知らない。


とにかく細かな人。


陽が何色の服を着て行っても
一緒に居て
おかしくないよぉに

自分の方が目立たないようにって
シンプルな服装を選んで
着て来てくれたりする。



買い物しても
荷物は必ず
丁寧に持ってくれるけど

ハンドバッグまでは
持たないで居てくれたりする。


飲食店で
大声で話したりとか
まずしない。

物静かで賢くて
落ち着いていて。

ちゃんとまわりを
見てる人。


お酒はほとんど飲まないのに

何時間でも
陽の気の済むまで
飲ませてくれたりする。


いつも
陽の少しだけ前を
歩いてくれて。

背高いなぁ‥って思いながら

肩を眺めながら

その後ろを
着いてくのが
すごく好きだ。


日々には存在しない
ときめきみたぃな気持ちを

一瞬思い出させてくれたりしてね。


陽なんかでも
お姫様扱いしてくれたりするんね。


体や心
時間やお金

人と会う時には
当たり前に
色んなものが必要。

いつもちょっと無理しなきゃ
いけないし

それって
会ってる相手は
まず気付かない。


けど

そのどれも
何も
考えずに居られる
時間をくれる
王子様みたぃな人。


色んな人に出会ってきたけど
こんな人は
他に居ないやぁ‥



もちろん
恋愛関係でも無ければ
対象でも無い。

お互いにね。


だけど
大好きな人。


たまには
色気のありそな
記事を書いても
いぃやんね。


mixiには書けんけど。。



頑張った御褒美に
彼が
ランチに引っ張り出してくれて

だらだらと
2時間ちょぃ

食べるって言うより飲ませてもらって。

懐かしいお話して。

おうちまで
送り届けてもらって。


涼しいお部屋で
にゃんこところころ。


こうしてぶろぐ書いて。


また携帯は
しばらくオフとなる訳です。




たまぁーにしか会えない

たまぁーに大阪まで
会いにきてくれる

その人との出会いは

大阪に来て1年が過ぎた頃。


歌も失って
毎日毎日
病院で過ごしてた頃。


陽は
同じ病気だった
彼の奥さんと仲良しになって。

彼の奥さんは
性格が似てて
すごく気が合ってね。


奥さんが亡くなった今も

陽はこうして
たまぁーに
彼と会って。


近況報告や
亡き奥さんのお話を
ふたりでしてる。


陽は
生き延びてしまったから

まだ
生きて在る内に
形残して
伝えてかなきゃ
いけないんやと思う。

知らぬ町。知らぬ人。動ける限り。

先日さぁ。。

今年初めて
蚊に刺されたよぉ。


私が蚊に刺されるのは
年に2~3ヶ所位。


不味いんやろね。



おうちで
ソファに座ってたら

ぷぅ~ん‥って聞こえて。


ふらふらぁ~っと
超頼りなく飛んでる蚊を発見。


どぐさい私が
簡単に
一発で仕留め

手の平を見れば
赤い血。


左腕には
ちょっと痒い
赤いぽっちがひとつ。



どうやら
この世の最期に

私の血を吸い

私に殺められたご様子さッ。





土曜日はね。


私のいちばんの
パワースポット

「白ひげ」さんへ。

ネットラジオでも話した
「何でも発表会」ってイベントで

またまた歌い



そして日曜日は
京都の「ほっこり弟国」さんまで。


いつも可愛がって下さる
諸口あきらさんのライブに


有難い事に
またまた参加させて頂きました。



「ほっこり弟国」さんのある
京都の向日市は

とってものどかな町でした。



「ほっこり弟国」さんは
とってもかわいらしぃお店で


「ほっこり」って言葉がぴったりの

お店もお客様も
出演者様もぽかぽかの

素敵なとこでした♪〃




電車に揺られ
流れてく景色を眺め

人っていっぱいおるなぁ‥と

当たり前の事を
思ったりしながら


色んな人に
もっともっと会いたくなりました。



私の歌は

あと
何人の方に
聴いて頂けるかな。。

歌でしか
言えない事があるんだなぁ。。


私は
楽器弾きぢゃないんだ。

うたうたい。

イキザマを歌にして
この声で

奏で伝える

うたうたい。



自分の言葉や曲
スタイルに
プライド持って
向かってて。


それが
私の生き方。



あと何人の人に

伝えられるかな。

夏の夜空に咲ける花。



朝から
目一杯

必死こぃて作業して。


何とか時間作れたから。


前々から
お誘い頂いてた
花火を見に

ちょぃとお出掛けして来たよ。。



ビール片手に
暮れてゆく空を眺めながら
打ち上げを待ち。


始まった花火を見ながら

ライブの事を
考えてた。



約1時間程の間


色んな花火が上がるのね。



白くでっかく輝いてたり

カラフルに
キラキラしたり


高い所から
降ってくるよに
花開いたり

キャラクターの顔になってたり。


ちっこぃの
でっかぃの

派手で眩しいのも

地味に見えるのも


色んな花火が
集まって


大きなステージになってるんだ。


だから
お客さんは魅了されて

自然と拍手が起こるのね。




バンドのステージだって

そうじゃなきゃ
いけないと
改めて思った。



明るいのも
暗いのも

激しいのも
静かなのも

色々な歌を

MCで結びながら


誰かの心に届くよう

磨り減らして
立ってなきゃ


たったひとりにすら
伝わる訳が無い。



バンドでやるならば

メンバー全員が
それを意識する気持ちを持たなきゃ


良いステージになんて
なりはしない。



頑張らなきゃ。


月陽も
もっともっと

当たり前の意識を強めて


ステージに立たなくちゃ。



来週14日は
ソロのライブ。


その後
9月12日は
バンドのライブ。


ソロは
こつこつ

ひたすらこつこつ
頑張って。


バンドは
9月から
新しい挑戦。


今日までよりも

パワーアップしてくぞぉッ



私なんてね。


ただの偏在者。


だけどね。



込める気持ちだけは
命懸け。



どうしようもない
偏在者。



けどね。

だからね。



似たような経験をした事のある人や


同じような
想いや過去を
背負ってる人達の


痛みの代弁者位には


こんな私でも


ちょっとだけ
なれるかも知れない。


いつも
そう願って


ステージの上では

いっぱい笑って
一生懸命歌ってる。


伝われば
有難いなぁ‥




花火から
話が反れたね‥




今日ね。



久しぶりに

浴衣を着たよぉッ

優しい時間。心穏やかな時間。


いちばんの

とびっきりの親友が

送ってくれはりましたぁ。


くろねこちゃん。


ひっくり返したら
鏡になっとるの。


超かわいぃ。


ありがとぉーッm(__)m





本日。。


大阪の
河内松原駅周辺まで
お出掛けしてきたよぉ。


河内松原駅で降りるのは
生まれて初めて。


改めて考えたら。。


お誕生日前日から
ひとつ歳をとって
今日を迎えるまで。

私。

病院の先生と
仕事関係以外の人に

今日初めて
お会いしたかも。。


楽しかったし
嬉しかったです。



帰り道のお月様は
傘被り。


雨降りの前触れ。







何かがね。

出来上がってく過程を見てるのが
すごく好き。



何か作ってる人の手先や

その時々の
動きや音を
感じてるのが

かなり好き。




あのね。

例えばね。


この材料を使って
この設計図通りに
これを作って下さいって言われて

それを作り上げる
職人さんは
素晴らしくって。


見ててびっくりしちゃう。



これを使って
こんな感じのものを
作って下さいって言われて

それを仕上げる
芸術家さんは

豊かな感性に溢れていて
ものすごく
感動する。




このふたぁつ。
私の中
感動の種類が違うのね。


職人さんと芸術家さんの
違うとこって言うのかな。




私は

人の創作が
たまらん好きで。




例えばね。

美容師さんの指は
魔法の指。



こんな風にしてみたい
って気持ちを

叶えてくれる

魔法の指。




今日は

その魔法の指を

いっぱい眺めてきた日でした。






昨夜。



かつての恋を
思い出しました。



また
数日内に
語るかも。



私。

何年
恋を
休んでるのかな。




きっと。

恋はした方がいいね。


優しい歌を
歌う為にも。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: