❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

インナーチャイルドと共存が出来れば。-幼児のままのもう一人の私を受け入れる事-(私なりの答え・4)

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



この世の中に

私はひとりだ。



だけど

この
たった1人の私の中には

いくつもの私が存在してる。




優しい想いに
溢れて在れる私も居れば


止まらない攻撃性に驚く程の
苛立ちに
壊れてしまう私も居る。



自分の出せるオーラを
剥き出しに
人前に立つ事も在れば


必要以上に
萎縮して怯えて

人と目を合わす事すら恐ろしくて
俯いて歩く私も居る。




創作陶芸作家として
活動する私も居れば


月下陽香として存在する私も居り


白衣を着れば
それらを隠して
そこに身を置き 


何の肩書も背負わない
ただの40女の私も居る。





そして。


私の中には
もうひとりの私が居る。


いつまでも
大人になれぬままに


私の中では

ちびっこのままの私が
共存をして居る。




この子は幼いままの私。


大人になれなかった私で在り
大人になりたくなかった私でも在る。



この
ちびっこの私は
飢えているのだと思う。




何が普通かと問われたならば
正直よくわからない。


わかっているのは

私の幼少期は
恐らくは
普通と言われる枠には
入らない環境に在った事と


幼少期に
与えて貰えるはずの
与えて貰うべきの
経験を体験を


出来ぬままに

同じ年頃の子供たちよりも
急いで大人にならざるを得ず


私の中には


満たされぬままの幼児が
置いてきぼりとなり

住み付いてしまったのだろうと言う事。





「インナーチャイルド」
「アダルトチルドレン」

などとも呼ばれる
症状なのだと理解して居る。






「摂食障害者」「自傷癖者」で在った私の
発症から約30年間の過程を
2013年7月7日から
2年間を掛けて書き続けた記事と
その後書き始めた
原因や理由 克服について思う記事は
各「かてごり。」に安置されています。

お役に立てるかはわかりませんが
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

【「癒え待ちよすがの「かてごり。」ページへ】 ←クリック






過程を書き終えてから
自分なりの答えを少しづつ書き始めて居る。

【「本当に自傷を自覚させたのは。」(私なりの答え・1)(2015.7.11)】

【「心に垂れ流す痛みの形。」(私なりの答え・2)(2015.7.11)】

【「結局はずっと壊れたままで。」(私なりの答え・3)(2015.7.16)】





私なりの答え。

あくまで全ては「私なり」。


だけど
30年間をかけて知り在れる事だから
書いてゆこうと思う。






私が学生で在った時代の出来事は
以下カテゴリにの中の記事に記してきた。

【「1・自傷と共に生きてきた過程。」(小学生の私)】
※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程。」(中学生の私)】
※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程。」(高校生の私)】
※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程。」(大学生の私)】
※17の記事があります。



ここには
小学生の頃からの出来事が書かれており


幼少期の事だけを
あえて書き出したカテゴリは無いが


学生時代を綴った記事だけでなく
あちこちに

自分が育ってきた環境については
記しても来た。






母は

私を
それはそれは
きつく束縛した。

強い抑圧を与えた。



自分の想い通りの私でなければ
全ては否定だった。



欲深い女の顔と
満ちぬ幼女の顔を持ちあわせ

己の欲望を
何よりも優先した人だった。



母に優しくして貰いたければ
顔色を伺いながら
全てに従う必要が在った。


それでも
機嫌が悪ければ
標的になれてしまう。



私は
幼い頃から
口答えなんてした事が無かった。



自分の意見は
言ってはいけない物だった。


どんなに不満でも
嫌で嫌でたまらなくても
自分の意見は言えなかった。


全ては我慢だった。

ひたすらに我慢だった。


いつもいつも
苛立ちと悲しみを飲み込んで
我慢しなくては在れなかった。




父は
そんな母に意見する事も出来なかった。

父もまた
酷く子供でも在った。


妻の我が儘を
筋を通して
気付かせて導ける器は
持ち合わせて居なかった。


家庭の中で
父の存在はとても薄かった。


家の中の権力は母に在った。



母が
私の上司と不倫の果てに
妹を連れて消えてからは


手の掛かる父の面倒は
私の肩だけに圧し掛かった。




そして。

両親は嘘吐きだった。

いつも矛盾をして居た。


子供たちでは無く
自分たちでも無く

自分の
自分だけの欲の為に


子供に
いつも平気で嘘を吐いた。



子供の吐く小さな嘘には
手を上げて叱るのに


自分は
子供に対し

嘘と矛盾を押し付けた。




私は

子供らしく
駄々をこねるような事も
した事が無かった。


欲しい物を欲しいとも言えず
食べたい物を食べたいとも

言えなかった。

自分の希望や欲望は
いつも我慢と結び付く。




言いたい事を言っても
やりたい事をしても

受け入れて貰える経験が

私には
余りにも乏しかった。



言いたい事や
やりたい事を主張した時に

それが
時に間違いであっても


受け止められ
許される経験が

私には
余りにも乏し過ぎた。




私の中に住み付いた

子供のままの
もうひとりの私は


自由に
喜んだり悲しんだり
したいと思って居る。


欲しいって
食べたいって

嫌だって

言いたいと思って居る。



何を言っても
許される経験を
とてもしたがって居る。


本能のままに
楽しいと感じる方向へ駆け出しても

叱られない経験を

したいと思って居る。





だけど
現実の私は大人だ。


大人と言われる場所に
振り分けられる年齢だ。



私は

人前では
大人の顔を重ね着してる。



でも
心の中では

いつも
ちびっこの私が

走り回ったり
泣きわめいたり
はしゃいで居たり


ジタバタと
感情を剥き出しにして居たりする。






そんな

自分の中に在り続ける
ちびっこの私を


私は

長い年月
否定してきたように思う。



自分の

頭の中や
心の中で

起きて居るこの現象を


理解しながらも
強く否定した。


自分はおかしいと
これはおかしいと

こんな自分ではいけないと
否定してきた。




学生時代を過ぎて

20歳を越えてからは
その否定を更に強めた。


大人でなければならないと

何度も何度も
自分の中のちびっこを
捨てようとした。


でも捨てられなかった。


何度捨てても
帰って来る。


それこそ
殺しても死なない。



狂いそうだった。



あえて
汚い世界に身を置きながら

自分も
そこに十分に染まりながら


摂食障害も
自傷も


誰にも言えずに
苦痛に満ちた時代には



恐ろしい
自責の念に
呪われているようだった。




【「5・自傷と共に生きてきた過程。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。


摂食障害と自傷癖を
カミングアウトして
向き合い始めてからも


私は

いつも

共存するちびっこの私を
否定して居た。


だけれど
それは
自分自身への否定ともなった。






月下陽香の活動を始めた頃…。


現在のギタリストさんと出会えた頃と
重なるような時期だったと思う。



私は


自分の中の
ちびっこの私を
受け入れる感情を持ち始めた。




人前で
幼児のように振る舞う訳では無い。


知り合いの前で

駄々をこねたりするわけでな無く。



それでも
自分の中に
確実に存在する
幼児の

思考を否定する事を止めた。



ちびっこの私の
声を聞くようになった。



その子の喜ぶ事を
自分に与えるようになった。



大きなきっかけが
在った訳では無かったと思う。



ただ

自分を否定し続ける事に
疲れ果てただけだったのかも知れない。




ちびっこの私を
否定しなくなった時
少し楽になった。


自己否定がひとつ
減ったのだから
そりゃそうだろう。



当たり前の事だろうが

私には
新鮮な喜びだった。





私には
ちびっこの私の欲望に
従う事が増えた。


いつも
ぬいぐるみを持ち歩いたりした。

いつも一緒に居たいから
そうした。



月下陽香や
ひとりのうたうたいとして
存在出来る
プライベートの場所では


いつも
いくつもの
ぬいぐるみやオモチャを
連れて出掛けても居た。



それを
誰が
どう感じ
思って居たのかはわからない。


気持ち悪がっていた人達も
居たのかも知れない。



ただ
幸い
仲の良い人達は
否定はしないで居てくれた。





現在のギタリストさんは
そんな私に
小さな
ぬいぐるみや
オモチャを与えてくれた。


その時
ちびっこの私は

初めて


自分以外の実在する人から

欲望を満たされた。


受け入れて貰えたような
感情が在った。



私の中で

ちびっこは
走り回って
はしゃいで大喜びだ。



私の中で

それを感じる大人の私は
優しさに泣いた。



受け入れられて
与えられる喜びを知れた。



これまでに
彼には
沢山のオモチャを頂いた。


小さな子供が
喜ぶようなオモチャがいっぱい。

どれも宝物。



今でも
バッグの中には
小さなぬいぐるみが入って居る。


彼に頂いた
クマのキャラクターのぬいぐるみ。


仕事にも連れてゆく。


決して職場では見せないけれど
バッグのポケットには潜んでいる。




私は

自分でも
強く否定し続けた


正常ではないだろう自分を

許される経験を
覚えたのだと思う。



それは

私が

摂食障害と
自傷を

過去にするに当たり

大きな影響を与えたものだと感じる。





そんな経験を与えてくれた
ギタリストさんと


昨日は少し出掛けた。



これまでに
彼とは何度も行って居る遊園地。



山上に在る小さな遊園地。

冬場は閉園。

春から秋までの開園で
昨日からは夏のナイター営業が始まった。




山上には
ケーブルカー乗ってゆく。


犬と猫の形の
ケーブルカーは
「ブル」と「ミケ」。


私はいつも「ミケ」に乗りたい。




昨日は
行きは「ミケ」に乗れて


それだけで
ちびっこの私は大喜びだ。


昨日は空いて居たから
一番前の席を陣取ってご機嫌。


にやにやしながら喜ぶ私を
彼は馬鹿にしない。



私は
ビールとお菓子の入った
リュックを背負ってる。


持ち込む物は
大人の私の好きな物。


酷いアンバランスだ。





遊園地には
私のお気に入りの
うさぎさんが居る。


ビールを飲みたい
大人の私だけど


ビールは
うさぎさんを見てからだと言うのは
幼児の私。


あー。やはり正常では無い。



でも
彼はそんな私を否定しない。


私は安心しながら楽しんでる。



誰の前でも
そう出来る訳では無い。


でも
私は

自分で在れる環境を
得られたのだと思う。



初めて
許されて受け入れられた事を
感じてる。


これは
とても大きな出来事。


私の人生を変えた喜び。




自分で否定し続けた自分が
否定の対象で無くなった事で


私は
少しだけ
大人になる準備を始める努力を
始めたくなったんだと感じる。



もう
十分に大人な年齢の私は

まだまだ
思考も大人にはなり切れて居なくて

感情のコントルールも苦手で

大人にはなれていないけれど。







ひとつで良い。



本当の姿

自分の
真実の姿を晒しても


受け入れて貰える場所を
受け入れてくれる人を

見付けて欲しいと思う。



見付かる事を
信じて欲しいと思う。


諦めないで欲しいと思う。




親が与えてくれなくても

家族に奪われても

先生が与えてくれなくても

友人に
恋人に
奪われても。


それは
諦めないで欲しいと願う。



今が絶望に在っても
信じて居て欲しいと
とても願う。




★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: