❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

ー【月下陽香イキザマ晒し劇場・千秋楽】につきましてご案内ー

・・・・・・はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・

※こちらの記事は 
2018年2月3日開催のライブまで
ブログのトップに掲載する為に
未来日記として掲載されています。

通常の「癒え待ちよすが-イエマチヨスガ-」は
日々更新を続けて居り
この次のページからご覧いただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





【 月下陽香イキザマ晒し劇場・千秋楽 】

2018年2月3日(土)


出演者:

月下陽香&井上タイキ
えんちゃん・小田哲生
HAT TREAT(ユタカ・ヒロ星・たむ)

<敬称略>


会場

大阪市中央区・なんば駅からすぐ!
【Live Space 「音(オン)」】



オープン 17:00 ・ スタート 18:00


18:00~  えんちゃん(ピアノ・小田哲生)
19:00~  月下陽香&井上タイキ
20:30~  HAT TREAT(ユタカ・ヒロ星・たむ)

22:00   終演



22:00以降 

お時間のおありの方は
会場でご一緒にご飲食いただければ幸いに存じます。
月下陽香は
この日は特別な日なので 遅くまでお店で飲んで遊んでいます。



お席料: おひとり様 ¥1,000-
   (選べる1ドリンク&1フード付き)



続きを読む

スポンサーサイト

あと僅かならば偏在を武器に。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆

※2017年11月10日~2018年2月3日まで
 未来記事としてライブのお知らせの記事をトップに掲載しております。



内臓を

全部吐き出して 

空っぽになってしまったような感覚。


もう
何も残ってないと思うような感覚。



顎と頭が痛くて 
息が苦しくて 
吐きそうな気持ち悪さがあって 
真っ直ぐ立つ事も

もう辛い。



一歩一歩
踏みしめて必死で帰宅すれば 

もう
座って居る事も辛くてたまらない。。




今日は月下陽香の練習だった。



やはり歌が好きだ。


ずっと歌って居たいと思う。


でも
やはり歌は辛い。


倒れそうだといつも思う。



こんな苦痛を伴うのに 

どうして
あっさりと捨てる事が出来ないのだろうか。




こうして文字を打ちながら 


今夜どう眠ろうか 
明日の仕事をどう越えようか 


途方に暮れる痛みと苦しさに
泣きそうになる。





私は
元々声量勝負のうたうたいだった。



リズム感や音感は良い方では無くて 
自分の武器は声量だった。





大阪で歌に復帰する前に 
一度 
私は歌声を失っている。


血を吐くような訓練をして 
歌声を取り戻した時に 


何よりも意識したのは 
やはり声量だった。


それが私の武器だと信じて居たから。



高音は出ないけれど 
低く太い大きな声が私の武器だった。



だから叫んだ。

とにかく叫んだ。



叫んでも叫んでも 
悲しみは消えなくて。


それでも叫んだ。



限られた年月を
燃え尽きなければと 
生き急いで叫んだ。




バンドを終えて 

月下陽香としての活動に切り替えた頃も 
まだ声量は十分に保てて居た。



叫ぶ私に 
諸口あきらさんが教えて下さった。


「メグ、歌は叫ぶんじゃない、歌うんじゃない、語るんだよ。」


【「残された時間の中で。」(2017.9.19)】



始めはわからなかった。


が 

持病の悪化と共に 
声が出せなくなってきて 

気付き始めた。



叫ぶでも
歌うでもないという

言葉の意味。





けれど 


どんなに歌い方を変えていっても 
発声は難しくなっていった。



オリジナル楽曲で
ライブ活動を続けて来た月下陽香は 


私の作詞作曲した楽曲だけで
ステージを展開している。





作曲をするに当たり 


私には
付き纏うトラウマがあった。



まだ
20代の頃やっていたバンド活動の中で 
植え付けられたコンプレックス。



高音の苦手な私は 

その分低音で勝負をしてみたかったけれど 


当時のメンバーさんの一部は 


高音が出せるボーカルが素晴らしい
という考えをする人が居た。



高音が出せないと駄目だ 
みたいな言葉を聞くたびに 


私は
理解されない想いを密かに抱えていた。



だから 


大阪で活動を始めて 
作曲をする際に 


私は

どうしても 
そこに引っ張られた。


作曲当時の自分に
ぎりぎり出せる高さまで 
高音を使った。





持病の悪化と共に 


時に
呼吸にも苦労するようになり 


私は 


命懸けで生み出した
自分の楽曲すら 

次々と歌えなくなっていった。



歌いたいと思う楽曲ほど 
歌えなくなってゆく。


引き裂かれる想いだった。




年々
歌える楽曲は減っていった。


歌える楽曲を掻き集めて
セットリストを考えるようになった。



ライブも
年に1回や2回でやっとの
この数年でも在った。





今回

月下陽香は 
ラストイベントを決めて動き出している。


そこで決めて居る事が在る。




この数年 

頑張っても頑張っても歌えなかったけれど 


どうしても
歌っておきたいと思う楽曲を 


歌う。




ラストなら
ワンマンでも良かったんだけど 


もう
独りで背負うのは辛くて 


心から信じて居る
大好きな2組の方にご一緒頂く事にして。



そうしたら 
出演時間は限られてしまうから 


やりたい楽曲の全てを歌う事は
絶対に無理で。



どの楽曲を選ぶか
頭を抱えるところだが。。



この何年も 

どんなに叫んでも歌えなくなった楽曲を 


歌う。


歌う。


決めて居る。





その為の
練習と訓練と
通院と
とりあえずの治療と。


重ねて重ねて挑んでる。





もう最後なら 
楽しても良いのに 


私は馬鹿でかない。




こんなにも苦しいのに 


なぜそんな事するんだろう・・・





2月3日が過ぎたら 

音楽を
本当に全て失うかも知れないのに 


こんなにも苦しむ価値があるのだろうか。








これは
近年も歌って居る楽曲だが 


「我も奏で者」と言う歌が在る。



今年の2月には 
ライブの最後に 

大好きな大好きな兄貴たち 
HATTREATのおふたりにも加わって頂いて
歌わせて頂いた。





この歌の歌詞には 

悔しさがこもっている。




私から 

盗んで壊して 

私を傷付けた者達への悔しさや 

恵まれた者達への悔しさがこもっている。






私が書く歌詞は 


上から見た景色では無くて 



いつも

下から 
底から 


偏在な感覚で見ている景色。


空想や想像では歌詞は書かない。


実体験しか

私は

歌にしない。



ラストイベントにも 
これは歌う。




『 我も奏で者 』

     詞・曲 / 月下陽香


叫んでも叫んでも叫んでも 叫び足りない
叫んでも叫んでも 声を嗄らし叫んでも


降り続く雨の中
頭から泥をかぶり
汚れたまま歩いてく
上手く器用に身を寄せて
汚れず生きれる者を見て
寒さに慣れたフリをする


イキザマ晒し吐き出す言の葉
キレイでなくてはいけないか


叫んでも叫んでも叫んでも 伝わりはしない
毒のある華にでも 惹かれる夜もあるだろうに


泣き止まぬ空の下
しのぐ傘すら持てぬ指
抱かれる夢を捩じ伏せる
正しく優しく守られて
抱き締められる者を見て
独りが好きなフリをした


イキザマ晒し産み出す言の葉
明るく無くてはいけないか


叫んでも叫んでも叫んでも 伝わりはしない
棘のある華全てが 君を刺す訳ではないのに


叫んでも叫んでも叫んでも 伝わりはしない

毒のある華にでも 惹かれる夜もあるだろうに
棘のある華全てが 君を刺す訳ではないのに


毒のある華ばかりが 棘のある華全てが
君を刺し 傷付ける訳では決してないだろう










☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜

【 月下陽香イキザマ晒し劇場・千秋楽 】

2018年2月3日(土)

出演者:
月下陽香&井上タイキ / えんちゃん / HAT TREAT

会場
大阪市中央区★【Live Space 「音(オン)」】

17:00 開場 ・ 18:00 開演

18:00~  えんちゃん
19:00~  月下陽香&井上タイキ
20:30~  HAT TREAT
22:00   終演

お席料: おひとり様 ¥1,000-
           (選べる1ドリンク&1フード付き)

☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜



「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



今毒を吐かなければ。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆

※2017年11月10日~2018年2月3日まで
 未来記事としてライブのお知らせの記事をトップに掲載しております。



術後ケアと治療に 
通院が増える。




ラストイベントを決める前は 


今回の手術は
もう少し先にする予定だった。




父の
抗がん剤治療が落ち着いてから 

大阪を離れる予定の春までにと考えて居た。




が。



ラストイベントを決めて 
予定変更。



ステージまでに終わらせなければ 
歌声を出す事に 

今以上に苦労する事になるから 

今しておく事にした。




治療は早められても 


それまでに決まって居る仕事も 
父の世話も 
後回しに変更が出来ないから 


スケジュールノートは次々と埋まってゆく。




それでも
今は
それがありがたい。



空白に居ると精神が砕けてしまうから 
それ位で丁度良い。






そして。


忙しさの合間は

言の葉を紡いで
文字を文章にしてゆく。


ここに記事を書き遺す為に。




吹き出す想いは 

時に
叩き付けるように打ち込まれてゆくから 


読み返せば 

あちこちが
おかしな文章にもなっていたりしながら。


それでも書く。




少しずつでも消化しながら 
2月3日を迎える為に。





現在
私は
ふたつのブログを掲載している。




ここと。


極々一般人を装って 
陶芸作家として
ゆるーく存在する場所と。





月下陽香を応援下さる方々の中の
何人かの方々は 
そこもここもお読み下さって居る。




ここと
そこは 
同一人物だけれど 
違う人。




時に
同じような事を書いていても 



ここでは
本音の陰を晒すが 

そこでは
装いの陽で着飾る。





それでも 
どちらも私で。




だけどね。




心の叫びは
ここでしか書けないんだよね。



本当の叫びはここでしか書けない。






だから書く。


今は書く。



今年の2月11日に 



最後かも知れないと
掲げて立ったステージの後 



次第に言葉にも出来なくなって 
数ヶ月放置もしたここだけれど 

書く。



だから書く。



その日まで書く。






とてもとても
痛い痛いところに 


誰も手を当ててくれない


いつもいつも
心で叫んだ居た事には 


誰も気付いてもくれない。




わかったような事を言う人達は
うじゃうじゃいるけどね 

そんなの嘘つきだよ。



適当に
自分を良く見せる為の 
知ったかぶりでしかない。






こうして記事を更新しながら 


日々
一番に悩み痛むのは 



その日を越えた時に 


私は
どう生きて在れるだろうかという事。





その時に 


今更の
大量の毒を吐かないように 




今 

吐き出しながら 
模索している。







☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜

【 月下陽香イキザマ晒し劇場・千秋楽 】

2018年2月3日(土)

出演者:
月下陽香&井上タイキ / えんちゃん / HAT TREAT

会場
大阪市中央区★【Live Space 「音(オン)」】

17:00 開場 ・ 18:00 開演

18:00~  えんちゃん
19:00~  月下陽香&井上タイキ
20:30~  HAT TREAT
22:00   終演

お席料: おひとり様 ¥1,000-
           (選べる1ドリンク&1フード付き)

☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜



「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


もう最後だからお願い。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆


先週末に
また顎を切りました。


何回手術してきたか 
もう正確な回数がわかりません。

ずっとずっと 
叶わなかった事が在りました。

今回は
日帰りで帰宅できるほどのものではありますが 
痛みが続いて
口が少ししか開けられません。


何回も何回も

こんな想いを繰り返しながら 
歌い続けて来ました。




15年前 
大阪に逃げて来て。


この持病も
絡んだ様々な肉体的事情で 

私は歌声を失いました。



カラオケの1曲も発声できない身体になりました。



もう歌えないと
言い聞かせる年月の苦し過ぎた事・・・。



死んでるみたいでした。


だから最後に。
最後の挑戦に。

挑んだのです。




血を吐くとか 

過酷な出来事の表現には
使いやすい言葉ですが 


本当に
血を吐く訓練をしました。


そうして復帰した
大阪での音楽活動でした。





それでも


それが
長くは続かない事はわかって居ました。




この身体は
間もなく
再び歌声を失うだろう事も。


その環境も捨てざるを得ない事も。





だから走って走って。

どんな無理をしても 
どんな犠牲を払っても 

走って闘ってきました。





そんな私を

沢山の人達は

馬鹿にしました。



私の訴えを信じずに 
自分の意見を押し付けようとしました。



責任をとれない者ほど 
私を従わせようとしました。




優しい人だと信じた人たちは 

私の楽曲を 
歌詞を 
表現を 

見事に
盗んだり壊したりしました。



それはそれは 
驚く程に 

盗んで

自分の表現のように振る舞いました。


人として
絶対にしてはいけない事を 

私に対して平気でしました。




私が
我慢して黙って居る間

やりたい放題でした。



限界を超え過ぎて 
私が苦痛を訴えると 


それでも
自分を正当化して 


人前でも私を罵倒した者か 


あっさりと
連絡を絶つ者がほとんどでした。






だから
ひとりで活動しようと思いましたが 
私には限界が在りました。




サポートを探しながら 
焦り急ぎました。


じっくりゆっくり選ぶ余裕もなかったのです。



でも

そうすると・・・

だからでしょうね・・


今なら 
だからだと思う。


良い人達とは繋がれませんでした。




ライブはしたい 
自己主張はしたいけど 
しんどい事はしたくないから 

都合よく
「サポート」だと言い切る人が続いて 

すぐに終わる繰り返し。




実際に
ライブまで辿り着けても 


そこに至るまでには 



ひとりで背負う 
時間と労力とお金が 
ものすごく沢山ありました。


ボロボロに果たしていなければ
ステージには上がれませんでした。





誰かと音楽をしようとすれば 

私には 


「平等」と言う立ち位置は 
どこにも無かった
大阪での音楽生活でした。





最後のこの数年は 
現在の相棒さんとだけの活動でした。

彼はとても与えて下さる人でした。


私の楽曲を丁寧に奏でて下さる人でした。


彼とは
音楽以外でも遊びに行ったり 
楽しい時間を過ごしました。



彼には感謝もいっぱいです。
大切な相棒さんです。

彼が居てくれなかったら 
今日の月下陽香は居ません。


月下陽香の相棒さんは 
最終的に彼だけです。



でも


ネット環境を選ばない彼に
私の思考を伝える為には

プリンターを買い
インクを買い足しながら

このブログの記事も

仲間達の
記事もつぶやきも


プリントアウトして
渡し続けた数年でした。



でないと読んではもらえないからね。



ライブ動画も
YouTube見てねって言う訳にはいかなくて


DVDにして渡す為に
貴重な休みは何日もその作業に消えました。


練習の録音を聴いて欲しくても
レコーダーを
買って渡す所から始めないといけませんでした。



その都度必要な
時間も経費も

私が背負うのが当たり前でしかない。


やりたい形に近付けたいと願えば
ステージ衣装も
私が用意しなくては
叶わなくなってしまう。



私には
自分が背負うやり方しかわからなくて。

負担を上手く分け合えないままに

最後を迎える事になってしまいました。




彼は
最後まで支えて下さったのに


私は
彼とも
決して平等ではありませんでした。

そうはなれませんでした。


平等を求める事が間違いだとも
改めて感じ知り
言い聞かせました。



最後を迎えるに当たり 
やはり 
活動には 
ひとりで背負うしか無い事があると
痛感もしました。






いつも

誰と活動していても

ひとりで背負って居なければ 
立ちたい板の上には立てなかった事が 
私には辛かったです。



最後の数ヶ月なので
言ってしまえば 

それが私には本当に辛かったです。




ずっとずっと 
叶わなかった事が在りました。




バンドメンバーでも 
ユニットメンバーでも 
サポートメンバーでも 


集客や
宣伝や
SNS関係や
費用や労力を 

助け合って活動出来る人達は

いつも羨ましかったです。



お客さまの前で 
冗談でも
けなし合うのではなくて 

ちゃんと感謝を言い合える人たちが 


羨ましくて 
憧れました。




そんな音楽活動を
一度でいいから
してみたかったです。


出来ない事を頼れる活動が
してみたかったです。



どんなに望んでも 
それを私には
誰も与えてくれなかったのは 
なぜなんでしょうね。


誰と活動してみても

私にはそんなパートナーを
神様は見付けてくれませんでした。


周りには
そんな人達が沢山居たけど

私には無かったです。





人生を振り返るとね 
思うようになりました。


私はいつも 
何に恵まれはしないのか。

最近見えるような気がしてきました。






11月も中旬。

ラストイベントまで2ヶ月半となりました。





最後だと思うと 
想いは半端なく募ります。




最後なのは私だけ。


孤独でしかないのが本音と真実です。


疲れ果てた気もしてしまいます。



でも 
その方が未練少なく旅立てるのかなとも考えます。






月下陽香は 
Facebookをしていません。

一度少ししましたがやめました。



社会で働くに当たり 

摂食障害や自傷癖も晒しての活動を選んだ月下陽香が

私で在る事が 

誰にでもわかってしまうのは 
在り得ないからです。



そして 


年々動けなくなってゆくのに 


あと少しで終えなければならないのに 


音楽仲間と常に繋がれるそこは 
私には 

死への手招き位に 
厳し過ぎたからです。




それでも羨ましかったです。


自分は苦手でも 


メンバーが
SNSで頑張ってくれてるとか 

持ちつ持たれつな関係が
成り立つ人達は羨ましかったです。




だけど 


私は
そういう
持ちつ持たれつには
恵まれなかったので 


その分
出来る事をと 



続けて来たのが 


このブログ

「癒え待ちよすが」。




とは言え


限られた人たちしかここを知りません。



だから


ここでどんなに発信しても 


音楽仲間には届かない・・・。






最後だから 
お知らせしたい人たちが沢山居ても 



もう 


今の私には 


それら全てを
ひとりで背負って
頑張る余力が見当たりません。



悲しいけどそれが現状。






だけど
どうしてもね 

出来ればお会いしたい人たちも居ます。



だから
数人の方に 
お便りを送りました。




私が
大阪で活動するに当たり
きっかけを下さった方と 


ひとりで頑張り始めた時から 
ご家族で支えて下さった方とそのご友人 


その当時
そばに居てくれた方 

私を歌うイベントに繋げて下さった方。





あとは・・

その他の方々には
月下陽香として送る最後のお年賀で
ライブのご案内とご挨拶をする位でしょうか・・。




私が

声を 

本音を上げられるのは 
ここだけです。





それでも
こでれも 


私 


駆け抜けました。



命削って駆け抜けました。



我慢を重ねて
耐えて耐えて 

傷だらけで走ってきました。






最後は犠牲にはなりたくない。


最後はやりたいようにやり遂げたい。



最後だから 



やっと初めて 
主役になってみたい。




必要以上に
神経遣って
人に譲って我慢するのではなくて


やり遂げたいです。




でないと 


その後の人生に 
立ち止まって狂うから。

死にたくなってしまうから。






やり遂げるって大切だと思うの。


自分の心に納得をさせるのは 

それだと思うの。


だからもう邪魔は要らない。






人の仕出かした後始末に
追われるの事ももうしない。

もう知らない。


我が道を生きたいと思いながら 

私は直ぐに 
必要以上の我慢をして 
ボロボロになるタイプでしかなくて。




だから言い聞かす。



最後なんだから。



最後なんだから。



ただでさえ 
縮小された小さな範囲でしか 
許されないのだから 


自由にやり散らかしていいはずだよと。







☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜

【 月下陽香イキザマ晒し劇場・千秋楽 】

2018年2月3日(土)

出演者:
月下陽香&井上タイキ / えんちゃん / HAT TREAT

会場
大阪市中央区★【Live Space 「音(オン)」】

17:00 開場 ・ 18:00 開演

18:00~  えんちゃん
19:00~  月下陽香&井上タイキ
20:30~  HAT TREAT
22:00   終演

お席料: おひとり様 ¥1,000-
           (選べる1ドリンク&1フード付き)

☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜



「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



キズグチはいつまでも叫ぶと知って居るだろうか。

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆

※2017年11月10日~2018年2月3日まで
 未来記事としてライブのお知らせの記事をトップに掲載しております。


20171106085826名前ナシ


このブログ
「癒え待ちよすが-イエマチヨスガ-」には 

沢山の毒を垂れ流してきた。



沢山の痛みを敷き詰めて来た。


悲しみを放ち続けて来た。


深い深いキズグチに 
種を埋め込み続けて来た。




このページの説明にも在るが

【「このブログ「癒え待ちよすが」について。」】




2013年からは

ステージの上でも 

摂食障害者で在り 
自傷癖者で在る事を 
晒して活動してきた。



そして


その間
2013年7月7日~2015年7月7日に掛けて 


このブログ「癒え待ちよすが」に 


摂食障害や
自傷の
始まりであった


小学校低学年生の頃から 


やっと
克服し始めた頃までの足跡を 


記憶を掘り起して辿りながら 
記事として書き遺して来た。




ここには


私の心の声が
大量に文字として詰め込まれている。



時々
自分でも読み返す。



その時々の感情も環境も 


掲載日をさかのぼる程に 
言の葉の拙さが在り過ぎる事も

感じながら読み返して確認をする。





今日は

自分のオペで 
1日のほとんどを病院で過ごしながら 
思い出して居た事があった。



また切らなくてはならない身体の痛みよりも 
それによるダメージと
闘わなければならない精神が

きつく思えて 
思い出して居た。





抱えて抱えて 

砕けそうなストレスとも合わせると 
とても思い出した。





当時のこの記事には 
色んな事が書かれているから 


今日
ここから飛んで一緒にご確認下さる方々には 
わかりにくくて申し訳ないのだけれど・・・



中頃から後半に主に書いて居る事。

【「キズグチは悲鳴を上げる。」(2013.12.6)】





植物はね 

折られたら叫ぶんだって事。



我が身を傷付けた相手を 


ちゃんと認識して覚えてるんだよって事。





私も覚えてる。


私は覚えてる。



月下陽香から


盗んだ者 
奪った者 
壊した者 


全部覚えてる。




ラストイベントまでに 


その痛みも

整理してゆけたらと


思っている。








今日もくたくただ…。


とてもそう思う。


でも。


それでも
今はまだ走れると思っている。




精神は

ストレスで

想像以上にボロボロだ。



最後まで辛い想いが付き纏う事に 
完全に落っこちている。


それでも走っている。




孤独。


結局そうだったんだよ。


そう。


誰にもわからない。



私の

痛みも寂しさも 
誰にも伝わらなかった。


そう確信した。


だから


孤独を言い聞かせて 
自力で走る。




来年の2月3日のラストイベントまでは 
どんな手を使ってでも 
走れるはずだと言い聞かせる。





ラストイベントでお世話になるお店は 
大阪難波の
ライブスペース「音」さま。



今年の2月のライブでも 
来年の2月のライブでも

共演下さる
HATTREATさんのユタカさんのご紹介で
繋げて頂いたお店。



ものすごく素敵なお店で大好きになりました。



月下陽香の音楽活動を 
沢山のお店さまが
助けて下さりお世話下さいましたが 

最後はここだと思って決めました。



遠方からのお客様にも
ご来店頂きやすい場所である事も大きかったのですが 


これまでに
ご来店下さったお客様皆さまが 
このお店の 
お食事もお飲み物も絶賛して下さり 
居心地の良さを感じて下さった事が
何よりも大きいです。



そして。

演者にとっても素晴らしいお店です。


控室等きちんと与えて下さいますし 
音響も抜群です。
すばらしいです。


おまけに
マスターが長身で超美形です。




本日は
「音」さまの3周年の記念の日でした。
おめでとうございます!!




いつも
周年のお花を
色々考えて選んでお送りする事が楽しみだったの。



何年か前みたいに 
遊びにも行けなくなって 

それでも 
記念日に参加させて頂けているようでね 


楽しみだったの。




2年間は
ブリザードフラワーを選んでたんだけど 
今年は生花にしました。

居なくなるのに 
残る物を選ぶのは申し訳ないから 
生きたお花にしました。



お忙しい中で
すぐにメールを下った
マスターのお気遣いに感謝です。





来年の2月。

月下陽香は

その板の上を目指して

生き繋いで居ます。






☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜

【 月下陽香イキザマ晒し劇場・千秋楽 】

2018年2月3日(土)

出演者:
月下陽香&井上タイキ / えんちゃん / HAT TREAT

会場
大阪市中央区★【Live Space 「音(オン)」】

17:00 開場 ・ 18:00 開演

18:00~  えんちゃん
19:00~  月下陽香&井上タイキ
20:30~  HAT TREAT
22:00   終演

お席料: おひとり様 ¥1,000-
           (選べる1ドリンク&1フード付き)

☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜


「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



犠牲者は誰?

      ◆◇ご訪問ありがとうございます。『 癒え待ちよすが 』へようこそ。◇◆



早朝には
もうそこそこしっかりと雨が降って居た。



もう何年も上手く眠れなくて 

眠剤に頼ってパニックになったり 
眠剤もアテにならずに苦しんだり 
繰り返して来て。



今は
主治医を変えて 
眠剤を止めて居て。



少しでも
自力で眠る訓練の毎日だけど 
毎日見事に失敗続きで。




この数年は
月下陽香に悩み過ぎて 
毎夜砕けそうで。



やっとラストイベントを決めたら決めたで 

毎夜

のた打ち回る想いをしてる。





日付が変わる頃にベッドに入れば 
とりあえずは眠りに落ちるけど 
大抵は3時頃からほとんど眠れない。



来年2月以降の自分を
想像する程に 

悲しくて苦しくて 
怖くて怖くて 

眠れない。







今日は父の目の手術だった。


家族が行かないと受けられないとかで 
始発で向かった。

父の手術に間に合うように向かうには
始発に乗るしかなかった。


父の暮らす街への電車が台風による事故で 
臨時的な運行しかしていないから 
非常に時間が掛かる。







始発は久し振りだった。




まだ 
無理をすればあちこち出掛けられた頃は 


朝まで飲んで帰って来る事もあった。


ライブの後 
アメ村で朝まで遊んで 
始発を待ってた事もあった。





もっと遠い昔 
20代の頃は 

本当にお金に困って困って 

昼も働いた上に 
深夜は2時頃までラウンジで働いて 
その後は
場末のスナックで朝まで働いて 


タクシー代節約して 

始発で帰宅する生活をしていた時代も在った。








久し振りに乗る始発は 
父の心配よりも記憶が巡っていた。







私が
大阪に越して来る前に暮らして居た土地に 
父は独りで暮らしてる。



父が胃の全摘をした昨年の夏から 

それまで何年も行く事も無かったその土地に 
行くようになった。




大阪の隣。
和歌山県。

私にとってそこは
暮らし辛い場所だった。
だから
そこを離れる事が決まった時は幸せだった。




私は

そこを離れてもう15年。



私は
その土地について 
良い思い出が少ない。



傷んだ痛んだ記憶の方が在り過ぎる
場所と時代。


だから離れたかった。





でも

時々ふと懐かしくも思えるようになったのは近年。




とは言え 


もう 
私が暮らして居た頃の面影は余りにも残り少ない。






新しい道や橋が出来ていたりね 

在った物がなくなって 
新しいものが増えて居て。




一番すごいなって思ったのは駅だった。


私が通って居た頃は 
噂でしかなかった 
和歌山大学前駅。
出来てるんだよね。




当時は
みんな苦労して通ってたのにね。



私は
高校から自分で学費を稼いできたから 
大学は学費の安い夜間のコースを選択してて。


夜間コースは全然華やかさが無くて。

つまんない塾みたいだったけど。



私には
やっとの青春だったから。


懐かしい。


とか言っても 



その学校は 

なんだか周りがとても栄えて 
華やかに見えた。
遠目ではね。








父が手術を受ける病院も
場所が変わっていて
私には謎・・。


駅まで辿り着いたら 
友人が忙しいのに病院まで送って下さった。

ありがたい。。




急遽キャンセルが出たとかで
早まった手術にもおかげで間に合った。







父は怖がっていた。

そりゃそうだ。


どんな手術でも 
受ける本人がどん底に怖くて辛い。



でも笑ってバイバイで見送った。
あの日より私は怖くなかったから。


【「2017年8月の記事」】




昨年の胃袋の全摘とは違って
時間も1~2時間。

入院も無い。



だから安心して構えてたけど 



術後
車椅子押されて戻って来た父は
相当ボロボロに疲れてた。




可哀想に。


めちゃくちゃ痛かったって。




抗がん剤で
詰まってしまった管を通す手術だったんだけど 


片方の目は出来たけど 


片方は 
真っ赤になってボロボロに傷付いて 
震えて気を失いそうな位我慢しても 
出来なかったんだって。




そういうのってどうなの?


オペ室の中は家族は見えないじゃん? 


ほんとに大丈夫な訳?




医師は一生懸命だと思うよ。
もちろん。


けど。


そこまでの痛みに耐えさせても 

押さえ付けてして良い手術?





医療は進化してる。
本当に。



医療機器の進化も凄まじいよ。



でもね。

でもね。



父が決めて受けたものだし 
そこには覚悟も在ったやろうから 


私はそこにおるだけやけど。




あんなに傷付けて 


「出来ませんでした」で 


医師はよろしいんかね?





人の身体はね 
治癒力があるよ。

ちょっとやそっとの傷は治るんよ。







私が
散々傷付けてきたこの身体。



今 
自傷恨はほとんどわからんよ。


そう 

癒える訳よ。



でも。


違うと思うんよ。



70になろうとする 

胃の全摘して 
抗がん剤にボロボロな患者に 

今それが要るの?








極力面白く笑いながら
話しながら
帰って来た。


タクシーの運転手さんも感じ良くて 
声掛けてくれはったけど 


言葉が
懐かしい中での新鮮だった。



この土地の方言やね。


「○○しちゃある」とかね。



なんか
荒っぽいけど 
味があって優しいねんね。





帰りに
昨年からずっと父の投薬をして下さって居る
薬剤師さんの居る薬局に寄った。




今 
調剤薬局で働いてるのね。


だから
一緒に行って見て来た。



担当の方は
感じの良い女性やったよ。

同年代かちょっと上か。。



術後の痛み止めの服用に関しての話をした時に 
薬剤師さんが言いはりました。


「胃が荒れるから、食後に飲んで下さいね。」


優しいええ顔で言いはった。




ニコニコして

「お世話になってます」って言いながら 


聞いてる私の

頭ン中は


ツッコミだらけや。




「だからな~ 胃袋ないねんで」



「ねえさんねえさん!!
 胃袋ないって忘れてまへんか~?」




声を大にして
頭の中でのボリュームアップでオンパレード。





わからんでもないけど
詰めが甘すぎて
好きじゃなくなった。



遊びや無いねんからね(笑)

ほんまにもうー・・







それでも
今日の父は穏やかやった。


くたくたに疲れ果ててはったけど
穏やかにしてはった。





私はここに 
父よりも
母の異常さを多く書き放ってきたと思う。



我が家には
母親の毒があまりにもきつすぎて 


父の異常を
スルーし過ぎて来たのかも知れないと思うようになった。






父は
何人かの人格が共存する人だった。


そう思う。


理解出来ない事で異常なキレ方をする。


命の危険も考えられるようなキレ方をする。



とは言え 

誰かを本気で殴った経験も恐らくは無いんだ。




でも豹変するの。


突然に恐ろしい牙を向く。


それまでの
全ての不足を吐き出して
追い詰めるみたいに。




かと思えば 

いじめられっ子みたいに 

一瞬で萎縮したりするの。


何かひとつ
出前をする為の電話1本掛けるのを嫌がって 
ためらって 
やってくれとせがむくらいに。




酒に酔えば酔ったで

散々やしね・・・




私は
それを全部背負ってきたけれど 


こっちが殺されると心底感じて 
関係を絶って。





数年が過ぎて 

父の胃の全摘を知って。



この1年半父と再び交流してきて。




少し前までは 
やっぱり 


キレる父が時には現れたけど。


最近はあまり見かけない。




我慢してるのではなくて 
自然にそうなれて来たのならば良いと想い願う。







父に

笑って言ってやった。



来年の2月3日は 

父さんが死んでも来ないよって。



だから
お利口に生きときやって。



陽ちゃんラストイベントやから 
知らんでーって。
言っといた。






もうすぐ。



その日が来ちゃうんだね。


痛いね。






☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜

【 月下陽香イキザマ晒し劇場・千秋楽 】

2018年2月3日(土)

出演者:
月下陽香&井上タイキ / えんちゃん / HAT TREAT

会場
大阪市中央区★【Live Space 「音(オン)」】

17:00 開場 ・ 18:00 開演

18:00~  えんちゃん
19:00~  月下陽香&井上タイキ
20:30~  HAT TREAT
22:00   終演

お席料: おひとり様 ¥1,000-
           (選べる1ドリンク&1フード付き)

☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜ ☆.。.:*・゜



「摂食障害者」・「自傷癖者」として生きた
約30年間の 出来事や想いが書かれた記事たちは
「カテゴリ。」に振り分けて安置されています。
必要な方はいつでもお立ち寄り下さい。

全「カテゴリ。」の説明とリンクをまとめて居ます。
【このブログ「癒え待ちよすが」について。】


こちらも少しづつ書いて居ます。
【「10・自傷と共に生きてきた30年を越えて。」(書き終えた私なりの答え)】






★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

「にほんブログ村」に参加しています。
下のお花のバナーにクリック応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ

にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡